【中級者編】オンライン英会話の効果を高める3つの勉強法

オンライン英会話での中級者というのは、TOEICのスコアで言えば600~780点の範囲で、多くの方は英語を話すことができる方々です。ある程度英語が話せる中級者にはどのようなオンライン英会話の勉強法が最も効果的なのでしょうか?

中級者の方の多くは、日々の業務でのプレゼンテーションや電話会議で、自分の英語の苦手なポイントを自覚しているはずです。ですから、英語の中級者が実践すべき勉強法とは「苦手を克服する活動」なのです。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、中級者向けのオンライン英会話の勉強法について解説いたします。

中級者の勉強方法は「苦手なポイントに集中すること」

前回の記事では、英語初心者の勉強法は語学習の習慣化をゴールにすべきと解説しました。なぜなら、多くの英語初心者は、上達を実感できる前にあきらめてしまう方が多いため、英語の上達をゴールにする以前に、英語学習を生活の一部にしなければ上達が叶わないからです。

◆英語の初心者の勉強法

対して、英語中級者の勉強法とは「苦手を克服することです」。多くの英語中級者は仕事でなんらかの形で英語を使っていて、その際に下記のような苦手なポイントを自覚していることが多いからです。

◆英語中級者の弱点の例

  • 英語での交渉が苦手
  • 英語のプレゼンが苦手
  • 会議前のちょっとした会話が苦手

英語初心者と比べると、中級者は基本的な英語の力があるので、交渉、メール、スモールトークのような実践的な勉強がメインになるはずです。

中級者の方にとって効果的なオンライン英会話の教材は、自分の苦手な場面での英会話を重点的に訓練できることが前提となります

中級者のオンライン英会話での3つの勉強法とは?

勉強法①自分の苦手なポイントの英語教材・サービスを選ぶ

先ほど述べた通り、英語中級者は特定の苦手な場面での会話を練習できる教材を選ぶべきですが、多くのオンライン英会話サービスでは、英語のレベル分け教材はあっても、「プレゼン」「Eメール」「ビジネストーク」などのビジネスの場面に特化した教材を用意していません。

しかし弊社>Bizmatesでは、以下のような、ビジネスの場面に特化した教材を豊富に揃えているので、中級者が苦手とする教材が必ず見つかります。

◆BizmatesのOther Programs(アザープログラム)

  • スモールトーク
  • 海外出張
  • Eメールライティング
  • 電話会議
  • プレゼンテーション
  • 電話対応
  • ミーティング
  • ネゴシエーション
  • オンラインチャット
  • 面接対策
  • 採用面接官
  • ITコース
  • ITマネージャー
  • ホテル
  • レストラン
  • ショップ
  • マネジメントコース
  • エグゼクティブ向けコース
  • 新入社員・内定者向けコース
  • 社会テーマディスカッション
  • ビジネステーマディスカッション

Bizmates の レッスンタイプ・教材一覧

ここまでの多様なビジネススキルを学べるコースを用意しているオンライン英会話サービスは、日本だけでなく世界でも存在しません。また、「オンラインチャット」のような、時代に合わせた最新のコースも開発しており、中級者のあなたに合うコースが必ず見つかります。

勉強法②オンライン英会話の講師を自分向けの講師に育てる

オンライン英会話サービスを受けている方は、お気に入りの講師は常時2~3人はいることでしょう。そして、自分の苦手なポイントの英語学習の効率をあげるためには、お気に入りの講師を育てる必要があります。「育てる」と言っても、難しいことではありません。

例えば、自身が製薬会社の営業社員であれば、講師に製薬業界のことや自分自身の仕事での状況や、日々の仕事内容を伝え、レッスンの際に講師に実際の仕事に近いシチュエーションを再現した上でレッスンを行ってもらえるように、お願いするだけです。

そうすれば、話すのが苦手なシチュエーションを疑似体験できるので、非常に効果的な勉強法となるのです。

勉強法③レッスンで学んだことを仕事で積極的に使ってみる

レッスンで学んだ英語をできるだけ仕事でも使ってみてください。学んだ英語を使うことで、覚えたことが記憶により定着しやすくなりますし、仮に上手く話せなかったとしても、レッスンで講師と復習すれば、次回は上手く話せるようになります。

中級者は、英語で自分の意思を伝えられる力があるので、いつも使っている英語だけでも、意思疎通ができるシーンが多いと思います。しかし、レッスンで覚えた新しいフレーズや文法を意識的に使わないと、中級者が英語の幅を広げていくことはできません。

この点は当たり前のことに思えるかもしれないですが、非常に重要なポイントです。

中級者は勉強次第ではネイティブのような発音が身に付けられるのか?

残念ながら、7~8歳を過ぎてしまうと、ネイティブのような自然な英語の発音をするのは、困難となります。しかし、英語の上級者は「自分の発音がネイティブかどうか?」といったことは気にしません。

ネイティブのようなきれいな発音ができるよりも、年齢や国籍、立場を問わず、いろいろな人と意思疎通ができ、いろいろな人の英語を聞き取れる方が、役に立ちます。

もし、オンライン英会話サービスで、初めての講師とレッスンを受けて「この講師の英語は聞き取れない!」と思った時は実はチャンスなのです。聞き取れない人の発音を聞き取れるようになるというのは、中級者から上級者、つまりイングリッシュスピーカーになるためには重要なことなのです。

もし、英語を聞き取れない講師と出会ったら、聞き取れるようになれるまでレッスンを受けるのは、上級者になるためのトレーニングになります。

英語中級者と上級者の最大の違いは「マインドセット」

英語の中級者は英語を「便利なツール」と考えますが、英語の上級者は「自分はイングリッシュスピーカー」だと考えます。もっと具体的に言うと、

◆中級者の英語の関する考え方

仕事や必要に迫られた時に英語を使う

◆上級者の英語に関する考え方

英語は人生の一部。仕事・日常において英語を日本語と同じように、同じ頻度で使う

中級者の方は、英語を話す必要がある仕事などでは英語で意思を伝えることができる一方で、必要性の低い分野の英語を苦手としています。

中級者が上級者になるためには、マインドセットを大きく変える必要があるのです。

たった数日でマインドセットを劇的に変える方法

英語中級者が、上級者になるのはカンタンなことではありません。一見すれば中級者と上級者の差は、あまりないように思えます。しかし、中級者から見ると、上級者までの道のりははるか遠くの領域に感じるものです。

中級者の勉強法は、まずはオンライン英会話で苦手克服に取り組むべきですが、上級者を目指すためには英語に対する考え方や、自身の人生における英語の役割を変えていく必要があります。

例えば、英字新聞や映画を見たり、交友関係を外国の方に広げたりして、生活を変える必要があります。生活を変えるには、オンライン英会話サービスで毎日レッスンを行うことも効果的ですが、弊社には数日間英語のみで実際的なビジネスを体験するプログラム「BizmatesX オンライン」があります。

このプログラムでは、日本語を一切使わずに、多国籍なチームメンバーと共に次の「業務」をこなしていきます。

  • 市場調査
  • 資料作成
  • プレゼンテーション
  • ワークショップ

Bizmates Xオンラインは、こうした英語での実践経験をオンラインで積み、英語に対する考え方を劇的に変えることができるコースです。

短期間で中級者の殻を破りたいという方は、下記のコースも参考にしてください。

海外出張体験型 グローバル人材輩出プログラム Bizmates X

  • 英語学習法
  • #英語の学習法について知る

Share

オススメの英語学習法の記事

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録