日本にいながら日常的に英語を使う方法【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ③】

▼ 英語を話せるようになりたいけど、何から始めればいいのかわからない…

▼ これまで英語学習に何度も挫折してきた…

▼ 仕事が忙しくて留学はできない。日本にいながら英語を話せるようになりたい…

【失敗しない!英語学習法動画シリーズ】はそんな社会人の方の悩みを解決する動画シリーズです。

この③番目の動画では、社会人の方が日本にいながら英語を使って普通に仕事や生活できるようになるために満たさなければならない3つの条件のうち、「英語を日常的に使う」方法を具体的に説明します。

 


 

▼ このシリーズの中で紹介している「英語に日常的に触れる」ための動画ツールはこちらです ▼
1. 自然に語彙を増やせる 動画シリーズ Bizmates Vocabulary 500 プレイリスト
https://youtube.com/playlist?list=PL2ehlYLex1uCugyhLYIohIo0lI-pvxDRE

2. 自然に文法力を強化できる 動画シリーズ Bizmates Grammar 36 プレイリスト
https://youtube.com/playlist?list=PL2ehlYLex1uDI-mvP-QYQFIp09e2leQtp

 

日本にいながら日常的に英語に触れる方法 【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ①】

日本にいながら日常的に英語を使う方法 【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ②】

日常的に英語に触れて、使う生活をずっと続ける方法 【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ④】

 


日本にいながら日常的に英語を使う方法 シリーズ:失敗しない!英語学習法動画シリーズ ③

みなさんこんにちは、BizmatesのKyotaです。失敗しない!英語学習法シリーズ第三弾です!

この動画シリーズは「日本にいながら英語を話せるようになりたい」という社会人の方が確実に英語をつかって普通に仕事をしたり、英語をつかって普通に生活できるようになる方法と、そのために必要なツールを紹介する。そんな動画シリーズです。

これまで、社会人が英語学習を成功させるには3つの条件を満たす必要があって、その条件とは

  • 日常的に英語に触れる機会を作る
  • 日常的に英語を使う機会を作る
  • その生活をずっと続ける(習慣化する)

の3つです、とお伝えしました。今回は、この②の「日常的に英語を使う機会を作る」効果的な方法についてこちらの3つのパートにわけてお話します。

  1. オンライン英会話を活用する
  2. 学んだ英語を積極的に使い、相手の反応を見る
  3. 習得サイクルを回す

 

[知識を増やす 話せるようになる]

その前に改めてはっきりお伝えしないといけないことですが、実際に英語で会話した経験を積まないと英会話は絶対にできるようになりません。何時間英語をこうやって勉強したとしても、学んだ英語を実際に使わなければ絶対に話せるようにはなりません。

単語集や英語の教材を勉強すること自体はもちろん悪いことではありません。でもそれは英語のスキルを増やしているのではなくて、英語の知識を増やしているんです。ちょっと想像してみてください。

テニスのボレーがうまくできるようになりたい、とボールの打ち方を本から学んだとしても、
「えーとボレーを打つときはラケットの面を少し斜め上に向けて手首を固めて…」(ボールが無情に通り過ぎる)知識は本番では役に立ちません。

結局ボールに体が無意識に対応できるようになるまで何度も実際にボレーをやってみるしかないんです。

英語も全く同じです。知識を蓄えるだけでは何もできるようになりません。でも学んだ英語を実際の会話の中で使った経験を積むと、英語で言えることやできることがどんどん増えていくんです。

ということで、新しい英語を学んだら、 → それを何度も会話で使ってみる。

これを心がけていれば、英語は必ず身につきます。ではいよいよ、英語を日常的に使う機会を作る効果的な方法を3つのパートに分けてお話しします。

 

【オンライン英会話を活用する】

英語をうまく話せるようになるには、学んだ英語を何度も使わなければなりません。つまり日本にいながら、英会話を日常的に行わなければなりません。そのために、誰でもすぐに使い始められる一番コストパフォーマンスが高いツールがオンライン英会話です。

1レッスン数百円で、講師と一対一で話せる機会が、やろうと思えば今すぐに作れてしまいます。教室に通う必要がなくて、出勤前の時間帯の朝5時とか6時や、寝る前の、それこそ夜中の22時とか23時とかでも開講しているところがほとんどですから、社会人の生活パターンに組み込みやすくなっています。

週1回とかの頻度でレッスンを受講しても、全然日常的に英語を使っていることになりませんから、あまり意味はありません。なるべく毎日受講できるタイプのオンライン英会話を選んでください。それでも毎月のコストは数千円とか、1万円ちょっとです。

ただ、英語を話せるようになりたいと思っていても、ここで躊躇される方は少なくないと思います。自分はまだ語彙が少ないからとか、まだ基礎が十分にできていないからとか、そういった理由で躊躇します。

みんな最初はうまく話せません。実際に、初めてオンラインレッスンを受ける時に、講師が”Hi. Nice to meet you Tanaka-san. I’m Ann. How are you today?”と挨拶した段階でもうどうしていいかわからずに思わずパソコンをバンッと閉めた、なんてケースを毎年、数件聞きます。でも最初はそんな方でも、続けていくとやっぱり普通に話せるようになるんですよね。みんなそんなところから始めているんです。

新入社員として会社に入社した最初の数ヶ月はたいしたことはできませんよね。勝手がわからないですから。でも毎日ちゃんと出勤して、先輩の指導に素直に従っているうちに、少しずつ仕事ができるようになっていきますよね。

英語も同じです。最初は、まだ英会話の経験がないのですから、うまく話せなくて当然です。でもレッスンをちゃんと日常的に受講して、講師の指導に従っているうちに、誰でも少しずつ英語が話せるようになっていきます。

だからまずは、日本にいながら日常的に英語を使う環境を自分のために作ってあげるところから始めましょう。

 

【学んだ英語を積極的に使い、相手の反応を見る】

オンラインレッスンを数日間受けていると、英語のレッスンに慣れてきます。すると新しいことを学ぶ余裕が出てきます。

ここで大事なポイントが、「あ、これは使えそう」と思うフレーズを覚えたら、そのフレーズを積極的に使ってみて、相手の反応を見る、ということです。

私たちは新しい単語を知識として覚えると、次にその単語の使い方について無意識に仮説を立てます。「こういう意図で使うんじゃないかな」「こういう場面で使えるんじゃないかな」こんな仮説を無意識に頭の片隅で立てます。

たとえばわかりやすい例でいうと、do it というフレーズは「する」という意味ですね。 Please をつければ、「してください」になるんじゃないか、という仮説を立てたとします。

この仮説は、実際の会話でその単語を使わないと検証できないですね。ということで実際に使ってみましょう。

—–

A: Hi Yumi. Please do it today.

B: OK…

—–

OK という返事が返ってきました。相手の反応を見て、「あ、やっぱりそういう意味なんだ」という確認ができました。Please do it の意味について、自分の認識は正しかったんだ、という自信が持てましたね。さらに繰り返し使うことで自信が確信に変わっていきます。

 

【習得サイクルを回す】

でもちょっと待ってください。相手はOKと言っていましたが、なんだか感触が悪かったですよね。「あれ、思ってた反応と微妙に違う」という気づきがありました。

実は、Please do it. って、日本語でいうと「やっといてください」というニュアンスの、かなり無愛想な表現です。こういう仕事の振られ方をされて気持ちいい人はあまりいないですよね。

Please do it でも意味は伝わるけど、何か別の言い方をした方がいいんだな、とこのように、覚えたての英語を実際の会話で使ってみることで、仮説を見直すことにつながることがよくあります。

学ぶ、仮説を立てる、使う、反応を見る、するとその英語の使い方が感覚的にわかる、もしくは仮説の見直しにつながる。

このサイクルを何度も回していくのが、英語の経験を積む、ということです。英語の勉強自体は悪いことではありませんが、ここだけたくさんやっても英語を話せるようにはならないことがよくわかりますね。

みなさんがイメージする英語を使って仕事ができる人は、みんなこうした経験を積み重ねることで、その英語力に至っています。しっかりこの習得サイクルを心がけましょう。

 

【Bizmatesのオンライン英会話で効率よく学習】

さて、学んだフレーズを使って、相手の反応を見て、効果を確かめるのはどのオンライン英会話サービスでも可能です。自分の間違いや、もっと効果的なコミュニケーションの取り方を自分で気づいて直していければ問題ありません。

でも間違っている時や、もっといい言い方がある時に講師がちゃんと指摘して的確なアドバイスをくれれば、もっと効率がいいですよね。

私が勤めるオンライン英会話サービスのBizmatesでは、全ての講師がビジネス経験者なのですが、これにはシンプルな理由があります。職場で交わされる英語コミュニケーションを経験したことのない講師に、ビジネス英語について的確なアドバイスはできないからです。

たとえば先ほどのこの場面。

—–

A: Hi Yumi. Please do it today.

B: OK…

—–

伝えたいことは伝わったけど、相手に不快な気持ちをさせてしまいました。でも使用している単語や文法に関しては指摘すべき間違いは特にありません。

でも英語が使われる職場で働いた経験のある講師なら、「こういう場面では次のように話すといいですよ」などとアドバイスをくれます。

—–

❶ 相手を呼び止める

Yumi, do you have a minute?

 

❷ Do you think you can… などの柔らかい表現を使って依頼する

Do you think you can do this by Friday?

 

❸ お礼を言う

Thank you so much.

—–

通して見てみましょう。シンプルで、丁寧で、効果的ですよね。

これで、実際の職場で有効なコミュニケーション方法がひとつわかりましたね。あとはこれを何度も繰り返し実践していけば、効果的な英語が身につきます。

英語をつかって仕事ができるようになりたい方は、実際に英語を使って仕事をした経験のある講師の指導を受けて、的確なアドバイスを受けましょう。せっかく話せるようになるなら、実際に使える英語を学びたいですよね。

ぜひBizmatesのウェブサイトで詳しいサービス内容をご覧になってください。

次の動画ではいよいよ3つ目の条件、英語に触れて英語を使う生活をずっと続ける、英語の習慣化の方法についてお話しします。それでは、また次回!

Share

身につけた知識をオンライン英会話で実践してみませんか?
一覧に戻る

関連動画

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録