オンライン英会話TOP > ビジネス英会話の法人向け研修 > 東京海上日動火災保険様 英会話研修プログラム導入事例

ビズメイツ法人向けサービス トップページに戻る

東京海上日動火災保険
株式会社様

Bizmates自己啓発プラン導入事例

自社をテーマにしたオリジナル・プログラムを共同開発。生きたビジネス英会話を学べるレッスンで、グローバルなビジネス環境で活躍できる人材を育成するグルーバル化推進の意識付けも浸透。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は

03-3526-2659

平日 10:00-18:00

従来からの課題

グローバルなビジネス環境で活躍できる人材を
育成することが課題

―まず最初に、貴社における従来からの課題についてお聞かせいただけますか?

東京海上日動火災保険株式会社  大谷様 近年、欧米、中東、南米、アジアと当社海外保険事業が拡大しております。また日本国内のお客様のグローバル化も急速に進んできており、当社の従業員も“グローバル対応力”を強化していく必要があると考えています。日本国内外でグローバルに仕事をしていくためには、英語力だけでなく、自分とは異なるバックグラウンドを持つ相手の価値観を受け止める力やその方たちとの間に信頼関係を構築し、成果を挙げることができる力など、さまざまな力を身に付けることが求められると思います。今後、グローバル化の更なる進展を見据えた上で、そうした能力を兼ね備えた人材を計画的に育成していかなければならないと考えております。

個々の従業員のグローバル対応力を伸ばすことができれば、日本国内だけではなく、より広域においてお客様をサポートできると思いますし、海外グループ会社ともより連携を深め、お互いにノウハウを共有し、活用することもこれまで以上に増えると思います。このような取り組みが活発になることにより、ビジネスチャンスもおのずと増えることが想定できます。ひいては、そうした人材が多く育つことにより、会社全体としても成長できると思っています。ゆえに、現状をいかに改善・打破していくかということが当初からの課題であり、今も尽力して取り組んでいることのひとつです。
選考プロセス

ビズメイツの魅力は、ビジネス英語に特化したレッスン内容&
「いつでも、どこでも」の利便性&優れた講師力

―ビズメイツの法人プログラムを導入した経緯について教えてください。

東京海上日動火災保険株式会社  竹田様 英会話レッスンには、通学、通信講座などさまざまな受講形態がありますが、日本全国拠点を置く当社では、例えば通学型スクールの場合、立地の面から、受けたくても受けられない人がどうしても出てきますので、「どの地域にいても、どの従業員でも受けられる内容」であることを前提に検討していました。インターネットさえあれば、どこからでも受講できる「オンライン英会話」を選んだのはこの理由からです。

また、旅行で使える日常会話ではなく、コミュニケーション力や会話力を含めて、「ビジネスで使える英語力を身に付けること」を必須と考えていましたので、「ビジネス英会話」に特化したレッスンであることも導入に当たって重視している点でした。

数ある英会話スクールの中で、ビズメイツを選んだのは、先の「いつでも、どこでも受講可能」という利便性、ビジネスにフォーカスしたマンツーマンの英会話レッスンを提供していること、そして「講師レベルの高さ」からでした。
導入プラン

従業員には、楽しみながら、学習を続けてほしいから。
自社をテーマにしたオリジナル・プログラムを共同開発

―導入プランについてご説明いただけますか?

当社の従業員約17,000人を対象とし、希望者が専用ウェブサイトから申込み、受講するプランに決めました。従業員がより興味を持って、継続的に受講できるように、ビズメイツの担当者様にご相談し、自社のことをテーマに取り上げたオリジナルのプログラムを開発していただきました。例えば、当社の歴史や概要などについて、普段、話す機会は少ないですし、意外に知らないこともあるものです。「英語を学びながら、自社のことを知ることができる」という当社特有の内容を盛り込むことで、目的にも広がりができて、続けやすくなるのではないかと考えました。

また、全体のプログラムは、海外クライアントへの挨拶や自己紹介、電話での応対、自社のサービス内容について説明するといった、日常の業務に直結した英語スキルを習得できる内容にカスタマイズされています。同教材の理解を深めるためのオリジナル動画教材も合わせて導入し、従業員の自己学習をサポートしています。

もうひとつ、当社独自の取り組みとして、レベルチェックテストを設けました。対面式のレッスンなら実施されていることも多いと思いますが、オンラインで行っているケースは極めて稀少です。受講者は、実践的なビジネス英語力を育むべく、日々、ビジネス経験のある講師陣に学んでいます。このレッスンを継続的に受講することで、各々にどのような成果が得られているのか、どれだけ実力がついたのかを確認するための良い指標になると思い、学習の途中段階でのレベルチェックテストを導入するに至りました。

―プラン導入前には、貴社の本社でセミナーを開催させていただきましたね。

はい、1回あたり約50分のセミナーを3回実施し、各回70~80名が集まりました。
今後、さらに加速していくことが想定されるグローバル化に対応していくための意識を会社全体に浸透させることを目的に、より多くの従業員が、ビズメイツのレッスンに取り組むきっかけをつくるために行ったものです。
今後は、東京以外の主要都市でも同種のセミナーを開催し、従業員の意識を高めていきたいと考えています。また社内サイトで、当社専用に製作したビズメイツのオンライン英会話プログラムの紹介を行っており、受講希望者は、先の通り、専用ウェブサイトから各自受講の申し込みを行い、レッスン・スタートできるという工夫もしています。
導入後の効果

“生きたビジネス英会話”を学べるレッスンは受講者に好評。
グローバル化推進の意識付けも、浸透してきた

―プラン導入後の反響や効果はいかがですか?

全社へ向けてのインパクトは大きく、会社としての「グローバル化推進」の意識付けが、少しずつですが浸透してきていると感じています。さまざまな取り組みを行う中で、英語は自分に関係ないと思っていた従業員や、英語を勉強したいが有効な勉強手段がうまく見つけられないといった従業員、日常会話のレベルで止まっている英語力をビジネスで使えるレベルに引き上げたいと考えていた従業員などに対して、サポートできていると実感しています。

受講者の傾向としては、過去に英語学習に取り組んでいた、あるいは取り組もうとした経験のある人が、再び学びはじめるケースが多くみられます。「通学型のスクールは、費用面での負担も大きく、続けられない」「転勤先に今まで通っていたスクールの分校がないので、やむを得ず中断してしまった」といった人たちには、“いつでも、どこでも受講できる利便性”、“ビジネス英語にフォーカスしたレベル感”、また極めて手頃な費用の面でも、好評を得ています。

―海外赴任から戻られた駐在員の方も受講されているそうですね。

「使わないと英語でのコミュニケーション感覚が鈍ってくるから…」と海外赴任中に身に付けた英語力をブラッシュアップするために受講している従業員もいます。逆に、海外赴任中の従業員が受講しているケースもあります。また、子どもを寝かせたあとや家事の合間の時間を利用して受講している女性従業員などもいます。これらのケースを含めて、従業員一人ひとりのスタイルに合わせて受講できる開講時間や25分という短時間でレッスンを受けることができるという点も、気軽にはじめやすく、続けやすい一因になっているようです。

―ビズメイツのオンライン英会話レッスンの導入と共に、
 グローバル対応力をさらに強化していくために取り組まれていることや今後の展望があれば、お聞かせください。

2012年より、入社3年目の全国型従業員を対象に、2週間の海外研修派遣を実施しています。日常会話はできても、自分の部署や仕事の内容について英語で伝えるといったビジネス上のコミュニケーションや意思疎通が思うようにいかず、はがゆい想いを体験して帰国する従業員も少なくありません。しかし、この経験によって、いかにビジネスの場で通用する英語力を身に付けることが大切かということが、身を持って理解できるため、学習への意識が高まるケースも多くみられます。

また、入社11年目従業員を対象とした「次世代リーダー養成研修」では2日間、終日、英語だけで行う研修を導入しています。“話せる、話せない”という現状の英語レベルに関係なく、任意での参加を呼びかけています。先の海外派遣研修と同じように、参加した多くの参加者にとって、英語力の必要性を強く認識する機会になったようです。

先にも申し上げた通り、今後は、東京以外でも、地区ごとのセミナーを開催することと、“グローバル”をテーマに海外駐在経験者をインタビューし、社内放送で発信していくことなどを予定しています。現在、海外に人材を送り出すと共に、海外のスタッフに来日してもらうという逆のケースも少しずつ増えてきています。仕事に活かせるノウハウをお互いが共有し合い、グループの力を高めていくための非常に良い交流だと思っています。日本側の従業員としては、おのずと英語でコミュニケーションを取る必要も出てきますので、「これまで英語を学んだことがない」という従業員であっても、「学んでみよう」という意識を持つひとつの大きなきっかけになるのではないかと考えています。

これからも、グローバルマインドの醸成やグローバルに活躍できる人材の育成に注力していきたいと考えています。ビズメイツのプログラムを積極的に活用することで、国内外を問わず、より多くの従業員がグローバルなビジネス環境で活躍してほしいと考えています。

社員さまの声

―ビズメイツを始めた経緯について教えてください。

東京海上日動火災保険株式会社  山本様 中学3年の時、ワシントンに交換留学に行きました。期間は1ヶ月弱ほどでしたが、この経験をきっかけに、英語に興味を持つようになりました。でも実際のところ、話せるようになるための具体的な取り組みは何もしないまま、時は流れて…。気づけば、社会人になっていたんですね。それからは、TOEIC対策の問題集と向き合うばかりの学習をしていました。

TOEICテストでは、毎回、リスニングのスコアが低く、「このままだと、実践では通用しないだろうな…」と感じていたところ、入社3年目社員を対象とした短期海外派遣研修の募集があり、応募しました。これは、当社が実施しているグローバル人材育成プログラムのひとつで、実際に海外に赴き、異文化、多様性を肌で感じ、理解するという体験型の研修です。

この研修に参加することが決まった際、内心、「困ったな。今こそ、ビジネスの場で通じる英会話力を身につけないと」という想いを抱きました。継続的にビジネス英会話を学習する習慣を身に付けて、着実に力を伸ばしたかったこともあり、会社が導入していたビズメイツさんのオンライン英会話を申込みました。

―レッスンはいかがですか?

1回25分のレッスンで講師の方とマンツーマンで、しかも英語で話し続けるということは、「相手の話を集中して聞き取り、自分の伝えたいことを相手に分かりやすく伝える」という対話を繰り返すシチュエーションが必然的に設定されているということですよね? 当然ながら、レッスン中は、集中力が必要ですし、相手に分かりやすく伝えるためにあくせくすることも多々ありますが、繰り返し受講するたびに、少しずつ実践力が付いてくるのを肌身で実感しています。

ビズメイツさんの講師の方たちは、細やかに、丁寧に指導してくださるので、いつも安心して受講しています。当社と共同開発していただいたオリジナルテキストには、「東京海上日動」や「保険会社」など、当社の仕事で利用しそうな特有の専門用語が出てきます。今後、海外のクライアントと打ち合わせをする時や海外で仕事をする時などに使えそうな実務に則した内容が満載で、とても役立っています。少しずつではありますが、最近、英語で話すことにも慣れてきましたし、自社のことについても、講師の方に分かりやすく話せるようになってきたのではないかと実感しています。

当初、初級レベルからスタートしましたが、おかげさまで徐々にレベルアップすることができ、現在は中級レベルで「25分の1レッスンで、1テーマについて話す」という内容のカリキュラムを受講しています。平日の夜は、仕事が終わって帰宅した後、レッスンを受けています。文法・語彙、あるいはイディオムなど、言語としての英語を学ぶ上で必要なことだけでなく、話すスピードや、ビジネスの場でより効果的に話すための抑揚の付け方など、リアルに生かせるコツを毎回、講師の方たちはご指導してくださいます。うまく話せた時は「褒める」、間違えた時は、「分かりやすく訂正する」という明確なボーダーラインがあることも、私にとっては嬉しいところです。

―今後、海外でも活躍できるチャンスがあるかもしれませんね。

今後、益々海外保険事業が拡大していくことが予想され、海外で働くチャンスがあるのではないかと考えています。現地法人の責任者として、ローカルスタッフの方々と共に働いたり、海外クライアントへの営業活動を行うなど、ビジネスの場で英語で意思疎通できるだけでなく、周囲を巻き込み、ビジネスを推進していけるようなコミュニケーション力を身につけていければ、理想的だと考えています。

早朝、深夜といった“時間”、日本国内の都心や地方、あるいは海外という“場所”にも関係なく、「いつでもどこでもレッスンが受けられる」という利便性は、継続的に受講する上で最適な学習環境だと思います。平日の夜に予定があるときを除いては「レッスンを必ず受講する」と自分の中で決まりごとをつくり、ビジネス英語を習得できる習慣をさらに生活の中に根付かせて、着実に実力をつけていきたいと思っています。

企業情報

社名
東京海上日動火災保険株式会社
本社
東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
設立
1879年(明治12年)8月
資本金
1,019億円
従業員数
17,284名
事業内容
損害保険業
URL
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

2014年3月31日現在

その他の導入事例

Bizmatesを導入してくださった企業様を導入事例と共にご紹介いたします。

インクリメントP
株式会社様

Bizmates法人契約プラン導入事例

グローバル人材育成、英語教育への取り組みを本格的に始動する中、通学型レッスンから切り替えた、担当者が実感したBizmatesの3つの確かさ。受講者からは、リアルな成果を実感する声が多数。

法人契約プラン

SMBC日興証券
株式会社様

Bizmates法人契約プラン導入事例

コストを抑えた、クオリティの高いマンツーマン・レッスンの英語研修が実現。目的意識を持って研修に取り組むことの重要性から、研修前に行う集合セミナーで研修をより効果的なものに。

法人契約プラン

株式会社ストラタシス
ジャパン様

Bizmates自己啓発プラン導入事例

英語研修において直面するすべての課題に応える、導入の決め手となった3つの理由。確実に結果を出すためのハードルの高い受講者の参加条件。導入1年で実践力の測定レベルの段階へ。

自己啓発プラン

日本光電工業
株式会社様

Bizmates自己啓発プラン導入事例

10年先を見据えたグローバル人財育成へ。TOEIC 650点以上の対象者の英語学習を強化。 受講者の大半が難なく基準をクリアし、月20回のレッスンを受講する社員が出現する高評価。

自己啓発プラン

お気軽にお問い合わせください!

研修ご担当者様へ無料体験レッスンをご提供しています。

お電話でのお問い合わせ・ご相談は

03-3526-2659

平日 10:00-18:00

メルマガで最新情報をお届けします!

最新の他社事例・業界情報・アップデート情報をお届けします。

いますぐ、メルマガ登録!