オンライン英会話Bizmatesについて
法人向けサービス
お役立ちサービス
サポート

お客様の声

ビズメイツのレッスンで1日が始まる生活を続けて、10ヶ月。
「受け答えのスピードが早くなり、自分の話したい内容がより話せるようになった」

加藤 徳久様
英語学習のきっかけ
改めて英語を学習しようと思ったきっかけは、
「現在の英語力を維持し、できるなら、さらに伸ばしていきたい」という気持ち

―これまでの英語学習の経験と、英語を学習しようと思ったきっかけについてお聞かせください。

英語学習は、20代の頃から、細く長く続けてきました。1日何時間もかけて学習するわけではないのですが、通勤中に、ポッドキャストや英語本のCD音声を聞いたり、英語のテレビ番組を録画して見るなど、30分、1時間程度の時間を使って、英語に触れることは継続してきました。大学時代には、バンクーバーに短期留学したことがあるほか、通学型の英会話スクールや、英語スピーチのスキルを学ぶ学校に通っていた時期もあります。

現在は、外資系ソフトウェアベンダーで営業職に従事しています。毎日英語で話しているわけではないのですが、本社から送られてくる資料なども英語で書かれていますし、上司の上司がインド人ということもあって、英語が必要な環境で働いています。例えば、会議にその方が参加されたとたん、他の参加者が全員日本人であっても、一瞬にして英語に切り替わるんですね。当然ながら、話についていかなくてはなりませんし、自分の意見を述べたり、仕事の内容をきちんと説明できなければ、業務に支障をきたすことになります。やはり話せた方が望ましい状況にあるので、まずは現状の英語力を維持し、できるなら、さらに伸ばしていきたいと思い、改めて学習しようと思いました。

ビスメイツを選んだ理由
「コンテンツが面白い」「すごくいいよ」
周囲からの高い評判を聞いて、試してみることに。

―ビズメイツを受講した理由について教えてください。

現在、勤めている会社が、ビズメイツと法人契約していて、受講している社員が多くいます。希望者は、会社からのサポートを受けられるということでしたが、会社が設定した基準よりも若干レベルが高かったため、期待に反して、私はサポートを受けることができなかったんですね。人事部長に話を聞くと、「私もビズメイツを受講しているが、すごくいいよ」とおっしゃっていましたし、受講中の同僚からも、「コンテンツが面白い!」など、評判を聞いていたので、個人でやってみようと思い、無料体験レッスンを受けてみることにしました。コロナの影響で在宅勤務に移行した2020年7月から受講をスタートし、現在に至ります。

―ビズメイツの印象はいかがでしたか?

レベルチェックの結果は、自分が思っていたよりも少し下のランクでしたが、英語を学習することが一番の目的でしたので、レベルはあまり気にならなかったですね。
英会話学習というと、ネイティブ講師かノンネイティブ講師かということを気にされる方もいるようですが、私は、講師がネイティブであることに対するこだわりはありませんでした。実際、仕事で関わる方は、アメリカ在住のアメリカ人だけでなく、ヨーロッパの方もいれば、インドや中国など、さまざまなので、逆に言うと、クセのある英語を聞き取れない方が困ってしまうかもしれません。現実問題として、どんな英語でも聞き取れる力をつける必要があると思っています。

受講スタイル
Video Lessonを視聴して、レッスンを受けることから、1日が始まる。
継続のコツは、「毎日、決まった時間に受講すること」

―ビズメイツのレッスンは、どのように受講していますか?

毎朝8時半から受講しています。平日は、9時から在宅勤務が始まるので、その前にレッスンを受けることを習慣にしています。休日は、朝10時半〜11時に受講することが多いですね。もうひとつ、ルーティンにしているのが、Video Lessonの視聴です。レッスンが始まる前の30分間、小型のトランポリンで足踏みしながら、その日学習する内容を動画で見ています。「自分だったら、こんな風に答えるかな?」と考えながら、見終えた直後にレッスンを受けるという流れから1日が始まります。パソコンの前に座って視聴すると、ネットサーフィンしたり、つい違うことを考えたりしてしまいますが、足踏みしながらだと、他を触れないので、動画の内容に意識を集中できます。復習としては、レッスンが終わったあとに、チャットボックスにトレーナーの方が打ち込んでくださった内容を見直すようにしています。

―お気に入りのプログラムやトレーナーについてお聞かせください。

ビズメイツを始めた当初は、「ITマネージャー」など、Other Programsのレッスンをよく受講していました。現在は、Bizmates Programをメインに、必要に応じてAssist Lessonも受講しています。

つい先日のAssist Lessonでは、インタビューの予行演習を行いました。今年から、アメリカ本社で、各国のセールスで参考になるような案件を選び、サクセスストーリーとして動画で紹介する企画が始まったのですが、幸運なことに、自身にも声を掛けていただきました。

本社の担当者とのインタビューに臨むにあたって、まずは、自分が話そうと思っている内容をトレーナーの方と共有しました。計3回のAssist Lessonを通して、話したい内容が分かりやすく構成されているかどうかを確認できたので良かったですね。「こんな風に伝えれば、もっと伝わりやすくなると思いますよ」とアドバイスをいただいたり、「私だったら、こんな質問をするかもしれない」というトレーナーの方の意見に対する答えを用意してみるなど、しっかり準備を行いました。

そのおかげで、インタビューはうまくいきました。30分間のインタビューでしたが、日々、25分間のレッスン受講に慣れていることもあって、滞りなく進めることができました。本番の動画撮影はこれからですが、他国の方たちもご覧になるので、Assist Lessonを活用して、準備万端で臨みたいと思っています。

現在、お気に入りのトレーナーは、3〜4人います。中でも、無料体験レッスンでお世話になった方のレッスンは、一番多く受講していますね。朗らかな方で、いつも楽しく話せます。いろんな方とお話したいので、新しいトレーナーの方を予約することもあります。毎日、大変楽しく受講させていただいています。

―レッスン受講を継続させるためのコツとは何でしょうか?

先ほどもお伝えしたとおり、平日は、決まった時間にレッスンを受けることを習慣にしています。時間が取れる時に受講しようとすると、毎日はできなくなると思うので、「仕事が始まる前の25分間は、ビズメイツ」と決めて、必ず受講するようにしています。

レッスンの効果
「受け答えのスピードが早くなり、自分の話したい内容がより話せるようになった」

―レッスンの効果についてはいかがですか?

自分が話したい内容をより話せるようになってきたという実感はあります。もちろん英語は母国語ではないので、パーフェクトではないのですが、以前は60%くらいしか話せていなかったのが、今は70%くらい話せるようになっていると思います。

前述したインド人の上司の上司がミーティングに入ってこられて、とっさに質問される時があるのですが、答えを返すスピードは早くなった気がします。言い換えれば、頭で考えてから、英語で発話するまでの時間が徐々に短くなってきているように思います。ビズメイツのプログラムでは、「質問に対して、自分の意見や考えを述べる」練習がたくさんありますが、その成果が、実践に活かされてきたのかなと思います。

―ビズメイツを始めてから、英語学習に対する考え方に変化はありましたか?

日々、多様なビジネス経験を持つトレーナーの方たちと話せるのは、すごくいい経験になっています。フィリピン人のトレーナーの中には、アメリカ英語を話す方、イギリス英語を話す方など、さまざまな英語を話す方がいらっしゃいます。仕事で外国人との関わりはありますが、やりとりする相手がある程度限られてくることもあるので、私にとっては、レッスンを通して、いろんな方と話し、いろんな英語に触れられるのも、ビズメイツの魅力のひとつです。

今後の目標
近い将来、どんな道を選ぶとしても、対応できるように。
「これからも、ビズメイツで英語力を磨いていきたい」

―今後、英語を使ってどのようなことに挑戦していきたいですか?

外資系の仕事に従事しているかぎりは、英語力のレベルを維持し、願わくは、より向上させていきたいと思っています。日本のオフィスにも外国人社員が数名いますが、基本的には日本語でやりとりを行っています。ただ、冒頭でも触れたように、英語しか分からない人がひとりでも加わった瞬間に、公用語は英語になりますし、海外拠点の人と話す時も、英語でのコミュニケーションが必要です。今後、営業のエキスパートとしてキャリアを築いていく道もあれば、マネージャー職を目指す道もありますが、どちらにしても、英語でコミュニケーションを取る機会があるので、しっかりと意思疎通できるよう、今後もビズメイツで学習を続けていきたいと思っています。

―最後に、ビズメイツの受講を検討されている方にメッセージをお願いします。

ビズメイツで英語を学習される方には、Bizmates Programと連動したVideo Lessonの活用を、ぜひおすすめしたいですね。短時間で手軽に視聴できて、分かりやすいコンテンツは素晴らしいと思います。Video Lessonで予習したあとに、25分のレッスンを受けるという一連の流れで学習すれば、効率良く英語を学ぶことができますし、内容的にもコンパクトにまとめられているので、取り組みやすいのではないかと思います。

英語学習に長く取り組んできた者として、ひとつお伝えできることがあるとすれば、1日1時間程度は、英語学習に充てる時間をつくることが大切だと思います。それくらいの時間を確保するつもりで取り組むことと、あとはやはりレッスンを継続していくことが、上達への近道ではないかなと思います。

―ありがとうございました。今後の加藤様のご活躍をお祈り申し上げます。

Bizmates Coaching Plans

英語初心者から上級者まで
さぁ、Bizmatesをはじめよう。

まずは無料体験