I JUST LOVE
WHAT WE DO.
WE CREATE
GREAT THINGS.

I JUST LOVE WHAT WE DO.
WE CREATE GREAT THINGS.

I JUST LOVE
WHAT WE DO.
WE CREATE
GREAT THINGS.

自社サービスだからこそ、喜びがダイレクトに伝わってくる

ITグループ マネージャー 安宅 春樹
現在の仕事内容を教えてください WHAT DO YOU DO AT BIZMATES?

ITグループのマネージャーとして、現在可動中のシステムの運営やサポート業務を行うと共に、システムの構築作業を担当しております。現在、当社のシステムは、日本とベトナムで開発を行っています。いずれにおいても、私が主に担当するのは、開発会社への仕様提示などの依頼や、開発を終えたシステムの受け入れテストなどです。その他、既存システムでバグが発生して、カスタマーサポートや営業チームから調査依頼が来た時には、その一次調査も担っています。調査しきれなかった場合は、開発元に再度依頼をして、結果を刈り取るケースもあります。

また、「こんな機能が欲しい」という要望が他部署から上がってきた際、システム構築する側の観点から、実現できるかどうか、より効率的にシステム構築するために別のアプローチはないか等、検討や提案を行うこともあります。仕様が固まったら、その部署からの要望を正確にエンジニア側に伝え、双方が効率的に業務にあたれるよう、ディレクションを行っています。

ビズメイツに入社を決めた理由ついて教えてください。 WHY DID YOU JOIN BIZMATES?

元々、私は、ベトナムにあるシステム会社に所属しておりまして、そこで、ビズメイツの立ち上げから携わっていたんですね。当時は下請けの立場ではありましたが、現在に至るまで、この会社が勢いをもって成長していく過程を垣間見てきました。

マーケティングや品質管理をする上で優れた実績を持っている経営陣をはじめ、ビズメイツは、さまざまな分野のスペシャリストが集まる会社です。そんな会社に関われることに誇りを持ちつつ、ベトナムで働いていたのです。そんなある日、役員から、声をかけてもらいました。「今後、ITグループをもっと強化していきたいので、うちに来てくれませんか?」と。役員の人柄は、以前から知っていましたし、彼らと近い関係にいながら、働けることはとにかく楽しくて。ここならきっと、自分が経験してきたこと以上のものが、吸収できるだろう。そう確信して、ビズメイツに入社しました。

仕事のやりがいを教えてください WHAT DRIVES YOU AT WORK?

当社は、エンドユーザーに近い自社サービスを提供している会社ゆえ、お客様から貴重な意見を直接いただく機会に恵まれています。それらと共に、社内メンバーからの意見や要望などを踏まえて、システムや機能の改善を図った際、喜んでいただけることがダイレクトに伝わってくるので、非常にやりがいを感じます。

当社のスタッフは、皆でひとつのサービスを作り上げていこうという横断的な繋がりで結ばれているので、仕事をしていて、純粋にとても楽しいんですね。この社風は、今後スタッフが増えても、ぜひ保っていきたいところです。あと、個人的に思うのは、営業や商品開発など、畑の違う各部署のスペシャリストのノウハウを吸収しやすい環境だということ。仕事をしながら、日々成長できるのは、実にありがたいことです。

今後やってみたいことや、取り組んでみたいことについて教えてください WHAT DO YOU SEE YOURSELF DOING IN THE FUTURE?

各部署の専門的な業務は、それぞれのスペシャリストにお任せして、そのスペシャリストたちが、「いかに心地良く働ける環境を整えられるか」ということを中心に考えて、実践に移していくのが、私の役目だと思っています。

また、以前はベトナムで、現地スタッフの方たちに充実した場を提供できるよう、マネージメントに注力してきましたが、今後はその経験を活かして、新たに当社に加わるメンバーの方たちにとって、働きやすい場を提供できるように努めていきたいですね。

STAFF INTERVIEW

社員インタビュー
  • 営業部 服部 友希
  • 管理グループ 人事
    村井 美絵
  • 商品開発部
    プロダクトスペシャリスト
    ジャスティン・ボウマン・ホー
  • ITグループ マネージャー
    安宅 春樹
  • ITグループ ディレクター
    増岡 格
ENTRY
Bizmates, INC.
VORT AKIHABARA MAXIM, 1-7-9, KANDASUDACHO,
CHIYODA-KU, TOKYO, 101-0041
ENTRY