JR東日本がオンライン英会話サービス「Bizmates」を採用
東京支社全社員12,000人が対象の英語研修 インバウンドをおもてなし

~多岐にわたる鉄道利用シーンを教材化、駅等で実践できる英会話の短期修得を支援~

2018年4月16日
ビズメイツ株式会社
ビジネス特化型オンライン英会話学習サービスを展開するビズメイツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木伸明 以下「当社」)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)が東京支社全社員を対象とする英語教育研修プログラムに当社のオンライン英会話サービスBizmates(ビズメイツ)を採用し、英語研修を開始したことをお知らせします。

2020年を目前に控え、訪日外国人旅行者(インバウンド)の数は増加の一途をたどっています。これまでもJR東日本では、翻訳アプリや通訳アプリをインストールしたタブレットを配置し、「指さし会話帳」※を活用するなどしてインバウンドの利便性向上に努めています。一方、行き先案内や日本独自の交通系ICカードサービスSuicaの利用方法など、インバウンドの鉄道利用に関する問い合わせ内容は多岐にわたります。またインバウンドから直接質問があった際、駅社員は英語等の異言語での即時回答が求められるなど、4000万人のインバウンドが来日する2020年を見据え、交通インフラ業界全体で英語力向上のための取り組み需要はますます高まっています。そのような状況の中、JR東日本は、社員自らが簡便な英語を話し、即時性を持った応対をすることで、インバウンドへのコミュニケーション力を向上させることを目的に、当社が提供するオンライン英会話サービスBizmatesを採用することになりました。
※脚注:「指さし会話帳」は、株式会社情報センター出版局の登録商標です。

「Bizmates」導入の理由

当社では依頼元企業の”実際の業務”に合わせた独自の「英語教育研修プログラム」の開発ができる強みがあります。この度当社では、券売機や改札での案内、輸送障害時の対応、「Suica」に関する問い合わせなど、多岐にわたる駅等の業務内容をそのまま教材化した「JR東日本専用カスタマイズプログラム」を開発したことが高く評価され、採用に至りました。今後も当社は英語研修プログラムを推進し、JR東日本の社員が現場で実践できる英語力の短期修得を支援してまいります。
キャンペーン中9月28日まで初月50%OFF
無料体験レッスン