ビズメイツ法人向けサービストップページに戻る

株式会社bitFlyer様

株式会社bitFlyer

Bizmates法人契約プラン導入事例

外国人採用を積極的に行う中、社内コミュニケーションの活性化と、相互理解の促進を目指して、Bizmatesの英語研修を導入。「英語を使った実務が効率化した」など、レッスン効果を実感する声多数。

お電話でのお問い合わせ・ご相談
(平日 10:00-18:00)

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3526-2659 平日 10:00-18:00

03-3526-2659

従来からの課題
外国人スタッフが多く在籍するダイバーシティ企業が目指す、
社内コミュニケーションの活性化と相互理解の促進

―貴社の従来の課題についてお聞かせください。

弊社は、仮想通貨交換業取引所「bitFlyer」を運営する日本企業です。グローバルカンパニーを目指す中、国内だけでなく、海外からも優秀な人材を積極的に採用しており、アメリカ、イギリス、インドなど、外国人社員も多く在籍しています。多くはエンジニアで、現状では英語が話せることを採用条件のひとつとしているため、日本語を全く話せない人もいます。1 on 1ミーティングで伝えたいことがなかなか思うように伝えられない、全社員に向けたお知らせが、外国人スタッフには伝えきれていなかったなど、業務上のさまざまな場面で、日本人スタッフと外国人スタッフとのコミュニケーション上での問題がありました。チームワークで仕事を進めていく中、やはり双方からの歩み寄りは欠かせません。例えば、日本語を全く話せなかった外国人スタッフが、日本語で話しかけてみたり、その逆に英語を話せなかった日本人スタッフが英語でコミュニケーションを取ろうとするだけでも、心理的な距離はグッと近くなると思いますし、多様な人材が活躍する会社にとって、居心地の良い環境を作ることは非常に重要だと思います。相互理解を深め、より円滑なコミュニケーションを行っていくためにも、先立つ課題は、日本人スタッフの英語力を培うことでした。

選考プロセス
Bizmatesの一番の魅力は、
各自の英語レベルと必要性に合わせた多様なプログラム

―Bizmatesを導入した理由について教えていただけますか?

かねてから自主的にBizmatesのレッスンを受講していたスタッフが人事部にいました。レッスンを続けるうちに、どんどん話せるようになっていく彼の姿を見ていたので、効果があることはわかっていました。そのスタッフからの推薦がきっかけとなり、社内への導入を検討し始める中、その他のオンライン英語学習サービスもいくつか検討しましたが、レベルごとに分かれたメインプログラムに加えて、ミーティングや異文化対応など、各自が選べる多様なカリキュラムがそろうBizmatesのプログラムは、英語レベルも、英語が必要な場面もそれぞれに違う当社の日本人スタッフにとって、まさに最適といえるものでした。朝10時から16時までのコアタイムでのフレックスタイム制を導入している弊社では、各自が働く時間を調整しています。それゆえ、社内に講師を招いて行うレッスンのように、場所と時間を限定してしまうと、どうしても物理的に難しい点があるのですが、Bizmatesのレッスンなら、各自のスケジュールに合わせて、いつでも、どこでも受講できます。その利便性はもちろんのこと、社員それぞれのレベルに合わせて学べる実践的な学習プログラム、そして全員がビジネス経験者であるという、トレーナーの質の高さが決め手となり、導入に至りました。

導入プラン
3ヶ月で受講率70%を条件に、毎日25分の法人契約プランを導入

―導入プログラムの内容と受講対象者の基準設定について、お聞かせください。

2018年1月からまずは初の英語研修制度のトライアルとして、毎日25分の法人契約プランを導入しました。全社員を対象に、希望者が受講できる体制を取りました。条件としては、PCなどレッスンに必要な機器は自分で用意できることと受講率70%を達成することを掲げました。英語研修については3ヶ月で期間を切り、90日中63日以上のレッスンを受けることを条件に、実施しました。それを前提に、40名弱のスタッフが自ら希望して集まりました。

導入後の効果
挨拶すら不慣れだったのに、今では英語で1 on 1ミーティング!?
「社内コミュニケーションの活性化&生産性の向上」というW効果

―プラン導入後の効果や反響はいかがですか

顕著だったのは、受講率98.8%を達成したSRE部の部長の変化です。当初は、「Nice to meet you」という挨拶を交わすことさえ気恥ずかしく、2つ、3つの単語を発するだけで精一杯という状態だったそうですが、今では、外国人スタッフとの1 on 1ミーティングでも、英語でコミュニケーションを取れるまでになりました。そこに至るまでには本人にしか分からない歩み寄りの努力があったと思いますが、劇的ともいえる進歩にはたいへん驚きましたね。「英語を話せた方がいいに越したことはないけれど、業務上でそこまで困ることはなかったので危機感は持てなかった。でも、自分のチームにいよいよ外国人メンバーが入ってくるとなった時、私が英語を話せないと、相手もコミュニケーションを取りづらいと思い、これを機に取り組んでみようと思った」とのことでした。

彼のチームでは、計4名のエンジニアがBizmatesを受講しています。この3月からインド人のスタッフがそこに加わったのですが、入社した当日は、グループチャンネルの書き込みがすべて英語になるほど盛り上がったのだそうです。どんどん話してみることで、もっと上達するということが、Bizmatesのレッスンを通じて彼らの腑に落ちたようで、最近ではより活発なコミュニケーションが行われるようになりました。部長いわく、「語彙はまだ限られているけれど、言いたいことはある程度は伝えられるようになってきたのは、Bizmatesのおかげです」。今は、朝礼のサマリーも英語で行っているそうです。

自身も受講生のひとりとしてレッスンを受けてきましたが、2ヶ月目くらいから、英語に対して抱いていた臆病な気持ちもなくなり、採用担当者として海外からの応募者と面談する際に、言いたいことをよりうまく伝えられるようになったので、採用業務が効率化し、Bizmatesの効果を実感しています。

―受講者が学習を継続するために、どのようなサポートを行ってきましたか?

Bizmatesの受講生のグループチャンネルで、週ごとの平均受講率の内訳を共有したり、Bizmatesに2日以上ログインしていない人には、受講を促すメールを送るなど、皆さんのお尻叩きをしています(笑)。レッスン以外でも、英語でアウトプットできる機会を提供するために、外国人スタッフとのシャッフルランチも行っています。他には、「(Bizmatesのレッスンを受けるようになってから)何ができるようになりましたか?」と受講生にアンケートを取り、その結果をレポートにまとめてグループチャンネルで共有しました。40名中8割の受講生からは、「アメリカの子会社のスタッフが来日した時のミーティングで、英語で活発な意見交換ができた」、「英語を話すことに抵抗がなくなった」、「外国人のメンバーに対して、もっと積極的にコミュニケーションを取ろうと思うようになった」といった声が挙がるなど、Bizmatesが実務的なコミュニケーション力の向上だけでなく、チームビルディングにも寄与していることがわかり、研修担当者としてとても嬉しく思いました。社内コミュニケーションの活性化につながっているとともに、エンジニアにおいては、Bizmatesで英語力を培うことが、生産性の向上にもつながっているようです。

―今後、ビズメイツに期待することなどあれば、ご意見をお聞かせください。

“外国人向けのBizmates”をぜひ作っていただきたいですね。日本で働く外国人が日本語を学習できる、まさに日本語版のBizmatesがあると非常にありがたいです。Bizmatesの場合、仮に毎回違うトレーナーの方を選んだとしても、前回学習した内容がきちんと次のトレーナーの方に引き継がれているので、時間をロスすることなく、各自が取り組みたい内容に速やかに入っていくことができます。そのような体制を備えた日本語版オンライン学習プログラムをぜひお願いしたいです!今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

―本日は貴重なお時間をありがとうございました。今後のご活躍をお祈り申し上げます。

社員さまの声

―現在のお仕事の内容を含めて、自己紹介をお願いします。

入社して1年半、この3月からAML対策室モニタリングチームの配属になりました。アメリカやヨーロッパの子会社含む社内外の方々とのコミュニケーションを図りながら、モニタリング業務全般に従事しています。これまでの業務の中で英語を使うのは、リサーチで海外の資料を読む時など、業務の内容に応じて時折発生する読み書きが主でした。

―これまでの英語学習の経験についてお聞かせください。

大学では英米文学科を専攻していたのですが、卒業時点で英語はほとんど話せませんでした。社会人になってからは、前職の仕事の関係で英語を使う必要が出てきたことから、スカイプを使ったオンライン英会話レッスンを受けたり、無料で使える英語学習ツールを使ったりして、自主的に英語の学習に取り組んだことがあります。その後、ワーキングホリデー制度でオーストラリアに1年間滞在し、その後、ルワンダにも半年間滞在しました。その1年半の間で、必要最低限の英語力は身につけることができたと思っています。

―ビズメイツを受講したきっかけは何だったのですか?

海外に1年半住んでいたこともあって、現地で生活する分には困らない程度の英語は話せると自負していましたが、現在の仕事の中で、自分の業務を説明したり、専門的な内容について英語できちんと伝えられるかというと、少し苦手意識を感じていました。金融関連の専門用語やブロックチェーンなどの専門技術については、日本語でも懸命にキャッチアップしながら、日々の業務にあたっている状況でした。ビジネス英語に特化したBizmatesのプログラムが弊社に導入されることを知り、これを機にしっかりと学習に取り組んで、仕事にも活かせる英語力のブラッシュアップを図りたいと思いました。

―ビズメイツの受講スタイルについて教えてください。

基本的には、毎朝、出社する前に自宅で受講しています。平日は、トレーナーの方からのスカイプコールで1日が始まります。コールの主は、目覚ましアラームではなくトレーナーの方ですので、「起きなくちゃ!」といつも身が引き締まる思いです。いつもより少し早めのレッスンを受講した時は、出社するまでの時間を使って、英語にまつわる調べ物や自習をしたり、早めに出社して仕事を始めることもあります。Bizmatesのレッスンは、直前でも予約できるので非常に助かりますね。夜、帰宅してから受講することもあるのですが、「今日はもうレッスンを受けるパワーが残っていないかも…」という時ほど、なぜか1日の終わりにやる気が湧いてきて、その場で予約を入れて受講することもあります。

Bizmatesにはさまざまなプログラムがありますが、私はAssist Lessonを活用することが多いです。よりスマートに、論理立てて分かりやすく、自分の意見を英語でアウトプットできるか。なおかつ自分の専門領域の中でいかに話せるか。当初から、この2点にフォーカスしたいと思っていたので、先導して自ら話題を提供し、それについてトレーナーの方とお話するというスタイルで受講しています。Bizmatesのトレーナーの方たちは、ビジネスに関する英語を教えようという熱意をもって向き合ってくださるので、非常に助かっています。

―レッスンの効果についてはいかがですか?

Bizmatesを始めてから、以前よりも自信がついて、仕事に対しても、より積極的に取り組めるようになりました。海外のベンダー会社と直接やりとりをしたり、リサーチ業務でも担当者と口頭で話すなど、最近では英語を使う仕事が増えました。「これ、やってみる?」と言われたら、「やらせてください!」とすすんで取り組んでみるという流れの中で、役割が少しずつ増えてきて、充実した毎日を過ごすことができています。

Assist Lessonでは、ビットコインの仕組みや仮想通貨とモバイル・マネーの違いなど、会社の専門領域を話題にすることもあれば、IT関係の仕事に携わった経験のあるトレーナーを選び、その方が興味のありそうな話題を提供することもあります。話してみて、伝わらなかったらまた伝え直す。その反復練習が実践力にもつながっていますし、トレーナーの方は興味を持って耳を傾けてくださるので、楽しく話すことができます。その中で、小さな文法の間違いを指摘してくださったり、「こんな風に伝えた方が分かりやすいですよ」とフレーズや単語を教えてくださるので、日々学ぶことは多いです。ビジネス経験のあるトレーナーだからこそ、ハイレベルな会話ができますし、Bizmatesでは実際のビジネスで活かせる英会話スキルを、まるでシミュレーションのように学ぶことができます。

この環境に感謝しつつ、これからも楽しみながら、Bizmatesでの学習に取り組んでいきたいと思います。

―ありがとうございました。今後のご活躍をお祈り申し上げます。

企業情報

社名 株式会社 bitFlyer
本社 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
設立 2014 年 1 月 9 日
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
従業員数 非公開
事業内容 仮想通貨交換業およびブロックチェーン開発・サービス事業
URL https://bitflyer.com/ja-jp/
2019年7月末現在

その他の導入事例

Bizmatesを導入してくださった企業様を導入事例と共にご紹介いたします。

導入事例一覧はこちら

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3526-2659 (平日 10:00-18:00)

その他のお問い合わせは 
資料請求        お見積り

メルマガで最新情報をお届けします!
最新の他社事例・業界情報・アップデート情報を
お届けします。
アップデート情報, 業界情報, 最新の他社事例

いますぐ、メルマガ登録!