お客様の声

株式会社 エウレカ

安信 竜馬様

―現在のお仕事の内容を含めて、自己紹介をお願いします。

大学卒業後から今日に至るまで、カスタマー・サポート(CS)に従事してきました。主に外資系のメーカーや小売業などのCSの立ち上げも経験しています。エウレカに入社したのは、半年ほど前で、現在は、日本と台湾で展開している恋愛・婚活マッチングサービス『pairs』のカスタマー・サポートの責任者を担当しております。

―これまでの英語学習の経験を含めて、ビズメイツのレッスンを始めたきっかけについてお聞かせください。

これまで勤めた会社の多くは外資系で、自分自身がフロントに立って、海外のメンバーとのやりとりや調整を行うポジションではあったのですが、幸いなことに、英語ができるメンバーや部下がいたので、日本語で私が話すことを彼らが英語で伝えるという流れがあり、特に大きな支障はありませんでした。しかし、エウレカに入社した今、CSのヘッドをはじめ、海外のグループメンバーたちとの直接のやりとりが発生しています。彼らと一緒にプロジェクトを進めていくこともすでに決まっており、英語でコミュニケーションを行う場面は、今後ますます増えていくことも分かっています。

過去の経験から思うのは、現場スタッフはやはり英語が話せた方が良いということ、さらに“自分自身の言葉で話す”ということが、極めて大切だということです。マンツーマンの英会話スクールやeラーニングなどを通して、英会話を学習したことがありますが、これを機に、もう一度改めてしっかり学んでいきたいと思いました。

―ビズメイツの受講スタイルについて教えてください。

オフィスに来てしまうと、当然ながらユーザー対応があったり、プロジェクトが動いたりなどして、レッスン時間の確保ができないというのが、正直なところです。可能なかぎり、朝の時間帯に受講したいとは考えていますが、やはりどうしても夜に偏りがちというのが現状です。

就業時間中に、誰もいない会議室などで受講しているスタッフもいるようですが、私の場合、“英語で話す”ということにまだプレッシャーを感じている段階なので、自宅など、まわりに人がいない環境の方が集中できますね。土日に関しては、外出する前に受講することを心がけています。

トレーナーに関しては、受講してみないとその方との相性みたいなものは分からないと思うので、実際に受けてみて、もう一度受けたいなと思った時には、お気に入りに入れるという風に活用しています。
カスタマー・サポートの経験のある方のほうが、ゆくゆくはビジネスについての話も深くできると思い、その条件で検索をかけています。

―レッスンの効果についてはいかがですか?

最初のレベルチェックで、悔しい想いをしたんですね。積極的に自分からアウトプットすることはできなくても、相手の言うことは何となく分かるというのが自分の中にはありました。なので、レベル1からスタートと診断された時に、いかに自分の英語力が低いかということを初めて知りました。早くレベルアップしたいという気持ち、他の受講者に負けたくないという気持ちもあって、この4か月間、自分なりにではありますが、ベストを尽くして学習に取り組んできました。

毎回、プログラムを使ったレッスンを始める前に、トレーナーの方から「今日はどうだった?」などと投げかけられた時に、「今日は忙しかったんだ」と自然な返答ができるようになりました。これまで自分の中にはなかった、“英語で伝えよう”という意識が芽生えてきたような気がします。

ビズメイツを受講しているメンバーの中には、毎日予習している人もいて、実のところ、私はまだそこまでは取り組めていないので…。ぜひとも見習いたいです。

―ありがとうございました。今後のご活躍をお祈り申し上げます。

一覧に戻る
キャンペーン中9月28日まで初月50%OFF
無料体験レッスン