お客様の声

転職対策のためのレジュメ作りや、面接対策で大変助かりました。転職した後も資料作成や、ビジネス英語の言い回しを学ぶことができ役立ちました。

永井 伸枝様
英語学習のきっかけ
外資系企業への転職準備として、役員面接で通用する英会話力を磨きたい

―これまでの英語学習の経験と、英語を学習しようと思ったきっかけについてお聞かせください。

かれこれ20年ほど前のことですが、小学校の夏休みを利用して、アメリカに遊びに行きました。航空機メーカーに出向していた叔父のもとを訪ねたのですが、社宅なのに、ゲストルームにもシャワーがついていたりして、「英語が話せると、こんな素敵な家に住めるんだ!」と純粋に驚きました。それがきっかけになって、中学・高校時代は、英語を真面目に勉強していましたね。成績も良かったですし、何より英語が好きになりました。英会話スクールに通った経験はないのですが、大学時代も、ラジオ英語講座などを活用して、自主的に学習していました。

その後、新卒で、自動車部品の企画・開発・設計を行う会社に就職しましたが、8年ほど経った頃、得意な英語を活かして、同じ業界で外資系企業に転職したいと思い始めました。採用面接では、外国人役員との英語面接が必須でしたので、改めて英会話を学習しようと思った次第です。

―当初、英会話のレベルはどのくらいでしたか?

TOEICのスコアでいうと、800点くらいでした。前職では、自動車部品のデザインに従事してきたのですが、それほど言葉に頼らなくても、極論、図面と納期さえあれば、業務は滞りなく行える状況でしたので、英語を話すのは、あまり堪能ではなかったです。

ビスメイツを選んだ理由
決め手は、「ビジネス英語に特化したプログラム」&「ビジネス領域に精通したプロのトレーナー」

―ビズメイツを受講した理由について教えてください。

外資系企業に転職するにあたって、外国人との面接対応の練習ができるようなオンライン英会話を探していました。通学型スクールでも良かったのですが、当時、私が住んでいたのは地方都市で、近場で通えそうなスクールは、ほとんど見当たりませんでした。

ビジネス英語を学べるオンライン英会話に的を絞って、インターネットで検索する中で、ビズメイツの存在を知りました。「物は試し」と思い、無料体験レッスンを受けてみたら、すごく楽しかったんですね。ビジネス英語に特化したプログラムと、トレーナーの方が全員、ビジネス経験者という点に魅力を感じて、迷うことなく入会しました。

―ビズメイツの印象はいかがでしたか?

アセスメントの結果は、予想していたよりも少し下のレベルでしたが、そこから始めた方が、結果的には、スムーズに学習を進められると思ったので、トレーナーの方からいただいた評価には納得でした。

講師の方が、ネイティブかノンネイティブかということは、全く気にならなかったです。転職先は、自動車のシート素材の製造を行っている会社で、中国やタイなど、アジアの工場の方たちとのやりとりを頻繁に行います。皆さんそれぞれ、その国ならではのクセのある英語を話されますので、逆に、ネイティブの発音にこだわりすぎると、実際のビジネスの現場で、相手の言うことをきちんと聞き取れないということが起きてきます。「生きた英語を聞き取る力」を身につけるという意味でも、ビズメイツを選んで良かったと思っています。

受講スタイル
英語のレジュメやポートフォリオの文章添削など、
転職に向けて、Assist Lessonをフル活用

―ビズメイツのレッスンは、どのように受講していますか?

基本的には、毎日、出社前の朝の時間帯に受講しています。その日のレッスンが終わると、すぐに次の予約を入れるという感じで続けてきました。週末は、夕方や夜間の時間帯に受けることが多いですね。お気に入りのトレーナーの予約状況と照らし合わせながら、その日の自分の予定とマッチする方のレッスンを予約するようにしています。

―お気に入りのプログラムやトレーナーについてお聞かせください。

Bizmates ProgramとAssist Lessonをメインで受講しています。転職にあたっては、Assist Lessonを活用しました。例えば、これまでデザインを手掛けてきたカーアクセサリー製品の作品集を作った時、そこに記載する英語の文言を自分で翻訳しました。それをトレーナーの方に見ていただき、文法的におかしなところはないかなど、細かく添削していただきました。その他、英語のレジュメを添削していただくなど、その時々の自分の目的に合わせて、活用してきました。

予習・復習は、それぞれ10〜15分程度ですが、レッスンの前後になるべく行うようにしています。Bizmates Programは、その日学習する教材に、ひと通り目を通し、質問事項のパートを見て、「私なら、こんな感じで答えるかな?」と考えを巡らせたりしています。

Assist Lessonは、ビジネス上で、直近の課題がある時に受けているので、先ほど触れたような作品集やレジュメなどのたたき台を作ること自体が予習になっています。復習としては、「あの時、トレーナーの方に、こんな風に伝えれば良かった」と思う文章や表現があると、書き起こして、テキストファイルにまとめたりしています。単語帳を作って、繰り返し練習するといったことはしていませんが、たとえ短い時間であっても、予習・復習をやるとやらないでは、やはり学習の成果は違ってくるのではないかと思います。

レッスンの効果
英語でのコミュニケーションが、より円滑に。
「ビズメイツを始めてから、話の内容を予測する習慣が身につきました」

―レッスンの効果についてはいかがですか?

転職に向けた準備として、ビズメイツを始めていて、本当に良かったです。直属の上司は日本人ですが、同じチーム内には、中国人のメンバーが数人いるので、会議やメール、チャットでのやりとりは、すべて英語で行います。また、シート素材の試作品を作る時などは、先ほどもお伝えしたように、中国やタイの工場の方たちとの協働になりますので、試作に関する資料もすべて英語で作成します。その他、海外工場への出張や海外拠点のスタッフが来日する際も、英語が共通言語となります。

実践の場で、特に役立っているのが、Bizmates Programで学んだコミュニケーションスキルのひとつです。分からない箇所や、聞き逃したことがあった時に、疑問文に変えて、相手に投げかけるというものなのですが、その場ですぐに聞き返せるので、より円滑なコミュニケーションが取れるようになりました。また、ビジネスには欠かせない、万や億といった単位の大きい数字も教材の中で学んできたので、会社の役員の話で咄嗟に出てきても、聞き取れるようになりました。

Bizmates Programでは、「あなたの会社の競合他社は、どこですか?」「競合他社に対する自社の強みは、何ですか?」といった質問がよく出てくるのですが、ビジネス英語を学びながら、仕事や自分のキャリアについて見直すことができるのも、ビズメイツならではの利点だと思います。

あとは、話の内容を予測する習慣が身につきました。例えば、会議なら、「おそらく今回は、こんな方向に話が展開していくだろう」と予測して、会話の中で出てくる可能性のある単語を事前に調べておくなど、できるかぎりの準備をして臨んできました。

ちなみに、ビズメイツを始めてから3ヶ月ほどで、TOEICで900点台を取ることができました。この時は、特にテスト対策をしたわけではなく、ビズメイツのレッスンを毎日受講していたのみです。その後、転職してからは、955点までスコアが伸びました。この時は、少し対策を行いましたが、リスニングで満点を取れたのは、やはり日々の学習成果ではないかと思っています。

―ビズメイツを始めてから、英語学習に対する考え方に変化はありましたか?

グローバルな環境において、円滑なコミュニケーションを図るためには、ただ単に、語学としての英語を学ぶのではなく、その言葉を使う人の背景にある文化を知り、異なる文化や価値観を受け入れるマインドといった素養を身につけることが大切だと実感しています。

また、ある日のレッスンで、非常に勉強になったことがありました。病気を患って、休職している人がいるという話をトレーナーの方に伝えたのですが、事実をそのまま並べて言うと、やはりネガティブに聞こえてしまいます。「同じ内容でも、伝え方次第で、相手の受け止め方が大きく変わってくるので、もっと前向きに、こんな風に伝えるといいですよ」とトレーナーの方に教えていただいた時は、「なるほど!」と腑に落ちましたね。

今後の目標
海外アプリのローカライズや翻訳に携わってみたい

―今後、英語を使ってどのようなことに挑戦していきたいですか?

実は、今年4月から、地方の大学の医学部に入学しました。「なぜ、自動車業界から医学の世界に?」と不思議に思われるかもしれません。その理由をお話すると、英語学習とは話が反れてしまうので、割愛させていただきますが、いろいろと考えた末、もう一度、大学で学ぶことを決めました。現在は、在宅でライターや翻訳に従事しながら、学業に専念しています。今、医療の世界では、精神科の患者さんの診断や治療を行えるアプリが出てきているのですが、その多くは海外のものなので、ゆくゆくは、日本でのローカライズや翻訳に携われるといいなと思っています。

―最後に、ビズメイツの受講を検討されている方にメッセージをお願いします。

単に英語を学ぶだけではなく、プロフェッショナルとしてのビジネスに対する態度や考え方、異文化などを包括的に学べるのが、ビズメイツの魅力だと思います。仮に、学生時代に英語が苦手で、成績が良くなかったとしても、気にすることはないと思います。日々、学習を積み重ねていけば、必ず仕事で役に立つと思うので、ぜひ頑張ってください。

―ありがとうございました。今後の永井様のご活躍をお祈り申し上げます。

英語初心者から上級者まで
さぁ、Bizmatesをはじめよう。

まずは無料体験