ちょっとカッコよく聞こえる!社会人のためのオフィス英語40選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
cool

グローバル化が進み、外資系に勤める社会人の方もずいぶん増えました。オフィスに外国人がいる方も多いのではないでしょうか?オフィス内で英語を使えるチャンスがあるのでしたら、

「英語は話せないけど、外国人にカッコよく挨拶してみたい!」
「勇気を出して、英語で話しかけたい!」

とお考えの方も多いでしょう。ならば、まずはカンタンな挨拶だけでも英語を使ってみるのはいかがでしょうか?

挨拶だけでも日常的に英語を使う習慣を身につければ、英語を話す抵抗がなくなり、自信を持てるようになるからです。そして英語の挨拶がサラッとカッコよくできると、もっと英語を話したいと考えるようになりますよ!

本日はオンラインビジネス英会話のBizmatesで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、社会人のための「ちょっとカッコいい英語40選」や、外国人相手に不慣れな英語でもコミュニケーションを取るテクニックなど、オフィスで役に立つ英語を紹介いたします。

オフィスで使える!ちょっとカッコいい英語40選

①オフィスで使える英語(挨拶編)
②オフィスで使える英語(会議編)
③オフィスで使える英語(コピー機前編)
④オフィスで使える英語(自動販売機編)
⑤オフィスで使える英語(食堂編)
⑥オフィスで使える英語(オフィス内・デスク付近編)

①オフィスで使える英語(挨拶編)

基本的な挨拶から少し気の利いた挨拶を音声付きで紹介いたします。基本的なフレーズも音声をよく聞いて、真似して発音できるようにしてみましょう。

Good morning. (おはよう)

 

Good afternoon. (こんにちは)

 

Good evening. (こんばんは)

 

How’s it going? (調子はどう?)

 

How are you doing? (調子はどう?)

 

How are things? (最近どう?)

 

How’s everything? (最近どう?)

 

How’s your day going? (今日はどう?)

 

Long time no see. (久しぶり)

 

How’ve you been? (元気だった?)

②オフィスで使える英語(会議編)

外国人が会議に同席している際によく使うビジネスフレーズを紹介します。会議を全て英語で話すことができなくても、少しでも英語を使えば、外国人とのコミュニケーションも深まりますから、恥ずかしがらずに英語を使うチャンスを逃さず、挑戦してみましょう。

mtg

Shall we start? (始めましょうか?)

 

That’s a good point. (いい指摘です)

 

That’s true. (その通りです)

 

Really? (本当に?)

 

That’s interesting. (それは面白い)

 

Let’s get back to the topic. (議題に戻りましょう)

 

Can you say that one more time? (もう一度言ってくれますか?)

 

Sorry, I didn’t quite get that. (すいません、ちょっと聞き取れなかったです)

 

Thanks for a productive meeting. (良い会議でした)

 

See you all next week. (それでは、また来週)

③オフィスで使える英語(コピー機前編)

コピー機周辺での印刷待ちの列や、コピー機の様子を見るために人が集まることは、よくあるシチュエーションです。その中に外国人いるときに、言葉で気まずくならずにサラッと使えるフレーズを紹介いたします。

copy

I’m sorry it’s taking so long. (ごめんなさい。(自分の印刷が)長くなってしまって)

 

I just need 1 copy. (1部だけコピーしたいです)

 

This will only take a minute. (すぐ終わります)

 

I’m sorry. It’s jammed. (ごめんなさい。(紙が)詰まっています)

 

Why don’t you go first? (お先にどうぞ)

④オフィスで使える英語(自動販売機編)

オフィスの自動販売機周辺でドリンクを選ぶ時は、ちょっとした息抜きでもあります。自動販売機の前で、外国人と目が合ったら、積極的に話しかけてみましょう。コミュニケーションを深めやすいシチュエーションです。

vending

Good choice. (それ、いいね)

 

That’s my favorite. (それ、大好き)

 

Have you tried this one? (これ飲んだことある?)

 

I’m still thinking. Please go ahead. (ちょっと迷っているから、先にどうぞ)

 

Do you have change for 10,000 yen? (1万円をくずせますか?)

⑤オフィスで使える英語(食堂編)

もし、社内で外国人とランチに行くことになったら、積極的に話しかけてみましょう!食事はコミュニケーションが深まりやすいシチュエーションです。食堂で自然に使えるフレーズを紹介いたします。

food

That looks good. (美味しそう)

 

Maybe I’ll get that too. (私も、それにしようかな)

 

What is that? (これは何?)

 

Is this spicy? (これは辛いですか?)

 

Have you tried this before? (これ、食べたことある?)

⑥オフィスで使える英語(オフィス内・デスク付近編)

仕事で接点が出来た外国人とオフィスですれ違ったり、相手のデスクの前を通ったら、自然に話しかけてみましょう。相手がリラックスできるオフィス内での自然なフレーズを紹介いたします。

offiice

I like your shoes. (その靴、カッコいいね)

 

Your desk is so neat. (机キレイにしているねー)

 

That’s a nice picture. (いい写真だね)

 

Nice haircut. (カッコいい髪型ですね)

 

You have very good posture. (姿勢がいいね)

大勢の前でのカンタンな英語スピーチ

会社の飲み会や歓送迎会の場で、カンタンな挨拶やスピーチを求められることがあると思います。

しかし、私の経験では会社のイベントに少しだけ外国人社員がいても、日本語だけでスピーチが行われるケースがほとんどです。

でも、あなたが英語でスピーチをすれば「お、英語だ!カッコいいね!」と思われ、場が盛り上がります。

しかも、外国人にとっては「私にも理解できるように英語で話してくれている!ホスピタリティのある人だな!」と思われますので、あなたへの印象もグッと良くなりますよ。それでは、飲み会や歓送迎会で使える「カンタンな英語のスピーチ」の例文を紹介いたします。

party

①歓迎会のカンタンなスピーチ

Taka, from today, you are part of our team. Everyone, please give Taka a warm welcome.(タカ、今日から、あなたは私たちのチームの一員です。みんな、タカを暖かく迎えてください)

②送別会のカンタンなスピーチ

Taka, Taka, Taka. I’m sad because we are losing a great worker, a great person, and a great friend. At the same time, I’m happy that Taka has found a new opportunity outside our company. I wish you the best in your new job.
(タカ、タカ、タカ、いい社員、いい人、いい友達がいなくなって、私は悲しいです。同時に、タカが会社の外で新しいチャンスを見つけたことは幸いです。新しい仕事で頑張ってください)

※最初に3回、名前を言うのは、その人のことを深く考えているよ!という心を込めた言い方です。このような使い方は英語では一般的です。

③期末打ち上げの飲み会でのスピーチ

Congratulations everyone. This has been another exciting term for us. Let’s give each other a round of applause.  (みんな、おめでとう。今回も面白いターム(期間)でした。お互いを称えましょう)

 

コントロールテクニック(外国人と話し込んだ時でも、なんとか英語でコミュニケーションを取る方法)

英語が話せないのに、外国人と話し込んでしまうシチュエーションになった時、どのように振る舞えば良いのでしょうか?英語が通じないと不安になりますよね。

でも大丈夫です!コントロールテクニックを使えば、ゆっくりですが外国人となんとかコミュニケーションを取ることができます。

コントロールテクニックとは、外国人の相手に

「ゆっくり話してください」
「もう一度言っていただけますか?」

など、相手の英語を自分にとって聞き取りやすいようにするためのテクニックのことです。このテクニックを身につければ、英語力が低い方でも、なんとか外国人と意思疎通を図ることができます。では、コントロールテクニックを紹介いたします。

foreignerpeople

 

①相手の会話を止めるフレーズ

Just a minute. (ちょっと待ってください)

 

Wait a second. (ちょっと待ってください)

②ゆっくり話してもらうフレーズ

Could you slow down please?(ゆっくり話してもらえますか?)

 

Could you speak more slowly? (もう少し、ゆっくり話してもらえますか?)

③知らない単語を聞くフレーズ

What does that mean? (それはどういう意味ですか?)

 

What do you mean? (どういう意味ですか?)

④英語を確認するフレーズ

May I confirm? (確認させてください)

 

Can I check my understanding? (私の認識を確認してもよいですか?)

カッコよさを意識することは、英語を始めるには良いキッカケです!

英語を学ぶキッカケとして「カッコよさを意識する」のは大変良いことです。

「次は他の英語を使ってみよう!」
「こういうこと言いたいけど、英語ではなんと言うのかな?」

という感じになり、自然に英語のフレーズを調べて、英語を使う習慣が身につくからです。社会人の中にはカッコよさを意識したのがキッカケで英語を話せるようになった方はたくさんいます。まずはオフィスで、本日紹介したフレーズを使ってみましょう。

英語を実際に練習しないと不安という方は、オンラインの英会話レッスンはいかがでしょうか?

弊社Bizmates(ビズメイツ)はビジネス経験がある教師しか在籍しておりませんので、オフィス内の英語に相応しいレッスンが受けられます。ぜひ、下記から無料体験レッスンを試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。