I WANT
EVERYONE TO
REACH
THEIR FULL
POTENTIAL.

I WANT EVERYONE TO REACH
THEIR FULL POTENTIAL.

I WANT
EVERYONE TO
REACH
THEIR FULL
POTENTIAL.

皆のポテンシャルを最大限に活かせるチームにしたい

ITグループ ディレクター 増岡 格
現在の仕事内容を教えてください WHAT DO YOU DO AT BIZMATES?

ITグループのディレクターとして、主に3つの業務を中心に従事させていただいております。第一のミッションは、社内でのエンジニアリングチームの確立です。現在、当部署では、新スタッフの採用活動を積極的に行うと共に、チーム内におけるポジショニングやチームの文化など、今後のチームビルディングに関わるさまざまな事柄について、役員と話し合いながら、順次、決定を行っています。

二つ目は、システムの再構築です。会社設立当時の技術で設計された既存のシステムを、最新の技術で置き換えていくという“新システム”の構築作業に着手中です。しかるべき設計と共に、システムを刷新することで、今後の機能追加や、不具合が起きた時の原因究明などについても、よりスムーズな対応が可能になると考えています。自身は、新システム構築におけるマネージメント業務を中心に行っています。

三つ目は、システムのサポートや運用です。これについては、当部署のマネージャーと共に手分けしてあたっています。この他にも、社員のPC環境の整備やセキュリティの向上など、仕事を行う環境を整えるための業務も行っています。

ビズメイツに入社を決めた理由ついて教えてください。 WHY DID YOU JOIN BIZMATES?

人生の最終的なテーマというと、少しおおげさかもしれませんが、個人顧客を相手とする「B to C」であり、かつ「教育」に関わる仕事に携わってみたいという想いがずっとありました。ビズメイツは、その希望にぴったりマッチしており、それが応募の動機ではありましたが、決定打になったのは、次の2つです。

まず一つ目は、会社としてのミッションが、非常にクリアであること。英語に関わる教育ビジネスは、裾野が広い分、昨今、さまざまな会社がありますが、「グローバルなビジネスパーソンを作る」という他にはない視点がユニークで斬新だと思いました。もう一つは、経営陣のお人柄です。自ら歩み寄ってくれる親しみ深さに加えて、確固たるビジネス視点と教育理念の両方を持っていることが、面接で話をしている中で強く伝わってきました。「私が求めていた会社は、ここだ!」と迷わず入社を決めました。

仕事のやりがいを教えてください WHAT DRIVES YOU AT WORK?

前職では、BtoBの業務に従事していたので、個人のお客様からのフィードバックをじかに得られるチャンスはほとんどありませんでした。現在は、アンケート回答などを通して、お客様からいただく生のお声に触れる機会が多々あって、エキサイティングな毎日です。サービス向上のために活かせる貴重な意見や、“raving fans(熱狂的なファンの方)”の存在を目の当たりにすることができて、ありがたいかぎりです。

少し話は飛躍しますが、当社への入社を検討されていらっしゃる方の参考になればと思い、キャリアステップという観点から、「ビズメイツのITグループで働く魅力」についてもお話させていただきます。当社は、ITに特化した企業ではないので、エンジニアだけで100名を超える規模になることはおそらくありません。しばらくは少数精鋭のチームで進めていくことになるでしょう。これを踏まえて、当社のITグループで働く魅力は、大きく2つあると思います。

まず、チームメンバーの一人ひとりが、率先して仕事を行える環境であること。これは、会社全体についてもいえることですが、誰もがそこになくてはならない必要不可欠な存在として、自分のポジションを確立していただけるのではないかと思います。次に、昨今のエンジニアリングで求められる要素が充実した環境ゆえ、データサイエンスや人工知能など、新たなことにチャレンジしながら、自分の力を試せる機会を継続的に得られることです。その中で、教育に関するデータ解析や、教育に関連する人工知能など、ある特化した分野のオーソリティーになれるチャンスにも恵まれると思います。

今後やってみたいことや、取り組んでみたいことについて教えてください WHAT DO YOU SEE YOURSELF DOING IN THE FUTURE?

冒頭でもお話した通り、まずは、エンジニアリングチームを作ることを最優先に考えています。2017年中は、まだ5名程度のチーム規模になると思いますが、開発は開発、運用は運用というように、各自の守備範囲ごとに仕事を区切るのではなく、それぞれが持つポテンシャルを活かしながら、皆が影響し合えるような関係性を持つチームづくりを目指していきたいですね。

少し先のことになると思いますが、もうひとつは、ITグループ全体としての「エンジニアリング能力の底上げ」です。そのひとつとして、必要不可欠なのは、やはり英語力の向上です。私がエンジニアとして働き始めた頃は、海外の技術書が翻訳されるのを待っていても、それほど実務に影響はなかったのですが、今の時代は、待っているだけでは、2~3年のタイムラグが生じてしまい、その技術が国内で使えるようになった頃には、ほとんど価値がなくなっていた…というケースも少なくありません。

今後は、「今よりもっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために」をミッションとした教育サービスを提供する側であると共に、自らBizmatesプログラムを実践して、英語力を高めながら、グローバルに通用する総合力を培っていきたいと思います。

STAFF INTERVIEW

社員インタビュー
  • 営業部 服部 友希
  • マーケティンググループ
    広報・PR
    ガラルペ 亜季
  • 商品開発部
    プロダクトスペシャリスト
    ジャスティン・ボウマン・ホー
  • ITグループ マネージャー
    安宅 春樹
  • ITグループ ディレクター
    増岡 格
ENTRY
Bizmates, INC.
VORT AKIHABARA MAXIM, 1-7-9, KANDASUDACHO,
CHIYODA-KU, TOKYO, 101-0041
ENTRY