【初級編】オンライン英会話を使った英語勉強法

これからオンライン英会話サービスを利用して、英語を学ぶ方は

「どのように勉強すればいいの?」
「英語が上達する勉強法ってどれ?」

と、勉強法のコツを知りたいのではないでしょうか?

英語初心者にとって一番大切なことは、英語学習を「習慣化」させることです。なぜなら、初心者の多くは上達を実感する前に、学習を習慣化できず途中であきらめてしまうからです。上達を心配することよりもまずは学習を習慣化する方が大切であり、オンライン英会話を習慣化に成功した人たちの多くは英語を身に付けています。

初心者のためのオンライン英会話の勉強法は、単語力・文法力強化など数多くあります。しかし、どれを行ったとしても、英語というものは短期間の学習で話せるようにはなりません。

英語学習は長期戦なので、オンライン英会話での勉強を習慣化させるためのコツや工夫がなくてはならないのです。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、オンライン英会話を使った初心者向けの勉強法について解説します。


magazine_bnr_short

まず、自分がどのタイプの英語初心者なのか把握する!

まず、一概に英語初心者といっても、人によって様々なタイプがあります。

英検やTOEICの点数などが英語力の目安として使われますが、私はこれまでTOEICスコア800点以上の高得点者であっても、英語を全く話せない、という方を多く見かけてきました。逆に、英語の知識がわずかであるにも関わらず、英語の間違えを恐れず積極的に英語を使う方も見てきました。

TOEICスコアがそのまま英語力を表すとは筆者は思いません。なぜなら英語は言語であり、言語である以上、コミュニケーション力が大きなウエイトを占め、英語でコミュニケーションを行う「英語に対するマインドセット」も英語力を決定づけるものなのです。

ここで言うマインドセットとは下記の定義になります。

◆英語に対するマインドセット
積極的に英語を使って相手と意思疎通しようとする姿勢。

下記の図をご覧ください。英語の初心者を四つのタイプに分けたマトリックスです。それぞれのタイプをひとつずつ解説するので、自分がどこに当てはまるのか、下記の図をもとに考えてみましょう。

◆英語力マトリックス(4つの初心者のタイプ)

タイプ① Trueビギナー(完全初心者)

このレベルの方は、英語に対するマインドセットも英語レベルも初歩的な状態であり、ボキャブラリーや文法を増やしていくだけでなく、英語を使って積極的に意思疎通しようとする姿勢も養う必要があります。

英語レベルだけを高めても、Falseビギナーになってしまいます。Falseビギナーとは、英語の単語や文法の知識はそれなりにあるものの、それらを使って上手に話すことができない状態のことです。

きちんと④ Non ビギナーに成長するには、英語の知識を増やす目的の英語学習に加えて、異文化の人と実際に英語で会話した経験を積み重ねていく必要があります。オンライン英会話では、英語レベルを高める教材を使いながら、フィリピン人講師と毎日レッスンが受講できるので、「英語に対するマインドセット」と「英語レベル」の両方を上達させていくことができます。

タイプ② Falseビギナー(英語レベルは高いが、英語を話せない)

このタイプは、どちらかといえばシャイな日本人の方に多く見受けられます。

Falseビギナーとは、学生時代から英語を勉強し、TOEICや英検などにチャレンジしていた経験があるためボキャブラリーや文法力はあるものの、英語に対するマインドセットが育っていないため、英語で全く会話ができないというタイプの方です。

しかし、このタイプの方はすでにボキャブラリーや文法力を知識として持っているので、オンライン英会話レッスンで英語学習を習慣化し、教師と英語でのレッスンを毎日続けることでマインドセットも育ち、英語を話すことに自信を持つことができるようになります。

Falseビギナーの方は、今は知識を増やすのではなく、英会話の経験を積むことに注力しましょう。コツとして、通常のオンライン英会話レッスンに週に一回はフリーカンバセーションを取り入れて、マインドセットを意識して鍛えていきましょう。

タイプ③ Positiveビギナー(英語レベルは低いが、積極的に英語を話すことができる)

このタイプの方は英語レベルに関してはまだ初歩的であるものの、積極的に英語を使い外国人とコミュニケーションをとる方のことです。英語でできることを増やしやすい方が多いのも、このタイプの特徴です。

課題は、ボキャブラリーや文法力が不足しているため、表現できることが限られることです。オンライン英会話レッスンでは、フリーカンバセーションよりも教材の内容を習得することに重きを置き、予習と復習をしっかり行い英語レベルを高めることに集中しましょう。

タイプ④ Nonビギナー(中・上級者に近い)

このタイプの方は、すでに中上級に最も近い初心者と言えます。

オンライン英会話による英語学習を習慣化させることで、さらに英語に対するマインドセットと英語レベルを高めることで短期間で脱初心者を達成できるでしょう。

ここからさらに「英語に対するマインドセット」と「英語レベル」を高める方法については、下記の中級者向けの勉強法の記事をご覧ください。

【中級者編】オンライン英会話の効果を高める3つの勉強法

それでは、自分のタイプが把握できたと思うので、次に具体的な勉強法について解説してまいります。

英語初心者のゴールとは「英語の上達」ではなく「英語の習慣化」

英語初心者の方の多くは、学習目標の認識を改める必要があります。

英語初心者は

  • 英語を話せること
  • 英語を上達させること

をゴールにするのではなく、

英語学習を習慣化すること

をゴールにすべきです。残念ながら英語を数カ月程度で習得する魔法はありません。英語初心者の方の多くは、英語学習を始めても、英語の上達を実感する前に、途中であきらめてしまう方がほとんどです。

どんなに優れた勉強法であっても、英語学習を習慣化できなければ意味がないのです。英語学習は時間はかかりますが、習慣化すれば必ず身に付きます。

Bizmatesで英語を身に付けた受講者の多くは、下記の事例にあるように、英語を毎日の生活の中に取り入れ、習慣化できた方たちです。

オンライン英会話の習慣化に成功した10人の話と3つのコツ

初心者の第一の目標は、英語を習慣化させることが目的にすべきなのです。

それでは次に、どのように習慣化するか?単語力や文法力の上達法や、予習・復習方法などの具体的な勉強法を解説します。

単語力を高めるためのオンライン英会話での勉強法

学生がテストに備えて、単語帳で学習している姿を電車の中などでよく見かけます。しっかり暗記することで、次のテストでは高得点をとれるかもしれませんが、学習したことを覚えているのはテストを受験した日までです。

なぜ一生懸命暗記したことを忘れてしまうかと言うと、それは覚えた単語を「使わない」からです。単語力を高めるには、新しく知った単語を使うことが不可欠です。

英語には以下の言葉があります。

Use it or lose it.(使うか、忘れるか、いずれかひとつだ。)

使うことで、英語の単語は記憶に定着しやすくなります。暗記のようなインプット学習を悪いとは言いませんが、暗記した後に単語を実際に使わなければ次第に忘れていってしまうので、学習時間が無駄になってしまう可能性が非常に高いです。

受講生「そんなこと言っても、英語を普段つかう環境がない」

と思うのは間違いです。費用が安く、毎日英語を話すことができるオンラインレッスンというサービスがありますから、誰でも、英語を使う環境を自分の意志で作ることができます。

講師に覚えたばかりの単語を積極的に使ってみてください。レッスン中に新しい単語を使おうとするのは非常に良い訓練になります。

また、フリーカンバセーションでも、新しい単語を使うことはできます。例えば「Peninsula(半島)」という単語を覚えて、普段はあまり使わないこのような特定の意味を持つ単語でも、下記のように切り出せば、どんな単語でも使うことができます。

◆新しく覚えた単語をレッスンで使ってみる時に便利なフレーズ

By the way, what is another word for Peninsula?(Peninsulaの類義語は何かありますか?)

自分が新しく覚えた単語がなんであるかは、自分にしかわかりません。積極的に話題に上げることでその単語に触れた経験が自然に増え、定着につながるのです。

文法力を高めるオンライン英会話での勉強法は「間違い」を指摘されること

私は日系カナダ人で、カナダで生まれ育ったので母国語は英語です。私の母は日本からカナダに移住したため、ネイティブの英語は話せませんが、英語は日常生活に不自由ない程度に話すことができます。そんな母は今でも

× He don’t know…

と話します。これは文法的には誤りで、正しくは下記のようになります。

〇 He doesn’t know…

なぜ、私の母は間違った文法で話すのでしょうか?それは、カナダには色々な人種がいて、ネイティブでなければ、文法を間違う人は珍しくなく、また多少間違いがあっても多くの場合は意思疎通できてしまうので、母は誰にも間違いを指摘されてこなかったのです。

文法は人から間違いを指摘されることで、修正されるものなのです。指摘をされるのは気持ちの良いものではないかもしれませんが、独学よりも記憶に定着しやすいのです。そして、オンライン英会話の講師の大切な役割の一つが、受講生の英語の間違いを指摘し、修正することです。

オンライン英会話のレッスンでは、間違いを恐れず、どんどん英語を使って、そして間違いを指摘され正しい文を知ることで、文法力を伸ばすことができるのです。文法は単語と同じで知っているだけでは適切に使えません。覚えた文法をどんどん使い、何回も講師から間違いを指摘され、修正するうちに、自然に使えるようになります。

そして、間違いを指摘してくれない講師がいたら、下記のように促してみましょう。

Can you correct my mistakes?
間違いを指摘してくれませんか?

リスニング力は総合的に英語力を伸ばして行かないと身につかない

リスニング力は、「これをやれば伸びる」といった勉強法はありませんが、シャドウイングはリスニング力を鍛えるのに有効であると科学的にも証明されております。

しかし筆者の見解ですが、シャドウイングは初心者にはあまりオススメしません。それはシャドウイングばかりやるのは飽きてしまい、英語の勉強が長続きせず、英語の習慣化につながらないからです。

そもそもリスニング力というのは、相手の言っていることを理解する能力です。単に相手の英語を聞き取れるか?ということだけではないのです。以下の全てを総動員してはじめて英語を聞き取れるのです。

◆聞き取りに必要な力

・単語の知識
・文法の知識
・イディオムの知識
・様々な国のアクセントへの慣れ
・相手に関する知識

これらすべてを学習・経験していないと、リスニング力は伸びません。特にリスニング力を伸ばすなら、様々な人種や年齢の方と英語を話した経験を積まなければなりません。

私はアメリカ英語を話すのですが、20年前に初めてオーストラリア英語を話す外国人と会話した時、彼が何を言っているかほとんど理解できずショックを受けたことがあります。実はネイティブでも、相手の国の英語に慣れていないと、聞き取れないことは珍しくないのです。

単語力、文法力を上げていくことと、多くのバックグラウンドやアクセントを持つ外国人と日々レッスンを積み重ねることで、結果的にリスニング力を伸ばしていくことができるようになります。価格をおさえながら毎日他国の講師とレッスンが受講できるオンライン英会話を活用するのがベストです。

リスニング力については下記記事に詳しく書いているので、あわせてご覧ください。

英語が聞き取れない5つの原因とリスニング力を向上させる方法とは?

オンライン英会話を習慣化するために「決めるべき3つのこと」

多くの方にとって、歯磨きやお風呂に入る時間という行動は習慣化されているはずです。

オンライン英会話の習慣化も同じで、下記の3つを決めてしまう、つまり固定してしまうことが習慣化のコツとなります。

◆オンライン英会話レッスンを習慣化する3つのコツ

①同じ時間にレッスンを受講
②同じ場所でレッスンを受講
③同じ講師でレッスンを受講

まず、毎日レッスンを受ける時間と場所を決めてしまいましょう。毎日違う時間や場所で受講しようとすると、

「今日は残業があるから、レッスンを受けられない」
「飲み会があるからレッスンは明日にしよう」

と思ううちに、だんだん英語の習慣化が遠のいていくからです。例えば、誰にも邪魔されない早朝の時間帯に自宅でレッスンを受けるようにすると、習慣化が容易になります。

そして、オンライン英会話を始めたばかりの方は、毎回、同じ講師でレッスンをするべきです。なぜなら、その方がレッスン前に感じる「緊張」や「不安」などの心的負担が少なくなり、続けやすくなるからです。

英語初心者は習慣化するまでは、お気に入りの講師を若干名見つけて、レッスンを受講する講師をある程度固定してみましょう。

中には、

「私のお気に入り講師は、人気講師だから毎回は予約するのは難しい!」

と思われる方もいるかもしれませんが、実はそういった人気講師でも、より確実にレッスンを予約するコツがあります。

レッスン終了間際に、講師のスケジュールを尋ねてみましょう。具体的には下記のフレーズを使います。

◆講師に次の「空き」のスケジュールを訪ねるフレーズ

When will you open your schedule next?
次は、いつ開講するんですか?
Can you teach me again tomorrow?
明日、また教えてもらえますか?

初心者向けにはどんな講師が良いの?

オンライン英会話の講師にも、初心者向けとそうではない講師がいます。では初心者向けの講師とはどのような特徴を持つ教師が良いのでしょうか?下記の5つの特徴を持つ講師を選びましょう。

◆初心者向けの教師の5つの特徴

  • 特徴①クリアな発音や声
  • 特徴②ゆっくり話す
  • 特徴③チャットボットボックスをよく使う
  • 特徴④優しい
  • 特徴⑤自分と相性が良い

英会話レッスンを始めたてのうちは、レッスンをこなすだけでも大変ですから、最初は発音が聞き取りやすく、ゆっくり話してくれる講師を選ぶべきです。講師のプロフィールから音声を確認してみましょう。

また、初心者のうちは全て英語で行われるレッスンで混乱してしまうこともよくあります。誰もが通る道なのですが、チャットボックスを使って理解を促す工夫をする講師は初心者には非常に良い教師です。

そして、優しい講師というのは、具体的には英語学習者の気持ちがわかる講師のことです。オンライン英会話講師に多いフィリピン国籍の方の多くは、英語が第一言語ではなく、最初は英語を話せませんでした。そのため英語学習者の気持ちが自分ごとのように理解しやすい傾向にあります。

そして、最後には自分との相性が大事になります。相性というのは、突き詰めてしまえば「好み」というあいまいなことではありますが、それ以外にも、自分と同じ仕事を経験したことがある点であったり、自分と同じような経験や境遇にあるということも、相性と言えるでしょう。相性の良い講師とのレッスンは素直に楽しいですし、レッスンを習慣化させやすくなります。

オンライン英会話を始めたら、まずは「あ、この人とのレッスンは楽しかったな」と思える講師に数名めぐり逢うまで、根気よく色々な講師のレッスンを予約してみましょう。

オンライン英会話の予習の目的は「レッスンを成功させること」

オンライン英会話においては、復習よりも予習の方が大切です。予習の目的はレッスンを成功させることです。ここで言う成功というのは、受講生であるあなたが

  • 「今日は上手く英語を話せた!」
  • 「今日のレッスンはスムーズに教師とコミュニケーションができた」

と思うことです。レッスンの成功を積み重ねることで、英語のレッスンや、ひいては英語そのものを好きになり、オンライン英会話の習慣化につながります。

レッスンを成功させるためには「予習」が非常に大切なのです。

例として、もしレッスンのテーマが下記のようなものだとしたら、

◆レッスンのテーマ
Where are you from?テキストを事前に見れば、どのような質問をレッスン中に聞かれるかがわかるので、予習で下記のように言うことを準備しておくのです。
◆予習内容(レッスンで発言すべきことを考えておく)
I am from Fukuoka. It is the biggest city in Kyushu.
Fukuoka is famous for great food and beautiful sea.
Do you know Fukuoka?

この程度の用意でしたら5~10分で十分でしょう。1時間も予習に使うと、多くの初心者は疲れてしまいオンライン英会話を習慣化することができなくなります。「ウォーミングアップ」程度の分量を意識しましょう。

このように予習で「自分の言うこと」をあらかじめ考えておけば、英語以外のことで悩まず、オンラインレッスンにより集中することができるのです。

予習で自分の言うことを用意しておくことで、レッスンで教師とのやりとりが上手くでき、レッスン終了後に

「今日は上手く話せた!」

と思うことこそがレッスンを成功させるということなのです。「英語で会話ができた!」という成功体験は、英語初心者にとって大きな自信となります。英語に対する自信がつくと、英語を話すことを苦に感じなくなり、レッスンの習慣化が促され、好循環が生まれるのです。

オンライン英会話の復習の目的は「基礎能力を高めること」

オンライン英会話のレッスンを進めていくと、前のレッスンで学んだことも、テキストに出現してくるようになります。そうなると過去のレッスンで学んだことを身に付けておかないと、レッスン中に

「あれ、この前使ったフレーズが出てこない… なんだっけ…」

と、このようにレッスンがスムーズに進まなくなることもあります。ほとんどの人は、一度単語を見聞きした程度では記憶がおぼつかなく、繰り返しその単語を見聞きすることではじめて「引き出せる記憶」に昇華されていきます。

以前覚えたフレーズの定着が促されるように少しでも復習するようにし、次回のレッスンで活かせるように準備しておくことで、「あまりがんばって考えなくても表現できること」が増えていきます。より複雑なことを説明したり、表現できるようになっていくのです。復習の目的とは基礎能力を高めることにつながります。

復習方法は、難しいものではありません。復習方法は下記のようにレッスンの内容を反芻するだけで十分です。

◆復習方法

  • レッスンで何を質問されたか
  • レッスンでどのように答えたか
  • レッスンで教師に何を指摘・修正されたか

この3点を復習の時に考えて、声に出して練習するだけで良いのです

復習も予習と同様に5分~10分で十分です。初心者の英会話学習の目的は「習慣化」です。復習を頑張りすぎて疲れてしまい、挫折してしまわないようにしましょう。

フリーカンバセーションは「マインドセット」を伸ばすのに良い!

では、オンライン英会話の勉強法においては、テキストを使わない「フリーカンバセーション」は効果があるのでしょうか?フリーカンバセーションでは、教材という潤滑剤なしで会話を運用する能力が求められます。

初心者ではボキャブラリーは限定的ですが、自分の使える英語を最大限に駆使して、フリーカンバセーションで英語を話すことで英語に対するマインドセットを鍛えることができます。

先に挙げたマトリックスで、マインドセットが低い方は一週間に一度はテキストレッスン以外に、フリーカンバセーションをオンラインレッスンに取り入れるべきです。教材という補助がない状態で今の自分がどのくらい会話に対応できるか見てみましょう。

また、長い間オンライン英会話を続けていると、時折、下記のような気持ちの日に遭遇します。

  • 「今日はオンラインレッスンしんどいな~」
  • 「今日は予習をやっていない、やめようかな。。」

こういった日は、無理をせず、フリーカンバセーションの日にしても良いでしょう。

ただし、フリーカンバセーションばかり行うと、英語レベルを高めることができないので、きちんとカリキュラムに沿った学習も並行して行うようにしましょう。

10レッスン受ければ、英語に慣れる。20レッスン受ければ、少し話せるようになる!

私の経験ですが、10レッスン続ければ、どんな初心者でも英会話に慣れてくるので、講師と話すことに極度に緊張したり、不安に思ったりしなくなります。

そして、20レッスンを受ける頃には、初心者でも少し英語で意思疎通ができるようになります。今からオンライン英会話を検討している人は、まずは「英語学習を続けること」を目標にして、英語学習を習慣化を目指してください。

弊社、Bizmatesのオンライン英会話は英語学習の習慣化を促す設計の学習プログラムを提供しています。これからオンライン英会話スクールを選ぶ方は、ぜひ下記ホームページから、Bizmatesをご検討ください。

オンラインビジネス英会話ならビズメイツ Bizmates


magazine_bnr_short

  • 英語学習法
  • #英語の学習法について知る

Share

オススメの英語学習法の記事

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録