フィリピン人が英語を話せるのはなぜ?フィリピン人英語講師の特徴も解説

フィリピン人は、第一言語ではないものの英語を話せる人が多いイメージがありませんか。

どうやって英語を習得したのか気になりますよね。

フィリピン人が英語が堪能な理由は、歴史的背景や英語教育など多くの理由があります。

本記事では、フィリピン人が英語を話せる理由やフィリピンで英語が公用語になっている理由などについて解説します。

フィリピン人の英語講師の特徴についてもまとめたので、オンライン英会話で講師を選ぶときの参考にしてください。

★オンライン英会話継続のコツはこちら

>>オンライン英会話を毎日受けた成功事例と3つのコツとは?

なお、オンライン英会話をうまく続けられるか、英語が話せるようになるかと不安を感じている方には、英語のコーチングサービスもオススメです。

プロのコンサルタントがあなたの課題や目標に合わせて学習計画をプランニングし、進捗を追いながらアドバイスするので、確実にステップアップが可能ですよ。

最短距離で英語力を伸ばしたい方は、ビジネス英語特化のBizmates Coachingをぜひご検討ください。

>>Bizmates Coaching(ビズメイツ コーチング)

magazine_bnr_short

フィリピン人が英語を話せるのはなぜ?

家族写真

フィリピンの人口は約1億人ですが、そのうちの9割以上が英語を話せると言われています。

※出典:フィリピンは世界3位の英語公用国 | フィリピン留学ならヒューマンアカデミー (athuman.com)

また、実用レベルで英語を話せる人が多いです。

その理由は以下の通りです。

  • 小学校から大学までの英語教育
  • 英語を使用する実践の場の多さ
  • 英語に近いタガログ語
  • 英語スキルで就職の幅が広がる

小学校から大学までの英語教育

多くのフィリピン人は、小学校から大学まで、国語・歴史以外の授業はすべて英語で受けています。

幼いころから多くの英語を聞くので、英語のリズムやイントネーションに慣れるのも速いです。

また、英語を学ぶと同時に「英語で学ぶ」を実践しているので、急激に英語力が伸びるのも納得ですよね。

フィリピン人が英語を話せる背景には、このように幼少期からの英語教育が大きく影響しているのです。

英語を使用する実践の場の多さ

フィリピンでは、以下のような場面で英語が使われています。

  • 学校の授業
  • テレビや映画
  • 家での会話
  • 店の看板や標識

ほぼ、英語が公用語になっていることがわかりますね。

幼いころから、英語を話す・使う実践の場が多く存在しますから、自然と英語が身につくのです。

英語に近いタガログ語

フィリピンで話されている母国語「タガログ語」には、英単語がそのまま使われていることが多いです。

また、タガログ語の文字はABCのアルファベットであり、英語との親和性の高さが伺えます。

母国語が英語に近いことから、英語を習得するのもそれほど苦労しないのかもしれません。

英語スキルで就職の幅が広がる

フィリピン人の多くが英語を学ぶことに積極的です。

なぜなら、フィリピンでは、英語が話せる=就職の選択肢が広がる方程式が成り立っているからです。

買い手市場のフィリピンでは、英語が堪能であれば、英語教師やコールセンターなど国内で仕事を得やすくなります。

また、IT系の職種であれば国外に仕事をもらいに行くことも可能です。

英語が話せるというスキルは、就職に有利となり貧困から脱することも可能にしてくれるのです。

すでに英語を話せる人が、さらに高いレベルを目指して英語を勉強していくわけですから、フィリピン人英語講師は英語力が高いと言えそうですね。

フィリピンで英語がなぜ多用されているのか?

会議風景

フィリピンで広く英語が使われている理由は以下の通りです。

  • フィリピンの歴史は英語と関係が深い
  • 英語が意思疎通する上でよく使われる
  • 文化面で米国から強い影響を受けている

順番に見ていきましょう。

フィリピンの歴史は英語と関係が深い

1898年から約40年間、フィリピンはアメリカの植民地下にありました。

植民地時代に、小学校から大学までの授業はすべて英語で行われるようになった経緯もあり、英語との関係性を深めていったようです。

植民地時代が終わり、1974年にフィリピンは独立しました。

教育省令25号「フィリピン語と英語による二言語併用教育政策」が発令され、フィリピンの公用語の1つとしてそのまま英語が加わることになったのです。

フィリピン人が英語堪能な理由は、歴史と深い関係があったのですね。

英語が意思疎通する上でよく使われる

フィリピンは多くの島が集合してできており、約80の言語があると言われています。

異なる島の人が会話をする際、意思疎通する上で共通の言語が必要ですよね。

それが英語です。

厳密にはタガログ語がフィリピンの公用語と言われていますが、アメリカの植民地下時代に英語が普及したことから、実質、英語が公用語として用いられています。

フィリピン人にとって、英語は他の地域のフィリピン人と話す時に重要な言語です。

公の場やビジネスシーンでは、主に英語を使用することが多いです。

文化面で米国から強い影響を受けている

英語だけでなく、フィリピンは文化面でもアメリカから強い影響を受けています。

たとえば、フィリピン人はファストフードが大好きで、かなり頻繁に利用するようです。

また、ポットラック(持ちよりパーティー)も人気のパーティースタイルです。

アメリカ文化の影響を強く受けているため、フィリピン人は自国の伝統文化への愛着があまりないとも言われています。

フィリピン人の英語講師の特徴は?

女性とPC

フィリピン人の英語講師の特徴は以下の通りです。

  • 英語を勉強する人の気持ちがわかる
  • フレンドリーなのでレッスンを受けるのが楽しい

順番に見ていきましょう。

英語を勉強する人の気持ちがわかる

フィリピン人講師も英語ネイティブではなく、第二言語として英語を習得してきた人達です。

ですから、英語を学ぶ上でつまずきやすいポイントや学習のコツなどを知っています。

自身の学習経験と照らし合わせて、生徒の英語を上達させる方法やアドバイスをくれるでしょう。

英語を勉強する人の気持ちがわかるからこそ、教え方がうまいのですね。

フレンドリーなのでレッスンを受けるのが楽しい

フィリピン人の国民性は明るく、初対面の人とでも、あまり抵抗感なく話せる人が多いです。

もちろん全員がそうとは言えませんが、英語講師の場合だと、フィリピン人ならではの明るい国民性が出ている人が多いと言えるでしょう。

また、フィリピン人の大多数はクリスチャン(キリスト教)なので「人を助けたい」という気持ちが元々備わっている人が多いです。

そのため、先生はもちろん、看護師や接客業に就く人が多い傾向にあります。

フレンドリーで親切な講師のレッスンで、楽しみながら効率よく英語が学べそうです。

英語学習の目的に合わせて講師を選ぼう

ノートを書く男性

英語が話せるようになりたいなら、実際に英語を話せるオンライン英会話で練習するのが1番です。

オンライン英会話は目的によって選ぶと効率よく英会話力を身につけられます。

たとえばビジネス英語を身につけたいなら、ビジネス経験豊富な講師から学ぶのがオススメ。

ビズメイツの講師は全員、英語でのビジネス経験が豊富です。

英語講師

とくにビズメイツのフィリピン人講師は、以下のような特徴を持っています。

  • 海外での就職経験がある人
  • さまざまな業種の海外企業で働いた経験のある人
  • 海外に住んだ経験のある人

中には、アメリカの大手通信会社で働いた経験がある講師や、世界大手の保険会社で働いていた講師も在籍。

ただ英語ができるだけでなく、グローバルマインドが備わっている講師ばかりです。

「いろいろな国の人と関わる仕事をしている」「グローバルに通用するビジネス英語を身につけたい」方にピッタリのオンライン英会話サービスです。

もちろん、初心者の方にも丁寧に指導しますのでご安心ください。

ビズメイツの講師(トレーナー)の詳細はこちら
一流のトレーナー陣|オンラインビジネス英会話ビズメイツ (bizmates.jp)

フィリピンと英語に関するよくある質問

ディスコースマーカーに関するよくある質問

フィリピンと英語に関するよくある質問は以下の通りです。

  • フィリピンの英語学校が日本人に人気なのはなぜ?
  • フィリピン人の英語力のレベルは?発音は綺麗?
  • フィリピン人でも英語を話せない人はいる?

順番に見ていきましょう。

フィリピンの英語学校が日本人に人気なのはなぜ?

英語を学ぶため、留学先としてフィリピンを選ぶ日本人は多いです。

理由の1つに、フィリピンは欧米と比べて低コストで英語の授業が受けられることが挙げられます。

また、授業のクオリティも高いと評判です。

コストパフォーマンスよく英語を身につけたい日本人にとっては、最適な場所(学校)だと言えるでしょう。

フィリピン人の英語力のレベルは?発音は綺麗?

フィリピンの英語と聞くと、訛りが強い印象を持たれる方や英語レベルに不安を抱く人もいるかもしれません。

しかし、英語の訓練をたくさん受けた人や、幼少期から英語中心の生活をしてきた人々は、ネイティブと同じくらい綺麗な英語を話す人も多くいます。

また、英語人口の約8割が非ネイティブであることを考えると、訛りをそこまで気にする必要はないでしょう。

むしろ、いろいろな国の英語に慣れておくことのほうが重要だと言えます。

参考までに、ビズメイツのトレーナーの音声も聞いてみてください。

女性講師

フィリピン人でも英語を話せない人はいる?

貧困家庭で学校に行けていない子どもや、充分な英語教育を受けられなかった人は、あまり英語を話せない傾向にあります。

ただ、フィリピンの人口は約1億人、そのうち9割が公用語として英語を使用していますから、ほとんどの人が英語が話せるようです。

まとめ フィリピンに英語話者が多いのは日常的に英語に触れているから

PCと女性

フィリピンは歴史的背景や幼少期からの英語教育のおかげで、国民の約9割が英語を話せます。

また、英語が公用語になっていることから、日常生活で使う機会も多いので自然と英語を習得できる仕組みがあります。

もし、フィリピン人講師とフリートークができる機会があれば、「どうやって英語を身に付けたのか?」や、「フィリピンと日本の英語教育の違い」など改めて話してみると面白いですよ。

日本でも、自分から英語環境を作れば英語を習得することは可能です。

周りに英語環境がない人は、オンライン英会話をはじめてみてはいかがでしょうか。

ビズメイツなら1レッスン320円からの続けやすい価格で毎日英語が話せます。

とくにビジネス英語に特化しているので、仕事で英語を使う方や、英語を武器にキャリアアップしてきたい人にはピッタリのオンライン英会話サービスです。

なお、英語力に自信がなく基礎の基礎から学び直したい方や、オンライン英会話を続けられるか、英語を話せるようになるか不安を感じている方もいると思います。

そういった方々には、英語のコーチングサービスがオススメです。

プロのコンサルタントがあなたの課題や目標に合わせて学習計画をプランニングし、常に伴走しながらアドバイスするので、確実にステップアップが可能ですよ。

最短距離で英語力を伸ばしたい方は、Bizmates Coachingをぜひご検討ください。

>>Bizmates Coaching(ビズメイツ コーチング)

magazine_bnr_short

  • オンライン英会話

Share

オススメのオンライン英会話の記事