英語で「大丈夫」って何と言う?目的別27表現

「大丈夫」は、相手への気遣いを示す時や励ましたい時などに使う便利な言葉ですね。日本語では一言で「大丈夫」と表せますが、英語では、落ち込んでいる時に使う「大丈夫」や相手を励ます時に使う「大丈夫」とでは異なる表現になります。

こちらの記事では、英語で「大丈夫」を意味するフレーズを、例文と一緒に紹介します。

magazine_bnr_short

相手を心配・気遣う時の「大丈夫」

相手を心配・気遣うシーンは多いですよね。具合が悪そうな人や何か思い悩んでいる人には、これらのフレーズを使って「大丈夫」と声をかけてみましょう。

大丈夫であることを確認する声がけ

Are you OK?
大丈夫ですか?
[例文1]
Aさん:I’m sorry our meeting was longer than expected. Are you OK with time?
思ったよりも打ち合わせが長引いてしまい、申し訳ございません。お時間は大丈夫ですか?
Bさん: That’s OK. I don’t have any other appointments after this.
今日は後ろに何も予定を入れていないので問題ありませんよ。
Are you all right?
大丈夫ですか?
[例文2]
Aさん:I heard you got injured playing futsal. Are you all right?
フットサルで怪我したって聞きましたけど大丈夫ですか?
Bさん: Yeah, it’s just a sprain. Thanks for asking.
軽い捻挫みたいです。心配してくれてありがとう。
Are you feeling all right?
(体調について)大丈夫ですか?
[例文3]
Aさん: Are you feeling all right? You don’t look too well.
大丈夫ですか?顔色悪いですよ。
Bさん: I haven’t felt very well since this morning.
今日は朝からちょっと調子が悪くて。
Is everything OK?
大丈夫ですか?/ 何かあったんですか?
[例文4]
Aさん: You look really busy. Is everything OK?
お忙しそうですね。大丈夫ですか?
Bさん: I don’t think I’ll get done with the document in time. I think I’ll ask Candice to help out.
資料作成が終わりそうにないんです。キャンディスさんにも手伝ってもらおうと思います。
Is everything all right?
大丈夫ですか? / 何かあったんですか?
[例文5]
Aさん: Is everything all right?
何かあったんですか?
Bさん: We just got informed that the machine we delivered to Company D had stopped working. I need to go and see what’s wrong with our engineer.
先月D社に納品した機械が動かなくなったと連絡がありました。技術部の人と一緒に今から出かけてきます。
Are you going to be all right?
大丈夫そうですか?
[例文6]
Aさん: You don’t look very well. Are you going to be all right today?
体調悪そうですが、今日はお仕事できそうですか?
Bさん: I think I caught a cold from my kids. Could I take a leave in the afternoon?
子どもの風邪がうつってしまったようです。今日は早退してもよろしいでしょうか?

問題や悩みを聞き出す時の声がけ

相手があきらかにつらそうな場合は、以下のような表現で具体的に問題や悩みを聞き出すことができます。ただしこれらのフレーズは、問題や悩みを聞いてもよい相手かを見極めてから使うのがポイント。親しい間柄で使うようにしましょう。

What’s wrong?
どうかされましたか?
[例文1]
Aさん: It doesn’t look like you’re in a great mood. What’s wrong?
あまり機嫌が良くなさそうですね。大丈夫ですか?
Bさん: I haven’t settled many deals lately, and it looks like this next one is not going to go well either.
最近失注続きで…今度の案件も厳しそうなんです。
What’s the matter?
どうかされましたか?
[例文2]
Aさん: You’re all pale. What’s the matter?
顔色が悪いですよ。どうかされましたか?
Bさん: Really? I’m actually not feeling well.
やっぱりそうですか?実はあまり気分が良くなくて…

自分が返事する時の「大丈夫」

会話の相手から何か心配された時、「大丈夫です」と答えることが多いでしょう。そんな時に使えるフレーズを例文と一緒に見ていきます。

問題ないことを伝える「大丈夫」

I’m OK/okay.
大丈夫です。
[例文1]
Aさん: You don’t look too well.
顔色が悪いですよ?
Bさん: I’m just a little tired. I’m OK.
ちょっと疲れがたまっているだけなので、大丈夫ですよ。
I’m good.
大丈夫です。
[例文2]
Aさん: You seem to be handling many tasks lately. Are you all right?
最近、仕事をたくさん任されているようだけど大丈夫?
Bさん: Yeah, I’m good. I’m going to need to train new employees next year, so I want to experience everything myself once.
はい、大丈夫です。来年は新人に教えないといけないので、今のうちに一通りの業務を経験しておかないと。
Everything’s all right.
大丈夫です。問題ないです。
[例文3]
Aさん: I heard there was a customer complaint. Is everything all right?
お客さんからクレーム入ったって聞きましたが、大丈夫ですか?
Bさん: Everything’s all right. I’m going to go and see the customer now.
大丈夫です。とりあえずこれからお客さんのところに向かいます。
I think I’m all right.
大丈夫だと思います。
[例文4]
Aさん: You seem really busy. Do you need any help?
忙しそうですけど、何か手伝わなくて大丈夫ですか?
Bさん: I think I’m all right. It won’t be too bad next month. Thanks for thinking about me.
大丈夫だと思います。来月には落ち着くと思うので。心配してくれてありがとうございます。
No worries.
大丈夫だよ、気にしないで
[例文5]
Aさん: I’d like to talk with you about something this afternoon. But you must be busy.
午後にちょっと相談したいことがあるのですが、お忙しいですよね?
Bさん: No worries. What time will be good for you?
大丈夫ですよ。何時頃がいいですか?

次の2つのフレーズは、今のところ問題の解決策は思いつかないものの、「きっと大丈夫」と楽観的な返事をしたい時に便利です。

We’ll be fine.
まあ大丈夫でしょう。
[例文6]
Aさん: We haven’t prepared enough data. Are we going to be all right?
この間のコンペ、あまり感触なかったので、心配ですね。
Bさん: We’ll be fine. We just need approval for the general direction.
まあ大丈夫でしょう。今回は大まかな方向性について承認を得られればいいだけですから。
We’ll figure it out.
大丈夫、なんとかなるでしょう。
[例文7]
Aさん: We have so much to do next week. I’m really worried if we can finish everything in time.
来週はやることが多すぎて、全部終わらせられるか心配です。
Bさん: We’ll figure it out. Let’s enjoy the weekend for now.
なんとかなるでしょう。今はとにかく週末を楽しむことにしましょう。

遠慮する時の「大丈夫」のフレーズ集

人から何かを勧められた時、申し出を断りたい時もありますよね。そんな時に使える便利なフレーズを紹介します。

No, thank you.
いえ、大丈夫です。

「大丈夫です」と柔らかく断る場合は、Noとthank youの間に必ず間を空けて発話するようにしましょう。間を空けないと「要りません」と無愛想な印象んなります。

[例文1]
Aさん: Would you like another cup of coffee?
コーヒーのお代わりはいかがですか?
Bさん: No, thank you. Can you bring me the check?
いいえ、大丈夫です。お会計をお願いできますか?
[例文2]
Aさん: Would you like to try it on?
試着されてみませんか?
Bさん: No, thank you. I have the same pair of pants in a different color.
いいえ、結構です。同じパンツの別色を持っているので、サイズはわかっています。
No, I’m fine.
私は大丈夫です。
[例文3]
Aさん: Is there anything I can help you with?
何かお手伝いすることありますか?
Bさん: No, I’m fine. Thanks.
今のところ大丈夫です。ありがとう。
Thank you, but I’m good.
ありがとう、でも大丈夫です。
[例文4]
Aさん: It’s pretty late. I can drive you home if you’d like.
遅くなったので、車で送りましょうか?
Bさん: Thank you, but I’m good. I can still catch the last train.
ありがとうございます。でもまだ最終電車に間に合うので、大丈夫ですよ。
No, don’t worry about it.
結構です。
[例文5]
Aさん: I’m going out to take the trash. I can take that out for you.
ゴミ捨てに行くので、ついでに捨ててきましょうか?
Bさん: No, don’t worry about it.
大丈夫です。あとで自分で捨てに行きます。

上記の表現を使って遠慮しても、相手がAre you sure?(本当によいのですか?)と確認してくることもあります。そういった時に同じ回答にならないように、複数の表現を覚えておくことをおすすめします。

元気づける時の「大丈夫」

同僚や友人が不安になっていたり、元気がなかったりする時は「大丈夫!」と励ましてあげましょう。

You’ll be all right.
大丈夫ですよ。
[例文1]
Aさん: I’m so worried about the test tomorrow.
明日の試験のことがとにかく不安です。
Bさん: You’ll be all right. You’ve been studying every day.
毎日勉強しているんだから、きっと大丈夫ですよ。
I’m sure you’ll be fine.
きっと大丈夫ですよ。
[例文2]
Aさん: My final job interview is next week. I’m so nervous.
来週、最終面接なんです。今から不安で仕方ありません。
Bさん: I’m sure you’ll be fine. Just be yourself.
いつもどおりにしていれば大丈夫ですよ。
Don’t worry about it.
大丈夫ですよ、気にしないでください。
[例文3]
Aさん: I’ve been making the same error over and over. I don’t think I’m cut out for this job.
同じミスばかりして、どうしようもないですね。
Bさん: Don’t worry about it. Your talent in other areas more than compensate.
他に抜群の取り柄があるんですから、大丈夫ですよ。
Everything will be all right.
なんとかなりますよ。
[例文4]
Aさん: I can’t believe I sent a document to the wrong client.
間違ったお客さんに資料を送信してしまうなんて…
Bさん: Everything will be all right. It’s not that it’s confidential information or anything. I’ll apologize to the client too.
重大な資料ではないので、大丈夫ですよ。私からも先方に連絡してフォローしておきますね。
It’s not a big deal.
大した問題じゃないので大丈夫ですよ。
[例文5]
Aさん: I’m sorry I lost your power charger.
充電器をなくしてしまって申し訳ありません。
Bさん: It’s not a big deal.
大した問題じゃないので大丈夫ですよ。
It’ll turn out all right.
きっと大丈夫ですよ。
[例文6]
Aさん: I shouldn’t have said that. I feel I’ve ruined the positive mood.
私のせいで、課の雰囲気が悪くなったような気がしていて。
Bさん: It’ll turn out all right. People will forget about it soon.
きっと大丈夫ですよ。みんなそのうち忘れます。
Things will start to look up.
きっといいことありますよ。
[例文7]
Aさん: I wish work was more fun.
最近、あまり面白いことがないですね。
Bさん: Things will start to look up. Let’s focus on getting things out of the way for now.
きっといいことありますよ。まずは目の前の仕事を頑張りましょう!

【英語学習のTIPS】気分転換に英会話を楽しむ

英語は長い間、それこそ何年間か話す練習を続けなければ身につきません。英語を勉強として捉えるとつらいですが、英語習得に成功されている方の多くは、英語を会話を楽しむ活動や、異文化の人と接点を持つ活動として捉えています。

座学ばかりしていると上達を実感する機会がなく、挫折しがちです。初心者の頃から積極的に英会話を経験していくことが大事です。それに、早くから英会話の機会を作っておくことで、英語を「自分の視野や人間関係を飛躍的に広げられる便利な言葉」と認識し、英語学習に意義が見出しやすくなります。

こちらの動画では英語学習を必ず成功させる方法を解説しているので、これから英語を身につけようという方は、ぜひご覧になってください。

また、ビズメイツでは、英語初心者から上級者まで、ワンストップで「シンプル・丁寧・効果的」な英語を身につけられるカリキュラムを用意しています。ぜひ一度、ウェブサイトをのぞいてみてくださいね。

ビジネス特化型オンライン英会話 Bizmatesへ

ビズメイツで身につけられる「シンプル・丁寧・効果的」な英語がどのようなものか興味がある方は、ぜひこちらのブログからBizmates Magazineにご登録ください。15回にわたる連載を通して、英語初心者のビジネスパーソンが、どのように世界で活躍するための英語コミュニケーション能力とマインドセットを体得していくかを解説しています。

Bizmates Magazineの詳細を見てみる

まとめ

たくさんのフレーズを紹介しましたが、これらを一度に覚える必要はなく、まずはよく使うものや覚えやすいフレーズから身につけていきましょう。何度も口に出すことで英語に慣れ、どんどん新しい表現を習得したくなるはずです。

magazine_bnr_short

  • ビジネス英語
  • #日常生活の英語
  • #職場の英語
  • #語彙を増やす

Share

オススメのビジネス英語の記事

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録