「Bad」10の使い方をマスター!【場面を見て覚える 実用英語フレーズ習得】 Bizmates Vocabulary 500

Bad という単語だけでも、こんなに使い方が!
見て、真似て、実際の会話で使って、英会話で使える語彙を増やしましょう!

1. That’s too bad. それは残念です。
2. Not too bad. ぼちぼちです。
3. I have a bad… 〜がひどいんです。
4. I feel bad for… 〜さん、かわいそう。
5. I’m really bad at… 〜は苦手なんです。
6. Bad news, guys. 残念なお知らせです。
7. That’s not a bad idea. 悪くない案ですね。
8. He’s in a bad mood. 機嫌が悪いみたい。
9. Is it that bad? そんなにひどいんですか?
10. It’s gone bad. 腐っちゃった。

▼ この動画の見方 ▼

もしあなたが今、英語圏の国に移り住んだとしたら!?この動画にあるような会話を毎日目にしながら生活することになります。

最初は周りの人が何を言っているのかわからなくても、会話の場面や文脈、話し手の表情や声、ジェスチャーなどから意味を汲みとることで、単語やフレーズの実際の使い方を自然に吸収していきます。

だから最初は完璧に理解できなくてもOKです。とにかく何度も繰り返し観ることが大事です。

① 1日1回、通勤電車の中などで動画を見るうちに、だんだん意味がわかってきます。
② 意味がわかってきたら、発音をそっくりそのまま真似て、1日1回発話練習(シャドーイング)をしていきます。
③ 英会話の機会で「あっ 今だ!」という場面に遭遇したら、実際に覚えたフレーズを使ってみます。
④ 予想通りの反応が相手から返ってきたら、それはあなたがそのフレーズを使いこなせた、という証拠です。おめでとうございます。

Share

身につけた知識をオンライン英会話で実践してみませんか?
一覧に戻る

関連動画

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録