海外インターンの面接でよく聞かれる質問集8選|合格するための秘訣を教えます

海外インターンに合格するために、面接対策の方法を調べている人もいるのではないでしょうか。

しかし、海外インターンの面接でどのようなことを質問され、どのように回答すれば合格に近づけるのかわからない方もいるはずです。

本記事では海外インターンの面接でよく聞かれる質問や、合格するための秘訣を解説します。

集中して面接の練習をしたい方はBizmatesの英語コーチングを一度試してみてください。

毎日できる英会話に加えて、専属の英語学習のプロがあなたにパーソナライズした学習プランを立て、目標達成まで伴走するので、挫折無しで最短ルートで英語力を上げていくことができます。

リーズナブルにビジネス英語を身につけませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用する
ビジネス特化型オンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」
仕事で使えることを目的に作られているから、
3カ月以上利用したユーザーの90%が上達を実感

・中学英語が分からなくてもOK!初心者からできるビジネス特化型教材

採用率1%以下ビジネス経験あるトレーナーのみを採用

・1レッスン500円以下!月額14,850円(税込)で毎日できるレッスン

英語で面接を突破、海外案件にアサインされた受講生など多数。
英語初心者から上級者まで幅広い英語レベルに対応。
まずは、無料体験レッスンからお試しください。

※【上達実感】2024年3月14日~3月20日実施のBizmates受講生(Bizmates3か月以上継続利用ユーザーで抽出)アンケート結果に基づく(n=296)
※【採用率1%以下】2021年度から2023年度までの平均値に基づく

リーズナブルにビジネス英語を身につけませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用する
ビジネス特化型オンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」
仕事で使えることを目的に作られているから、
3カ月以上利用したユーザーの90%が上達を実感

・中学英語が分からなくてもOK!初心者からできるビジネス特化型教材

採用率1%以下ビジネス経験あるトレーナーのみを採用

・1レッスン500円以下!月額14,850円(税込)で毎日できるレッスン

英語で面接を突破、海外案件にアサインされた受講生など多数。
英語初心者から上級者まで幅広い英語レベルに対応。
まずは、無料体験レッスンからお試しください。

※【上達実感】2024年3月14日~3月20日実施のBizmates受講生(Bizmates3か月以上継続利用ユーザーで抽出)アンケート結果に基づく(n=296)
※【採用率1%以下】2021年度から2023年度までの平均値に基づく

海外インターンの面接でよく聞かれる質問集8選

海外インターンの面接でよく聞かれる質問は以下のとおりです。

  • 自己紹介
  • 経歴
  • 志望動機
  • 強み/弱み
  • スキルや実績
  • 海外での就業経験
  • 希望のポジション
  • インターンシップ後のビジョン

よくある質問を理解しておくことで、事前に面接のシミュレーションを立てやすくなります。

具体的な海外インターンの面接のイメージを掴めるようになれば、面接時に動揺することはありません。

面接当日に焦らないためにも、よく聞かれる質問は事前に対策しておきましょう。

自己紹介

インターン採用において面接官から最初に質問されるのが、自分自身のことです。

自己紹介において話す内容はある程度パターン化されているので、事前に話す内容を固めておきましょう。

よく聞かれるのは以下のとおりです。

[例文1]
Can you tell me a little bit about yourself?

(あなたのことについて少しお聞かせいただけますか?)

[例文2]
Can you tell me about your educational background?

(あなたの学歴について教えていただけますか?)

自己紹介を求められたら、以下のテーマを1分前後で話せるように準備しましょう。

  1. 氏名
  2. 年齢
  3. 学歴
  4. 大学で学んだ内容
  5. 職歴・仕事内容
  6. まとめ

経歴

経歴を聞かれる際、以下の質問を投げかけられることがあります。

[例文1]
Can you tell us about your educational background and what you learned at university?

(あなたの学歴と大学で学んだことを教えてください。)

[例文2]
Can you tell me about your work history and the type of work you did?

(あなたの職歴と仕事内容を教えてください。)

これらの質問も良く聞かれるので、以下の観点で整理しましょう。

  • 学歴
  • 大学で学んだこと・専攻科目
  • 職歴
  • 仕事内容
  • 仕事での実績

志望動機

「なぜ海外インターンを志望するのか」「なぜうちの企業を志望したのか」などの質問も聞かれる可能性があります

以下のような言い回しで、志望動機について質問されます。

[例文1]
Why did you decide to join our internship program?

(なぜ弊社のインターンシップに参加したいのでしょうか?)

[例文2]
Please tell me why you want to work here as an intern.

(なぜ弊社でインターンシップとして働きたいのか教えてください。)

志望動機については、

  • 海外インターンへの参加理由
  • 企業への志望理由

の2つの軸で問われます。

志望理由は、面接官に自分の熱意をアピールしやすいので魅力的な回答を用意しておきましょう。

強み/弱み

自分自身の強みや弱みについても、面接では聞かれます。

以下のように質問されるので、答えられるように準備しましょう。

[例文1]
What are your strengths and weaknesses?

(あなたの強みと弱みは何でしょうか?)

[例文2]
What are you good at?

(あなたの得意なことは何でしょうか?)

[例文3]
What are you not good at?

(あなたの苦手分野は何ですか?)

苦手分野について問われた際は、弱い点を回答したうえで、改善するために努力しているという内容をあわせて伝えましょう。

スキルや実績

インターンシップの採用とはいえ、社会人からの参加であればスキルや実績は重要視される傾向にあります。

[例文1]
What skills do you have?

(どのようなスキルをお持ちですか?)

[例文2]
Can you tell me about your work history and the results you’ve achieved?

(あなたの職歴と仕事の実績を教えてください。)

[例文3]
Please tell a difficult time you faced at work and how you overcame it.

(仕事で大変だったことと、どのように乗り越えたのか教えてください。)

保有スキルを直接的に聞かれる場合もあれば、職歴を聞く形で過去の仕事の実績を聞かれる場合もあります。

また、学生のように職務経験のない方の場合は、これまでに経験した大変だったことと乗り越え方など、人間性を見極めるための質問がされます。

海外での就業経験

海外インターンシップに参加するにあたって、過去に海外での就業経験があると有利です。

必要最低限のビジネス英語力を持っていると判断してもらいやすくなるからです。

面接の場で海外での就業経験を聞かれる場合は、以下のような質問が投げかけられます。

[例文1]
Have you ever worked abroad?

(これまで海外で働いたことはありますか?)

[例文2]
Have you ever been overseas?

(これまで海外に行ったことはありますか?)

海外での就業経験を伝える際は、以下のポイントを整理して伝えましょう。

  • どこの国で、どのような職種でインターンを行ったのか
  • どのような目的で、その国でのインターンに参加したのか
  • インターンの結果、何が身につき、どのように成長したのか

一方海外での就業経験がない場合は、以下の内容を参考に回答を考えましょう。

  • なぜ海外インターンに興味を持ったのか
  • 海外インターンで何を身につけたいのか
  • 海外インターンに参加するために、どのような語学学習をしているか

希望のポジション

インターン先企業で希望する職種やポジションについても質問されることがあります。

[例文1]
Why are you interested in this position?

(なぜこのポジションに興味があるのでしょうか?)

[例文2]
Tell me why you want to work here.

(ここで働きたい理由を教えてください。)

[例文3]
Why do you want this job? 

(なぜこの職種に就きたいのですか?)

面接官に希望ポジションを問われた際は、以下のポイントを意識して回答しましょう。

  • なぜその職種に魅力を感じているのか?
  • これまでの経験をどのように活かせるのか?
  • 自分がどのような価値を発揮できるのか?

インターンシップ後のビジョン

インターンシップが終了した後にどのようなキャリアプランを描いているのか、面接で問われることがあります。

以下の質問例を覚えておき、答えられるように準備しましょう。

[例文1]
What type of work and goals are you hoping for after this internship?

(インターンシップ終了後のあなたの仕事や目標は何ですか?)

[例文2]
How would you like to make use of this internship experience?

(このインターンシップの経験を今後どのように活かしたいですか?)

今後のキャリアプランとあわせて質問されることもあるので、英語で将来のプランを返せるように準備が必要です。

海外インターンの面接時に役立つ逆質問

面接時に、面接官から質問はないか問われることがあります。

逆質問を受けた際は、以下のフレーズを参考に質問できるように準備しておきましょう。

[例文1]
What qualities and attributes make for a successful employee in the company?

(御社で活躍するためには、どのような能力や資質が必要ですか?)

[例文2]
What are the biggest challenges the company is facing right now?

(現在御社が抱えている最大の課題は何ですか?)

海外インターンの面接に合格するための秘訣

海外インターンの面接に合格するためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 日本ではなくなぜ海外インターンなのか理由を明確にする
  • 海外のビジネストレンドに詳しいことをアピールする
  • ビジネス経験者と英語で面接練習をする
  • 面接中はリラックスすることを意識する
  • インターン先の国の採用動向に合わせて対策を練る

海外インターンに合格するためには、業務に必要なレベルの英語力と、希望する業界に対するビジネス知識のアピールが必要です。

それぞれの項目について詳細に解説します。

日本ではなくなぜ海外インターンなのか理由を明確にする

日本のインターンでも経験できるような志望理由だと、海外インターンを希望する根拠としては弱いため合格しづらいです。

海外インターンでしか経験できないことを志望理由として伝えると、面接官にインターン参加への熱意が伝わりやすくなります。

[例文1]
I want to join 〇〇 because I can learn cutting-edge IT technology.

(最先端のIT技術を〇〇社から学べるので、私は御社へ入社したいです。)

[例文2]
I want to work here because I want to learn business customs in Australia. 

(オーストラリアでのビジネス上の習慣を学びたいので、私はここで働きたいです。

[例文3]
I want to participate in an internship because I want to seriously improve my English and business skills.

(真剣に英語力とビジネススキルを伸ばしたいから、私はインターンプログラムに参加したいです。)

海外のビジネストレンドに詳しいことをアピールする

働きたいと思っている国のビジネストレンドの情報を収集し、トレンドに詳しいことをアピールすると、採用面接官の心象はぐっと良くなります。

日本のように短期的な職場見学の意味合いのインターンとは異なり、海外のインターンは実際に職務につき長期的に経験を積むプログラムです。

そのため海外では、インターン生をお客様ではなく、即戦力として見なされる可能性があります。

戦力として考えてもらうためには、少なくとも志望先企業の業界知識やビジネストレンドについて情報収集していることが大切です。

ビジネストレンドに精通し、テーマについて自分なりに意見や考えを持っていると、面接官にアピールしやすくなり、インターンに合格する可能性が高まります。

ビジネス経験者と英語で面接練習をする

魅力的な志望理由や自己PRを用意したり、自分でシミュレーションしたりしても、実際に英語で面接する経験を積まないと英語面接のスキルは向上しません。

たとえば野球において、いくら野球の技術を学べる動画を見ても、実際にバットを振って球を打たないとスキルは上達しません。

それと同様に、面接で話す内容を頭の中で準備していたとしても、それを実際に面接対策の練習を積まないと、面接はうまくならず、希望のインターン先に合格できなくなるかもしれません。

また、面接は面接官との対話の場であるため、想定外の質問なども投げかけられます。

ビジネスシーンでの対話力を上げるためには、ビジネス英語の経験のある方と面接トレーニングを積むべきです。

面接中はリラックスすることを意識する

面接は合否を決める場でもありますが、会社と求職者の相性を見極める場でもあります。

相性を見極める面接の場で過度に緊張している状態だと、本来のあなたの姿を面接官に伝えられません。海外インターンの面接では、これまでの実績よりも志望者の性格・パーソナリティが重点的に見られる傾向です。

過度に緊張している状態だと、あなたのパーソナリティは面接官に伝わりません。

面接官から与えられた質問に対して、「うまく」返答しようとする必要はありません。リラックスして、聞かれたことに対して「適切に」返すことが大切です。

面接中はリラックスして、相手が聞きたいことにしっかり返答するのを心がけましょう。

ただし、社会人の場合はこれまでの職歴やスキル、実績が重視される傾向にあります。

リラックスしたうえで、これまで何を経験し、どのような実績を成し遂げたのか、正確に伝えられるようにしましょう。

インターン先の国の採用動向に合わせて対策を練る

インターン先の国の企業が採用において何を大切にしているのか、採用動向や傾向を把握することも大切です。

インターン先の採用動向を理解することで、応募者に何を求めているのかがわかるため、対策を打ちやすくなるからです。

たとえばアメリカでは即戦力で活躍できる人材が求められるので、実務経験や学歴が重視されます。

アメリカのインターンに参加するためには、以下の条件をクリアする必要があります。

  1. 大学か短大に在学中、あるいは卒業後12ヶ月以内に渡米できる
  2. 短大卒業以上で1年以上の職歴がある
  3. 5年以上の職歴がある

アメリカのインターンに参加するために必要な対策は以下の通りです。

  • 在籍している大学で、なるべく好成績を取る
  • 英語をスピーキング力・リスニング力を高める

希望のインターン先に近い業種で、日本で経験を積む。(アルバイトなどでもいいので)

一方韓国は学歴が重視される社会なので、インターン採用においても大学名が重要視されます。

ほかにも、留学経験や資格の有無などを問われる可能性があります。

具体的な対策は以下のとおりです。

  • 中級以上の英語力(TOEIC600 ~750点程度)を身につける
  • 韓国への短期留学や韓国でのボランティアなど、韓国での実績を積む
  • なぜ韓国でインターンをしたいのか、理由を整理する

このように、インターン先の国の採用動向を理解し対策を練ることが、インターンに合格するための大切なポイントです。

社会人から海外インターンにいくならビジネス英語が必要

社会人から海外でインターンに行くためには、ビジネス英語が欠かせません。

海外インターンは留学とは違い、「ビジネスの場」ですので、日本語で働くことと同じように、英語でもビジネスに適したコミュニケーションを取る必要があります。

そのため、ビジネス英語で話すことができないと、海外インターンに合格しづらくなります。

では、どのようにビジネス英会話を身につければよいのでしょうか。

ビジネス英語と聞くと、難しいそうなイメージがあり、学習ハードルを高く感じられる方が多いかもしれませんが、じつは、日常英会話をマスターするよりもビジネス英会話を習得する方が難易度が低いです。

ビジネス英会話は、会話シーンが「ビジネスの場」に限定されているため、覚えるべきフレーズが限定されており、具体的には、日常英会話で3,000~4,000語に対して、ビジネスの場面では1,500語程度のボキャブラリーだけでも会話ができると言われています。

そのため、中学~高校で学ぶ程度の英単語を身につけ、ビジネス英会話に特化したトレーニングを積めばビジネス英会話を習得できますよ。

ビジネス英会話を効率的に学ぶには、Bizmatesがオススメです。

Bizmatesのトレーナーは全員が英語でのビジネス経験者。さまざまなバックグラウンドを持ったトレーナーが在籍しているため、人事経験のあるトレーナーや行きたいインターンの業界出身のトレーナーとのレッスンが行えます。

より面接本番に近い練習をして、面接に必要なフレーズはもちろん、印象アップのコツや立ち居振る舞いまで実践的なアドバイスが可能です。

初回は無料で体験レッスンを受講できますので、ぜひレッスンやトレーナーの雰囲気をたしかめてみてくださいね。

>>Bizmatesの無料体験レッスンはこちら

まとめ

本記事では、海外インターンの面接においてよく聞かれる質問をまとめて解説しました。

よく聞かれる質問を知っておくことで、面接前に予め対策を打ちやすく、合格する確率を少しでも上げることができます。インターンとはいえ油断するのではなく、しっかり面接対策をしておくようにしましょう。

ビジネス英会話を効率的に学ぶなら、Bizmatesがオススメです。

Bizmatesでは、Other ProgramsとAssist Lessonというプログラムで英語面接の練習ができます。

Other Programsでは、自分の業務や職位に合ったビジネスシーン別の教材でレッスンを受けられます。Assist Lessonは特定の教材を用いるのではなく、面接練習やプレゼン練習など、あなたの好みに応じて自由にカスタマイズできるレッスンです。

まずは無料体験レッスンを受講して、自分の英語レベルを分析してみましょう。

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただき
サービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただきサービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

  • 英語面接

Share

オススメの英語面接の記事

Bizmates