ビズメイツ法人向けサービストップページに戻る

アイロボットジャパン合同会社様

アイロボットジャパン合同会社

Bizmates自己啓発プラン導入事例

M&Aにより、会社が米国企業に!英語でのコミュニケーション力向上が早急に求めれる中、Bizmatesを導入。「実際の仕事でつかえる英語が学べる」という実感の声、多数。

お電話でのお問い合わせ・ご相談
(平日 10:00-18:00)

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3526-2659 平日 10:00-18:00

03-3526-2659

従来からの課題
日系企業から米国企業へ
一番の課題は、ビジネスの現場で通じる「英語力&コミュニケーション力」を培うこと

―貴社の従来の課題についてお聞かせください。

アイロボットジャパン合同会社 浦井様 弊社は、米国アイロボット社の日本総代理店であったセールス・オンデマンド株式会社のアイロボット事業を買収し、2017年4月に設立された会社です。米国本社は、マサチューセッツ州ベッドフォードにあり、ロボット掃除機「ルンバ」や床拭きロボット「ブラーバ」などの家庭用ロボットを取り扱っています。

現在、弊社では、セールス・オンデマンドから転籍した社員と、アイロボットジャパン設立後に入社した社員が半々の割合で在籍していますが、日系企業から米国資本の会社へと変わったことによって、英語力について懸念する声が社内で多く聞かれました。日本法人設立以前は、業務において英語を使う場面がそれほど多くなかったことから、英語でのコミュニケーションに慣れていない社員も多数いました。

しかし外資となってからは、社内のインフラや共通言語が徐々に英語化していき、米国本社の各カウンターパートとのやりとりなど、英語でのコミュニケーションも頻繁に行われるようになり、人事として社員の英語力向上をサポートする必要があると考え、英語研修の導入を検討していました。

アイロボットジャパン合同会社 浦井様

選考プロセス
ビジネスで活かせる英語力の向上が目的であれば、
Bizmatesを選ぶことは必然だった

―ビズメイツのプログラムを導入した経緯について教えていただけますか?

弊社は、東京本社のほかにも、大阪、名古屋、九州の3都市にオフィスがあり、全拠点の社員が同じ内容の研修を受けられる機会を提供することが前提としてありました。全国展開している通学型の英会話スクールもありましたが、各社員がそれぞれの状況に合わせて、「いつでも、どこでも、受講できる」ことを重視したいと思い、オンラインプログラムの導入を検討していました。場所や時間を気にせずに受講できる手軽さが継続の秘訣であることは、Bizmatesを個人的に利用したことがある、私自身の経験からも実感していました。そして何よりも、日々の業務で求められる英語力の向上を目的とした今回の研修において、ビジネス英語に特化したBizmatesを選ぶこととなったのです。

導入プラン
受講率50%を達成しなければ、明日はない!?
毎日25分の自己啓発プランを導入

―導入プログラムの内容と受講対象者の基準設定について、お聞かせください。

2018年2月から、毎日25分の自己啓発プランを導入しました。全社員を対象に募集を行い、すべての希望者に受講の機会を提供いたしました。ただし、毎月の受講率50%以上を達成することをプログラム継続の条件とし、それをクリアできなかった場合、翌月からは受講できなくなるということとしました。受講率50%を達成しようとすると、平均して2日に1回はレッスンを受けるということになります。少しきびしいかとも思ったのですが、それくらいしっかりと取り組んでいただける方をサポートしたいという考えが、人事としても、研修担当者としてもありました。企画段階では受講希望者は30名程度を想定していたのですが、募集を始めると想定の2倍近い社員が自ら受講したいと手を挙げてくれました。予想以上の反響に驚くとともに、英語研修に対する社員のニーズの高さを実感しました。

導入後の効果
「実際の仕事でつかえる英語が学べる」と大好評!
共通の話題ができ、社員同士の会話も増えた。

―プラン導入後の効果や反響はいかがですか

Bizmatesの英会話プログラムについては、「いつでも、どこでも、手軽にできる」という利便性が、忙しい社員たちから重宝されています。自分が受講したい時に予約して、すぐに受けられるオンラインレッスンは、どの社員にとってもメリットが大きいと思います。受講スタイルは、人によって異なりますが、弊社では、就業時間内の受講も認められているので、オフィスに常設されている個室のフォンブースを活用してレッスンを受けている人もいます。また、おすすめのトレーナーやどんな教材を使って勉強しているか等の情報交換をしている社員も見かけることもあり、Bizmatesのプログラムがきっかけとなって、社員同士の会話が増えたのは、研修担当者としてとても嬉しいです。

―受講者が学習を継続するために、どのようなサポートを行ってきましたか?

アイロボットジャパン合同会社 定期的に受講者にリマインドのメールを出すようにしています。先ほども述べたように弊社では毎月50%以上の受講率を達成することがプログラムを継続する条件ですので、受講回数が伸びていない社員へ個別に受講促進のメールをしたり、各々の英語学習の目的に合った教材を使ってもらえるようビズメイツプログラム以外の教材を紹介したりしてます。またビズメイツの担当の方から、「研修担当者が受講している姿を見せると、効果的ですよ」とアドバイスをいただいたので、「今月は、私もこのくらい受講しています。一緒にがんばりましょう!」というメッセージを加えたりしています。社内では英語研修のニーズがとても高いですので、引き続きBizmatesを活用させていただく意向です。今後とも、よろしくお願い致します。

アイロボットジャパン合同会社

―本日は貴重なお時間をありがとうございました。今後の浦井様のご活躍をお祈り申し上げます。

社員さまの声

アイロボットジャパン合同会社  辻岡様 ―現在のお仕事の内容を含めて、自己紹介をお願いします。

営業本部ナショナルアカウント部の部長として、国内の家電量販店様の本部営業の窓口責任者を担っています。現状、業務において英語を話す機会はあまりないのですが、営業チーム内で取り扱う書類のほとんどは英語で表記されたものが多く、ファイナンスチームやプロダクトチームとの打ち合わせでも、基本的には英語の文章が使われることが多い状況です。

アイロボットジャパン合同会社  辻岡様

―ビズメイツを受講したきっかけは何だったのですか?

これまで、自主的に英語を学習した経験はほとんどなかったのですが、1年ほど前に社内にビズメイツのプログラムを導入するという話があり、「これを機にやってみよう」と思い立ったのがきっかけです。弊社は、米国アイロボット社の日本総代理店だったセールス・オンデマンドのアイロボット事業を買収し、2017年に設立された会社です。日系企業からアメリカ資本の企業に変わった経緯もあって、全体的に英語を話せる人とそうでない人が明確に分かれている傾向にあり、また新たに入社してくる方においても、英語が話せることを条件としたケースが多く、社内のスタンダードになりつつあることを実感していました。その状況に少しでも追い付きたいという気持ちから、受講を決めました。

―ビズメイツの受講スタイルについて教えてください。

基本的には、業務の空き時間に社内で受講しています。朝、出社してから就業前に受けることもあれば、就業後の夜間に受けることもあります。この1年は、ビズメイツプログラムを中心に取り組んできました。このプログラムでは、実際の仕事で使う単語やフレーズが多く出てくるので、非常に助かっています。今、お気に入りのトレーナーが3、4人いて、その都度、タイミングの合う方のレッスンを受講しています。単語やフレーズが聞き取れなくて困っている時、こちらからお願いする前に、すぐに気づいてチャットボックスに打ち込んでくれるトレーナーの細やかな対応は、本当にありがたいです。

パソコンが手元にない時は、iPhoneなど別のデバイスを使って受講しています。「今日は、ちょっとテキストを見られない状況なのですが…」と説明すると、フリートークのレッスンに切り替えて、臨機応変に対応してくださるので、大変重宝しています。雑談が上手な方やボキャブラリーが豊富なトレーナーの方と話していると、やっぱり楽しいですね。日々、いろんな方と接する私たち営業の仕事も、柔軟な対応力や多様なボキャブラリーが求められるところがありますので、英語のみならず、多くを学ばせていただいています。週末も、なるべく空き時間を見つけて受講するようにしています。

―レッスンの効果についてはいかがですか?

最初の頃は緊張しましたが、今では、英語に対する苦手意識はほとんどなくなりました。お伝えしたとおり、営業チームは国内のお客様が相手なので、日常の業務で英語を使う機会は多くないのですが、ときどきアメリカ本社からのゲストを交えたミーティングを行うことがあります。その際、ちょっとした会話を交わせるようになったことや、英語で行われるプレゼンテーションに対して抵抗なく耳を傾け、大まかな内容を理解できるようになったことは、自分の中では進歩かなと思っています。これは、ビズメイツのプログラムに参加したおかげです。また、簡単な英語の資料なら、自分でも作れるようになりました。

こうした変化が起きたのは、ビズメイツのレッスンを習慣にできたことが大きかったと思います。「1ヶ月で受講率50%以上を達成しなければ、翌月からの受講はできなくなる」というのが、プログラムを継続する条件でしたし、「自分で手を挙げた以上は、やり遂げてくださいね」と言われていたので、当初は、どちらかと言うと、「それに向けてやらなければいけない」という気持ちでしたが、今では、自発的に空き時間を見つけて、受講することが習慣になっています。

―今後の目標について教えてください。

今後もし機会があれば、海外勤務を経験してみたいです。苦手意識のあった英語ですが、ビズメイツで学習するようになって、英語を話す楽しさや、異文化コミュニケーションの面白さを知った今なら、新しい環境でチャレンジすることにおいても、地に足をつけてしっかり取り組んでいけるのではないかと思っています。
余談になりますが、この4月からMBA取得を目指して、大学院にプライベートで通うことになりました。これは、Bizmatesでの学習を通して、自分が成長できることの楽しさを実感できたからこそ、挑戦してみようと思えたことです。Bizmatesに、MBAに、勉強の方が忙しくなりそうですが、仕事とうまく両立しながら、引き続き取り組んでいきたいと思っています。

―ありがとうございました。今後の辻岡様のご活躍をお祈り申し上げます。

企業情報

社名 アイロボットジャパン合同会社
本社 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-20 錦町トラッドスクエア5F
設立 2017年4月3日
資本金 非公開
従業員数 80名
事業内容 アイロボット製品の販売および保守整備
URL http://www.irobot-jp.com/
2019年3月末現在

その他の導入事例

Bizmatesを導入してくださった企業様を導入事例と共にご紹介いたします。

導入事例一覧はこちら

お電話でのお問い合わせ・ご相談は 03-3526-2659 (平日 10:00-18:00)

その他のお問い合わせは 
資料請求        お見積り

メルマガで最新情報をお届けします!
最新の他社事例・業界情報・アップデート情報を
お届けします。
アップデート情報, 業界情報, 最新の他社事例

いますぐ、メルマガ登録!