Vin(ビン)の詳細プロフィール

ビジネス経験

Customer Service, Editing / Proofreading/Documentation / Publishing/Transcription/Writing/Audio-Visual Presentation Making, Marketing/Advertising, Training & Development

大学専攻科目

Architecture/Fine Arts

自己紹介

Hi there! My name is Vin. What can I help you with? Basic grammar and vocabulary? Travel phrases for business? Or advanced communication skills for that dreaded presentation that can make or break your career? Whatever it is, one thing is crucial to your success. And it's not grammar. It's guts. The greatest barrier that keeps you from gaining fluency is fear. I know this because I'm a non-native English speaker like you. We're afraid to make mistakes, to be criticized. Only when we feel safe, when it's okay to try things out, can we focus 100 percent and allow real learning to occur.

What causes this fear? Well, we take it for granted that English is someone else's language, so we're afraid to take it. But no one can really own a language because all languages are a mishmash of everyone else's. Therefore, you can own English and be a genuine English speaker. You just have to have the courage to claim it as yours.

Remember, language and culture are inseparable. Once you take ownership of English, you will assimilate its character and emotions and be incredibly confident in its use, and your English would move, as bestselling author Jim Collins puts it, from good to great. Welcome to Bizmates!

運営者からのコメント

ビンは人を惹きつける会話の名人です。受講生が思いもよらない観点で物事を見る様に促し、広い視野を持って状況の全体像を見る事ができるようにしてくれます。大学では広告アートの勉強をし、10年以上に渡り、放送業界で音声部門と映像部門の双方においてクリエイティブマルチメディア専門家として働いてきました。その中で編集やポストプロダクション(撮影後の作業)、録音プロジェクトを担当しました。その為、ビンはテレビニュースやメディア文化をしっかり把握しております。又、彼はTESOLの資格を持つESL教師でもあり、アジア人学習者を対象に約6年英語を教えた経験があります。フィリピンで最大規模のコールセンターでもコミュニケーショントレーナーを担当した経験もあり、アクセント中和、会話形式での英語、異文化理解などのトレーニングソリューションを提供してきました。そして、グローバルコミュニケーションスキルの基準に到達する為にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド顧客対応向けのカスタマーサービスソフトスキルのトレーニングも担当しました。そんなビンはとても多才でダイナミックなトレーナーです。受講生の性格や英語レベルに関わらず適応する事が可能です。ビンは慎重かつ熱心で、とても支援的なトレーナーな為、初心者の方に向けては、ステップバイステップで丁寧に指導してくれます。一方で中上級者に対しては、より自立した学習者としての受講を促す立場でレッスンを担当してくれます。常に受講生のニーズに敏感で、どのレベルの受講生にも適任のトレーナーと言えます。