ビジネスでも重要!スモールトークのマナーと会話が広がる例文をご紹介

「取引先でのちょっとした会話に困っている」「スモールトークってどんなことを話せばいいのかわからない」と悩んでいませんか?

本記事では、ビジネスシーンで良くあるシーンのスモールトークについて詳しく解説します。

スモールトークのマナーや、さまざまな話題の例文も一緒に紹介するので、この記事を読めば、実際にどのような話をすればよいのかが理解できますよ。

「どんなスモールトークをしたら良いのかわからない」「スモールトークが苦手」という方はぜひ参考にしてください。

スモールトークを含め、ビジネスシーンで円滑にコミュニケーションを取れるようになりたいならビジネス特化型のオンライン英会話がオススメ。

実際に会話をすることで、スモールトークのマナーやさまざまな話題のフレーズを身につけられますよ。

「オンライン英会話のレッスン内容についていけるか」、「オンライン英会話だけで本当に英語力を上達させられるか不安」という方は、Bizmatesの英語コーチングサービスをオススメします。

あなた専任の日本人コンサルタントが、あなたの英語レベルや学習可能時間にあわせた柔軟なプランを作成。

外国人講師とのオンライン英会話レッスン&日本人コンサルタントの学習フォローで、効率的に英語力を伸ばせます。

オンライン英会話講師と日本人のコーチングコンサルタントは共にビジネス経験者なので、ビジネスシーンならではの会話の悩みも解決できますよ。

独学の英語学習に不安がある方は、ぜひ一度Bizmates Coachingにご相談ください。

>>Bizmates Coaching(ビズメイツコーチング)

スモールトークとは?

スモールトークとは?

スモールトーク(small talk)とは、ちょっとした世間話や雑談のことです。

初対面の人同士の距離を縮める効果があったり、より円滑にコミュニケーションを取れるきっかけになったりと、人間関係を築く上で重要なコミュニケーションツールのひとつとされています。

初対面の人同士が軽く言葉をかわすことが多い欧米では、スモールトークは以下のようなさまざまな場面で使われます。

  • ビジネスパーティーで初対面の人と
  • 買い物中にレジのスタッフと
  • タクシーの運転手と
  • エレベーターで乗り合わせた人と
  • コーヒーショップで列に並んでいる人と
  • バス停でバスを待っている人と

日本人にはあまり馴染みがないスモールトーク。

「ビジネスで必要だけど、スモールトークは苦手だ」という方も多いのではないでしょうか。

相手と信頼関係を築くためにも重要なコミュニケーションツールであるスモールトークには、実はマナーがあります。

マナーを知らずにスモールトークをしてしまうと、思わぬ恥をかいてしまうことになるかもしれないため注意が必要です。

次からは、スモールトークのマナーを詳しく紹介していきます。

スモールトークのマナー

スモールトークのマナー

スモールトークのマナーは以下の通りです。

  • プライベートな話題を避ける
  • 会話が広がるように気をつける
  • しっかり耳を傾ける

順番に見ていきましょう。

プライベートな話題を避ける

スモールトークでもっとも避けるべきなのは政治や宗教、結婚の有無などの「プライベートな話題」です。

初対面やあまり親しくない人たちの間で行われるスモールトーク。

あまり親しくない間柄でいきなりプライベートに突っ込み過ぎた内容を聞くと、失礼だと思われてしまうことがあります。

これは日本語でも同じですよね。

日本語の会話で敬遠するような話題は、スモールトークでも避けるようにしましょう。

たとえば、下記のようなトピックはNGです。

  • 支持している政党
  • 政治家に対する意見
  • 信仰している宗教
  • 結婚の有無

天気や趣味の話、休日の予定など失礼にならない話題を選ぶようにしましょう。

会話が広がるように気をつける

スモールトークをするときには、会話が広がるように気をつけましょう。

「Yes」「No」のみで答えられるクローズドクエスチョンは、すぐに会話が終わってしまうのでなるべく避けます。

相手に質問をするときは、常に自由に答えられるオープンクエスチョンを心がけましょう。

「質問がなかなか思いつかない」という人は、5W1Hを意識して質問してみてください。

5W1Hとは、以下の6つの項目のことです。

  • Who?(誰が?)
  • When?(いつ?)
  • What?(何を?)
  • Why?(なぜ?)
  • Where?(どこで?)
  • How?(どのように?)

逆に自分が「Yes」「No」で答えられる質問を受けたときは、相手に同じ質問をしたり自分から話を膨らませたりするとよいでしょう。

しっかり耳を傾ける

スモールトークをしているときは、しっかり相手の話に耳を傾けましょう。

「ただの世間話だから」と聞いているふりをして、聞き流すのはNGです。

以下の点に気をつけながら、しっかり相手の話を聞きましょう。

  • 相手の目を見て適度に相づちを打つ
  • スマホを見たりしない
  • 途中で話を遮ったり話しはじめたりしない

ビジネスでも使えるスモールトークの英語例文

ビジネスでも使えるスモールトークの英語例文

ビジネスでは、本題に入る前に少し雑談することもありますよね。

しかし「雑談といってもどんな話題がいいのかわからない」という方もいるでしょう。

ここでは、ビジネスでも使えるスモールトークの英語例文を紹介します。

以下の話題について例文を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 天気のこと
  • 芸術のこと
  • スポーツのこと
  • 仕事のこと
  • 予定のこと
  • 食べ物のこと
  • 相手の持ち物や服装のこと

順番に見ていきましょう。

天気のこと

天気の話はスモールトークの鉄板ネタ。

その日の天気について話せるので、いつでも話題にできる便利なトピックです。

  • It’s a nice day today.(今日はいい天気ですね。)
  • It’s chilly today, isn’t it?(今日は肌寒いですよね。)
  • It’s getting warmer lately.(最近暖かくなってきましたね。)

芸術のこと

お気に入りの本や映画などについて質問するのもオススメです。

相手の趣味関心を知れるので、そこから話を広げやすいですよね。

自分の好きなことについてなら、相手も喜んでいろいろ話してくれるでしょう。

  • Are there any books you love?(好きな本はありますか?)
  • Have you seen an interesting movie lately?(最近おもしろい映画を観ましたか?)
  • The “Hokusai Exhibition” will start tomorrow at that museum.(明日からあの美術館で「北斎展」が始まりますよ。)

スポーツのこと

スポーツが好きな人も多いので、スポーツについて話すのもよいですね。

たとえば、ニュースで話題になっている選手や最近の試合についてなど、いろいろな質問が思いつきます。

同じスポーツに興味があるなら、一気に距離が近づくでしょう。

  • Which team do you support?(どのチームを応援していますか?)
  • Do you like American football?(アメフトは好きですか?)
  • The baseball season starts today.(今日から野球のシーズンがはじまりますね。)

仕事のこと

とくにビジネスの場では、お互いの仕事について話すのもオススメです。

たとえば、仕事の内容やプロジェクトのことなどについて話せば、お互いの仕事についての理解も深まりますよね。

  • What is your company doing?(あなたの会社は何をしていますか?)
  • What kind of project are you involved in now?(今はどんなプロジェクトに関わっていますか?)
  • Which department do you belong to?(あなたはどの課に所属していますか?)
  • Do you often go abroad for work?(仕事でよく海外へ行きますか?)
  • Have you been busy with work lately?(最近仕事は忙しいですか?)

予定のこと

予定について聞くのも、スモールトークのトピックとしてオススメです。

「人に予定を聞くと誘っていると思われるのでは…」と思う方がいるかもしれませんが、海外では予定を聞くのは普通のこと。

スモールトークではよく使われるトピックなので、今日の予定や仕事後の予定、週末の予定などを聞いてみましょう。

  • What do you do after work today?(今日、仕事のあとの予定は?)
  • What are your plans for the weekend?(週末の予定は?)
  • Where did you go on your last vacation?(この前の休暇はどこへ行ったのですか?)
  • How was your weekend?(週末はどうでした?)

食べ物のこと

食べ物についての質問も、スモールトークではオススメです。

食べ物の話題は難しい議論に発展しにくいので、気軽に質問できますね。

好きな食べ物やオススメのレストランについて質問してみましょう。

  • Do you have any recommended restaurants around here?(この辺りにおススメのレストランはありますか?)
  • Do you like Japanese food?(日本食は好きですか?)
  • What kind of food do you like?(どんな食べ物が好きですか?)

相手の持ち物や服装のこと

「話題が思い浮かばない」という場合は、相手の持ち物や服装をトピックにするのもオススメです。

たとえば、相手の持ち物や服装で気に入ったものがあれば褒めましょう。

自分で質問を考える必要がなく、目で見たものについて言えばよいので話題にしやすいですよね。

  • It’s a nice dress!(素敵なドレスですね!)
  • Where did you get the bag? It’s very nice.(そのバッグはどこで買ったのですか?とても素敵ですね。)

スモールトークでNGな話題

スモールトークでNGな話題

スモールトークでNGな話題は以下の通りです。

  • お金の話
  • 政治や宗教の話
  • 身体的な特徴の話
  • 性別や人種の話

順番に見ていきましょう。

お金の話

お金についての話題は、スモールトークでは避けましょう。

日本語でも、初対面やあまり親しくない人同士の会話ではお金の話はしませんよね。

とくに給料や貯金など、相手の経済的な状況に関する話題は避けてください。

ただし、お金の話でも仕事の話に関連していればOKです。

仕事内容やキャリアを中心に話しましょう。

政治や宗教の話

政治や宗教についても、スモールトークでは避けるべき話題です。

海外では、家族や友人と政治の話をすることはあっても、初対面やよく知らない人同士の会話で話題にすることはありません。

政治や宗教は、個人的な思想が反映される話題のため避けましょう。

不用意に話題に出してしまうことで、対立の原因になりかねません。

政治や宗教はとてもセンシティブな話題です。

スモールトークでは、センシティブな話題は避けるよう気をつけましょう。

身体的な特徴の話

身体的な特徴についても、スモールトークではNGです。

顔や体型など、相手の身体的特徴は話題に出さないようにしましょう。

自分の顔や体型のことを言われるのは、誰でもあまり気持ちよくありませんよね。

しかし「素敵だから褒めたい!」という場合があるかもしれません。

褒める場合は、髪型や服装を褒めるようにしましょう。

性別や人種の話

性別や人種についても、スモールトークでは避けるべき話題です。

無意識に相手を傷つけてしまう可能性があるのが、性別や人種のトピック。

褒めたつもりや冗談のつもりでも、相手にとっては失礼になる可能性があるため十分に注意しましょう。

実際の会話の中では、NGな発言をしても注意してもらえないことが多いです。

注意してもらえないばかりか、そのまま距離を置かれることも。

スモールトークで使える話術を磨くには、普段から多くの会話をし、実践で身につけていくことが大切です。

スモールトークに適した話題を知りながら英語力を上達させるなら、オンライン英会話がオススメ。

自宅にいながら英会話の練習ができるため、仕事で忙しい人もご自身の予定に合わせてムリせず継続できますよ。

弊社ビズメイツのオンライン英会話は、ビジネスに特化しているので、「スモールトーク」だけ練習できる教材もあります。

また、テキストを使ったレッスンだけでなくフリートークができるプログラムもございますので、あなたが試したい話題で自由に会話練習することもできますよ。

スモールトークについて、フレーズが自然に口から出てくるまで講師と繰り返し練習できます。

講師は全員ビジネス経験者なので、スモールトークのですべき最適な質問や話題を把握しているので、ビジネスの現場に即したアドバイスが可能。

毎日講師とスモールトークの練習をすれば、より早く自然なスモールトークができるようになるでしょう。

Bizmatesはビジネス英語に特化しているため、とくに仕事でスモールトークを使う人は1度レッスンを体験してみてください。

>>オンラインビジネス英会話ならビズメイツ Bizmates

スモールトークのマナーと例文まとめ

スモールトークのマナーと例文まとめ

スモールトークは、ビジネスの場面でも重要なコミュニケーションツールとなります。

「スモールトークのおかげで人脈が広がった」「商談がうまくいった」というケースも少なくありません。

しかし、スモールトークに慣れていない日本人だと「初対面の人と何を話せばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

ビジネスの場面でいきなりスモールトークをしようと思っても、最初はなかなかうまくいかないもの。

スモールトークを得意にするには、多くの会話経験を積み、実践で慣れていくことが大切です。

いくら読み書きをしてもスモールトークは上達しないため、やはりオンライン英会話などで話す練習をする必要があります。

Bizmatesのオンライン英会話には業界最高水準の講師陣が揃っています。

全員がビジネス経験者のため、ビジネスの実践の場に即したスモールトークのアドバイスが可能です。

毎日のレッスンの最初にスモールトークの練習をする習慣をつければ、実際のビジネスの場面でも自然にフレーズが出てくるようになりますよ。

スモールトークを学ぶなら、Bizmatesの教材の中でもビジネスシーン別に20回のレッスンでしっかりとそのシーンで使用するフレーズを習得できる「Other Programs」がオススメ。

その中の「スモールトーク」の教材では、スモールトークで話すときのマナーやフレーズなどを集中的に学習できますよ。

また、あなたの課題にあわせて学習内容を自由にカスタマイズできる「Assist Lesson」もオススメです。

フリートークができるので、スモールトークの実践の場を設けられますよ。

まずはぜひ無料体験レッスンで雰囲気を確かめてみてください。

>>オンラインビジネス英会話ならビズメイツ Bizmates

「最短距離でスムーズに英語でのコミュニケーションが取れるようになりたい」という方は、英語コーチングサービスの利用がオススメ。

あなた専任の日本人コンサルタントが、初心者から上級者までレベルにあわせて最適な学習プランを作成します。

英会話レッスンから学習フォローまでフルサポートするため、挫折することなく着実に英語力が身につきますよ。

効率よく英語力を伸ばしたい方は、ぜひBizmates Coachingにご相談ください。

>>Bizmates Coaching(ビズメイツ コーチング)

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事