英語を習慣化する方法【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ④】

▼ 英語を話せるようになりたいけど、何から始めればいいのかわからない…
▼ これまで英語学習に何度も挫折してきた…
▼ 仕事が忙しくて留学はできない。日本にいながら英語を話せるようになりたい…

【失敗しない!英語学習法動画シリーズ】はそんな社会人の方の悩みを解決する動画シリーズです。

この④番目の動画では、社会人の方が日本にいながら英語を使って普通に仕事や生活できるようになるために満たさなければならない3つの条件のうち、「英語を習慣化する」方法と、実際に習慣化に成功した英語学習者が勧めるコツを、データを元に具体的に説明します。

 


 

▼ このシリーズの中で紹介している「英語に日常的に触れる」ための動画ツールはこちらです ▼
1. 自然に語彙を増やせる 動画シリーズ Bizmates Vocabulary 500 プレイリスト
https://youtube.com/playlist?list=PL2ehlYLex1uCugyhLYIohIo0lI-pvxDRE

2. 自然に文法力を強化できる 動画シリーズ Bizmates Grammar 36 プレイリスト
https://youtube.com/playlist?list=PL2ehlYLex1uDI-mvP-QYQFIp09e2leQtp

 

日本にいながら日常的に英語に触れる方法 【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ①】

日本にいながら日常的に英語を使う方法 【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ②】

日本にいながら日常的に英語を使う方法 【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ③】

 


 

英語を習慣化する方法【失敗しない!英語学習法動画シリーズ ④】

みなさんこんにちは、BizmatesのKyotaです。失敗しない!英語学習法シリーズ第四弾です!

この動画シリーズは「日本にいながら英語を話せるようになりたい」という社会人の方が確実に英語をつかって仕事や生活できるようになる方法と、そのために必要なツールを紹介する。そんな動画シリーズです。

これまで、社会人が英語学習を成功させるには3つの条件を満たす必要があって、その条件とは

  • 動画を活用して日常的に英語に触れる機会を作る
  • オンライン英会話を活用して日常的に英語を使う機会を作る
  • その生活をずっと続ける(英語を習慣化する)

この3つです、とお伝えしました。今回は、この③の「英語を習慣化する」方法についてお話します。

お話しする内容としてはこのような基本的なことになりますが、この3つのポイントはオンライン英会話を使って、日本にいながら英語を使えるようになった方の学習法の共通点になります。

  • がんばるより続ける
  • 生活パターンに組み込む
  • 最初の1ヶ月が肝心

これらのポイントをデータをお見せしながらしっかり納得できるようご説明します。それでは、早速始めていきましょう。

❶ がんばるより続ける

私は英語教師として3000人以上の英語学習者を個別に見た経験があるのですが、Bizmatesではさらに何万人というオンライン英会話学習者の受講パターンをデータとして毎年見ています。

そこで失敗しがちな学習パターンと、成功する学習パターンをわかりやすく見比べられるよう、AさんとBさんの上達の推移をこういったグラフの形式でお見せします。

縦軸は「英語を使ってできると思うことの分量」、つまり自分の英語に対する自信だと思ってください、横軸は時間です。

AさんとBさんは同じ職場の同僚で、英語は2人とも初心者です。ある日上司に「将来海外案件が増えていくはずだから、今日から英語を学習し始めるように」と言われます。2人の学習スタイルを比べてみましょう。

Aさんはとにかく頑張り屋さんです。上司からの期待に応えたいという気持ちもあって、こう決意します。「よし、今日から毎晩5時間英語を勉強してやる!」そして彼は3ヶ月間本当に毎晩5時間英語学習に費やします。さて、毎晩5時間勉強したとしたら、何が起こるでしょう?

当然、英語に対する自信がこのように飛躍的に伸びます。ではAさんはどのような気持ちでしょう?達成感でいっぱいですね。楽しみや睡眠を犠牲にしつつも、しっかりやりとげたんですから。でもそれと同時に、疲労困憊です。

「もう英語はヤダ。この3ヶ月間すごくつらかった」。そう思っています。ということで、英語学習をここでお休みします。さて、英語に触れたり使ったりする生活をやめるとどうなるでしょう?

英語を少しずつ忘れていきます。少しずつ、英語が口から出にくくなっていきます。すると英語に対する自信もこのように下がっていきます。1年経つ頃には、Aさんの自信は大体このへん、としましょう。

さて今度はBさんの学習スタイルを見てみましょう。Bさんは仕事も大事ですが趣味の時間も大事なので、毎晩5時間とか、そういった英語学習の仕方はできません。そこで、こう決意します。「毎日英語学習はするけど、学習時間は1時間を限度にしておこう」。

毎日1時間の学習は楽ではありませんが、そんなに大変でもないので、このように続けることができます。英会話レッスンで聞き取れる英語が少しずつ増えてレッスンが楽しくなってきて、3ヶ月経つ頃には新しい生活リズムにも慣れ、Bさんはそのままのペースで1年間学習を続けます。1年経つ頃には、Bさんの自信は大体このへん、としましょう。

そんなある日、上司にまた声をかけられます。「Aさん、マレーシアに新しく支社を立ち上げることになりました。2年間現地に駐在できますか?」

この時、Aさんはどのような心境でしょう?Aさんはこう考えます。「マレーシアに駐在したら、毎日英語を話さないと…最後に英語を話したのはいつだっけ?んー9ヶ月も前です。」あれから全く英語を話していませんから、当然、英語を話す自信がありません。Aさんにとって、上司からのこの話は恐怖です。Aさんは何かと理由をつけて、この話を断るのでした。

そこで上司は、今度はBさんに打診します。「マレーシアに2年間駐在できますか?」この時、Bさんはどのような心境でしょう?Bさんはこう考えます。「マレーシアに駐在したら、毎日英語を話さないと…最後に英語を話したのはいつだっけ?んー昨日の夜です。」だってこの1年間、毎日1時間ずつ英語を使う生活を続けてきましたからね。

彼女にとって、上司からのこの話は英語をつかうチャンスです。Bさんは駐在を快諾し、マレーシアに移り住みます。すると何が起こるでしょう?Bさんの心境はこのように変わります。

「私の英語は完璧には程遠いけど、それを言ったらマレーシアの人たちの英語だって完璧なわけではない。それでも問題なく意思疎通できるじゃない!」

自信もこのようにグッと伸びます。

Bさんのように、英語を話すことを頑張ることではなくて、普段から普通にすることに変えれば、誰でもイングリッシュスピーカーになります。

がんばるより続けることが大事です。でももちろん、週一回1時間だけとか、そういったペースでは英語を覚えたそばから忘れる、の繰り返しになってしまいます。

なるべく毎日、毎日が難しいなら週5回。週5回が難しいなら週4回と、自分がずっと続けていけるペースを見つけましょう。ちなみに、Bizmatesのオンライン英会話を受講している方の平均的な受講ペースは週4回です。多くの方がレッスン前に少し予習をした上でレッスンを受講できるだけの時間を普段のスケジュールの中で確保しています。

Aさんのような学習スタイルは、駐在など、英語を使う生活が始まる時期が明確に決まっている方には効果です。駐在が始まった後は、毎日英語を使うわけなので、オンライン英会話での学習をやめたとしても問題ありません。

❷ 英語の時間を生活パターンに組み込む

では、どのように英語学習を普段の生活に組み込めば、続けやすいのでしょう?

大事なポイントは、決まった時間と決まった場所で英語学習を行うことで、習慣化しやすくすることです。

Bizmatesのオンライン英会話を受講している方の受講時間帯を見てみると、ある傾向が見られます。

平日はこんな感じ。週末はこんな感じです。平日は仕事終わりにレッスンを受講して、週末はお休み、という方が多いですね。

一方、朝の時間帯は平日も週末も受講している方が多いですね。これは、出勤前の時間帯の方が平日も週末も予定が入りにくいからですね。このように、なるべく毎日確実に空いている時間を英語学習に当てることで、英語に触れて、英語を使う生活を習慣化しやすくなります。

また、お風呂に入る時間や夕飯の時間が毎晩決まっている方は、その直後にレッスンを入れるとか、普段必ず行う行動に英会話レッスンをぶらさげると、習慣化しやすくなります。これから毎週レッスンを受講する日時を決めて、スマホのカレンダーに書き込むと、なおいいでしょう。

❸ 最初の1ヶ月が肝心

さて、英語学習の習慣化は、最初の1ヶ月が勝負です。英会話レッスンを組み込んだ新しい生活パターンを1ヶ月続けられると、体がその生活リズムに慣れます。

以前、習慣化に成功している受講生に「レッスンを習慣的に受講する生活に慣れるまでどのくらいかかりましたか?」とアンケートを取ったところ、このような結果になりました。

ほとんどの方が1ヶ月、もしくは2ヶ月経った時点で、英語をほぼ毎日話す生活に慣れたと答えました。慣れた後は、レッスンを受けないと生活リズムが乱れたように思えて、気持ち悪く感じる方が多いようです。

Bizmatesのデータを見ても、最初の1ヶ月で習慣化に成功している受講生は、2ヶ月目以降もほぼおなじくらいのペースでずっと受講し続ける傾向があることがわかっています。

最初は新しい生活パターンに慣れるまでつらいと感じることもあるかもしれませんが、1ヶ月間、自分が決めたスケジュール通りにレッスンを受講すれば、習慣化に大きく近づくことができます。英語を習慣化できれば、あとは普通に生活を続けるだけで、英語を話せるようになりますからね。

習慣化に役立つTIPS

最後に、Bizmatesで英語の習慣化に成功して、1年以上英語をほぼ毎日話す生活を続けている受講生の方が口を揃えて言う、習慣化のコツを共有します。 

Tips 1 同じ時間、同じ曜日にレッスンを受ける

先ほども少しお話ししましたが、英語学習のスケジュールを固定化すると効果的です。今週は月火水木、その次の週は火水木金などと、英語のレッスンの受講日を流動的なものにしてしまうと、習慣化しにくくなります。受講する時間と曜日は毎週固定にしましょう。

Tips 2 予習する余裕がない時は、フリートークのレッスンにする

英語学習のスケジュールを固定化したとしても、「今日は疲れた」とか「今日は何か気分転換がしたい」と思う日はやってきます。特に英会話レッスンにまだ慣れていない最初の頃は、予習をした上でレッスンに臨むのが良いのですが、予習する時間や気力がどうしてもない、という時、レッスンをお休みするのは危険です。

せっかく作った生活パターンを崩してしまうことになるからです。それに英語は使わなければ忘れていきます。だからレッスンを受けないよりは受けた方が絶対にいいんですね。

Bizmatesでは教材を使うレッスンのほかに、Assist Lessonという、教材を使わない、内容を自由に決められるタイプのレッスンも提供しています。書いた英文メールの添削を依頼したり、会議や面接の予行練習に使ったりする方が多いのですが、気分転換のためにフリートークのレッスンとしてもよく利用されます。

Assist Lessonを予約して、レッスンが開始したら講師に I want to talk about my vacation plans today. ですとか、I want to talk about what happened today. などと伝えればOKです。自分が話したい話題について話したり、愚痴を聞いてもらったりするのも、英語を普通に使う人になるための大事な練習です。

予習する余裕がない時はフリートーク、と覚えておきましょう。

Tips 3 最初の1ヶ月間でお気に入りの講師を5人以上見つける

オンライン英会話では多種多様な方が、それこそ何千人という方が講師を勤めています。ほとんど毎日違う講師とレッスンを受講していると、気の合う講師もいれば気の合わない講師もいるでしょう。

そこで「この人とのレッスン楽しかったな」と思える講師に出会ったら、お気に入り登録をします。さらに、どの曜日にその講師がよく開講しているかを直接聞いて教えてもらいます。するとその講師とまたレッスンを受けられやすくなるので、毎日の英語を話す時間を楽しみの時間に変えていくことができるんです。楽しいことは続けやすいですからね。

5人以上お気に入りの講師がいれば、どの曜日でも気の合う講師とレッスンを受けられやすくなります。ずっとBizmatesを続けられている方は、お気に入りの講師を10人や20人とストックされているようです。

 

以上が、日本にいながら英語を話せるようになるための失敗しない英語学習法になります。第1弾から第3弾の動画をまだご覧になっていない方は、動画の詳細のプレイリストからぜひ見てみてください。動画の通りに学習すれば、必ず英語を普通に話せるようになります。

それでは、Good luck everyone!

Share

身につけた知識をオンライン英会話で実践してみませんか?
一覧に戻る

関連動画

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録