英語面接の自己紹介で使えるフレーズと印象アップの方法を紹介

「転職で英語面接があるけど、どのように自己紹介すればよいのかわからない」

「仕事の昇進試験で英語の面接があるけれど、どのように準備すればいいのかわからない」

と悩んでいませんか?

本記事では、英語面接の自己紹介で使えるフレーズや印象アップの方法を紹介します。

英語面接で使える具体的な自己紹介のフレーズを知りたい方はぜひ参考にしてください。

英語面接で印象がアップする自己紹介ができるようになりたいなら、オンライン英会話がオススメ。

事前に外国人のトレーナーと面接練習をしておくことで、面接本番で自分を最大限にアピールすることができますよ。

オンライン英会話なら、いつでも好きなときに自宅でレッスンが受けられるので、仕事が忙しい方でも、効率よく英語を学べます。

Bizmatesはビジネス特化型のオンライン英会話サービス。トレーナー全員がビジネス経験豊富なため、面接を受けたい業界出身のトレーナーや、人事経験者のトレーナーを選んでレッスンを受けることが可能です。

英語フレーズはもちろん、より実践的な話し方や面接でのマナーも教えるので、面接準備にぜひご利用ください。

>>ビジネス特化型オンライン英会話のBizmates(ビズメイツ)

英語面接でチェックされていること

英語面接でチェックされていること

英語面接でチェックされていることを知ることで、事前に対策を立てられます。

一般的に「英語面接でチェックされている」といわれているのは、以下のポイントです。

  • 業務に必要な英語力があるか
  • 自主性は高いか
  • 応募したポジションへの適正はあるか

順番に見ていきましょう。

業務に必要な英語力があるか

業務に必要な英語力があるかどうかは、必ず見られるポイントです。

英語で面接を行うのは、業務で英語が必要だからですよね。

業務で必要なレベルの英語力をすでに持っているかどうかは、採用するときに重要なポイントになります。

職種にもよりますが、必ずしもネイティブレベルである必要はないケースがほとんど。

英語で意思疎通ができ、業務をこなせるレベルであればOKです。

TOEICや英検などでも英語力を証明できますが、実際に話してみなければ本当の実力はわかりません。

そのため、企業側は英語での面接を行なうのですね。

面接で自分の英語力を十分に発揮できるよう、事前の準備はしっかりと行ないましょう。

自主性は高いか

自主性の高さも、英語の面接ではチェックされています。

とくに外資系企業では、自主性やリーダーシップを求めている企業が多いです。

自主性が伝わるエピソードを自己紹介に絡めるとよいでしょう。

英語の面接では、自主性の高さをみるために「性格」についての質問をされることが多いです

よくある質問を紹介しますので参考にしてください。

答えには過去の自分の経験を交え、自主性や仕事のスキルの高さをアピールしましょう。

【よくある質問】

  • Please tell me about a stressful experience you faced and how you deal with it.
    (過去のストレスを感じた経験と、そのときの対処法を教えてください)
  • Do you have any hobbies or do any sports? And please tell me why you enjoy them.
    (趣味やスポーツなど打ち込んでいるものはありますか?その理由も教えてください)
  • What motivates you to work?
    (仕事をする上でモチベーションになっているものは何ですか?)
  • Please tell me what you like and dislike about your personality.
    (自分の性格で好きなところと嫌いなところを教えてください)

応募したポジションへの適正はあるか

応募したポジションへの適性の有無も、面接時にはチェックされています。

英語面接で、面接官がチェックしているのは英語力だけではありません。

業務をこなす上で必要なその他のスキルや、会社との相性などもチェックされています。

いくら英語力が高くても、業務に必要なスキルや資格がなければ評価されません。

面接では「なぜ、このポジションに興味があるのですか?」と聞かれることがあります。

これは、以下のような内容について判断したいからですね。

  • 応募するポジションの役割を理解しているか
  • あなたがどれくらいこのポジションに興味を持っているか
  • なぜこのポジションに就きたいのか
  • そのポジションに対してどれくらい熱意を持っているか

事前に企業をよく研究し、キーワードとなる英単語を頭に入れておきましょう。

英語面接での自己紹介で使えるフレーズ

英語面接での自己紹介で使えるフレーズ

英語面接で慌てないために、自己紹介で使えるフレーズを覚えておきましょう。

面接では「Tell me about yourself.」は必ず聞かれる質問です。

面接の結果に大きく関わり、かつ聞かれるとわかっている質問なので、しっかりと備えることが大切です。

そのほか、自己紹介で使えるフレーズを6つのテーマにわけて紹介します。

  • 学歴
  • 職歴
  • 長所
  • 短所
  • 志望動機
  • 締め

順番に見ていきましょう。

学歴

学歴を伝えるときには、募集要項に適しているものをアピールするとよいでしょう。

学歴を伝えるときに使えるフレーズを紹介します。

  • I studied 〇〇 at △△ University and graduated in 2021 with a bachelor’s degree in ××.
    (私は△△大学で〇〇を学び、2021年に××の学士を取得して卒業しました)
  • I received my master’s degree in 〇〇 at △△ University. I devoted myself to research on ××.
    (私は△△大学で〇〇の修士号を取得しました。そこで××について研究しました)
  • I’m currently taking a course in 〇〇.
    (私は現在、〇〇のコースを受講しています)
  • My major was 〇〇.
    (私の専攻は〇〇でした)

自分の学歴にあった単語を入れて、フレーズごと覚えてしまいましょう。

職歴

これまでの職歴を伝える場合は、これまで働いてきた会社やポジション、仕事内容などを伝えます。

その時には、応募したポジションに関係があることだけ言うようにしましょう。

  • I am a ×× with △ years of experience.
    (私は××として△年間の経験があります)
  • I have worked for 〇〇 as a ×× for △ years.
    (私は××として△年間、〇〇で働いています)
  • I’ve been working as a 〇〇 for △ years  at ×× company.
    (〇〇として××社で△年間働いています)
  • I’m a qualified 〇〇. After graduating, I started my career as △△ at ×× company.
    (私は〇〇の資格を持っています。卒業後、××社で△△として働きはじめました)

長所

自分の強みや長所を伝えるときには、以下のようなフレーズがよく使われます。

面接時に自分の長所/強みを答えられるようにしておきましょう。

  • My strength is 〇〇.
    (私の長所/強みは〇〇です)
  • One of my strengths is 〇〇.
    (私の長所/強みのひとつは〇〇です)

「〇〇することが私の長所/強みです」と言いたいときには動詞にtoを付けて「to 〇〇」を使いましょう。

「〇〇が得意です」と言いたいときには、以下のフレーズを使います。

  • I’m good at 〇〇.
    (〇〇が得意です)
  • I’m skilled at 〇〇.
    (〇〇が得意です)

「〇〇することが得意です」と言いたいときには「~ing」を使いましょう。

短所

自分の短所や欠点を伝えるときには、以下のようなフレーズが使われます。

  • My weakness is 〇〇.
    (私の欠点は〇〇です)
  • My greatest weakness is 〇〇.
    (私は〇〇がもっとも苦手です)
  • I tend to 〇〇.
    (私は〇〇してしまいがちです)

「〇〇することが私の短所/欠点です」と言いたいときには「to 〇〇」を使いましょう。

短所/弱みを伝えるときには、短所/弱みを伝えたあと、具体例やどのようにカバーしているかを伝えるようにするとよいでしょう。

短所/弱みを伝えたあとに、以下のフレーズを付け加えるのもよいですね。

  • But I’ve been trying to improve.
    (しかし、それを改善しようと努力しています)

志望動機

志望動機も、面接時には必ず聞かれることのひとつです。

下記の項目について、具体的に伝えましょう。

  • なぜ、その会社を選んだのか
  • なぜ、そのポジションに応募したのか
  • そのポジションで何を学びたいのか
  • どのように会社に貢献できるのか

志望動機を伝えるときに使えるフレーズを紹介します。

  • I was impressed by the 〇〇.
    (私は御社の〇〇に感銘を受けました)
  • I find your 〇〇 position very attractive because……
    (御社の〇〇のポジションは私にとってとても魅力的でした。なぜなら……)
  • I applied for this position because I believe that I can contribute to your company in many ways.  
    (このポジションに応募したのは、私の経験が御社にさまざまな面でお役に立てると信じているからです)

締め

最後に、英語の面接で自己紹介を締めるときに使えるフレーズを紹介します。

「最後はどうやって締めればいいの?」という方はぜひ参考にしてください。

  • Thank you for your time.
    (お時間をいただきありがとうございました)
  • That’s all. Thank you.
    (以上です。ありがとうございました)
  • I really appreciate your having me today.
    (本日は面接をしていただきありがとうございました)
  • Thank you for having me today.
    (本日はお呼びいただきありがとうございました)
  • I look forward to hearing from you.
    (ご連絡をお待ちしております)

英語面接の自己紹介で印象をアップさせる方法

英語面接の自己紹介で印象をアップさせる方法

英語面接の自己紹介では、ちょっとしたポイントに気をつければ印象をアップさせられます。

ここでは、英語面接の自己紹介で印象をアップさせる方法を5つ紹介します。

  • 暗記した自己紹介の棒読みは避ける
  • ゆっくり堂々と話す
  • アイコンタクトを意識する
  • ビジネスにふさわしい表現を使用する
  • オンライン英会話で繰り返し練習する

順番に見ていきましょう。

暗記した自己紹介の棒読みは避ける

暗記した自己紹介の棒読みはやめましょう。

丸暗記した自己紹介の棒読みは印象が悪いです。

面接官も、自分の言葉で話していないことにすぐに気がつきますよ。

あなたが面接官だと想像してみてください。

あなたがした質問に対して、暗記した答えを棒読みしている人がいたらどうでしょうか?

多くの人がよい印象を持たないと思います。

面接では文章をそのまま暗記するのではなく、要点を暗記してその場で文章を作れるようにしてください。

丸暗記してしまうと、質問のされ方が予想と異なったときや、途中で面接官に質問されたときなどに対応できなくなってしまいます。

一度パニックになると、そこから体勢を立てなおすのは難しいでしょう。

どんな質問が来ても自分の言葉で答えられるように、事前にしっかりと準備をしてください。

ゆっくり堂々と話す

面接中は、ゆっくり堂々と話すよう心がけましょう。

人は緊張すると早口になりやすいものです。

焦ったときこそ、ゆっくり堂々とした話し方をするよう気をつけてください。

英語の面接では、低姿勢よりも堂々とした態度が好まれやすいです。

表情や姿勢、話し方などから自信が伝わるように意識しましょう。

話し方から自信を伝えるために気をつけるポイントを紹介します。

「堂々とした話し方がわからない」という方は、ぜひ参考にしてください。

  • 姿勢を良くする
  • ジェスチャーを効果的に使う
  • 表情を豊かにする
  • 落ち着いた雰囲気を心がける
  • 聞き取りやすいボリュームで話す
  • ゆっくりはっきり話す
  • 抑揚をつける

アイコンタクトを意識する

英語の面接では、アイコンタクトを意識しましょう。

日本の文化では、相手の目をしっかりと見つめることは「失礼な態度」「相手を威嚇している態度」とされてきました。

しかし、海外ではアイコンタクトが重視されています。

海外では、コミュニケーションをとるときに相手の目を見ることは「基本中の基本」。

相手の目をしっかりと見ながら話すことで「あなたの話を聞いています」「あなたの話に興味があります」と伝えているのです。

英語に自信がなかったり、緊張していたりするとアイコンタクトが少なくなりやすいので注意しましょう。

相手の目を見ながらはっきりと話すことで、つたない英語でも相手は「何か言いたいことがあるんだな」としっかりと聞いてくれますよ。

面接官が複数いるときは、それぞれの面接官の顔を見ながら話すようにするとよいですね。

ビジネスにふさわしい表現を使用する

面接時にはスラングなど砕けた表現は使わず、ビジネスにふさわしい英語表現を使用しましょう。

以下のようなカジュアルな言葉遣いも使わないように気をつけましょう。

とくに、普段ネイティブの友人と話すことが多い人は、友人と話すときに使っている表現が出ないように注意してください。

  • you know(だよね/じゃない?)
  • like(えーっと)
  • yeah(うん)

英語の面接で使ってはいけない言葉と、その言葉をどのように変化させればいいのかを表にまとめました。

「面接で使ってもいい表現を知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。

使ってはいけない表現 こちらの表現を使いましょう!
Yeah.(うん/そうだね) Yes. (はい)
That’s right.(その通りです)
What?(何?/なんて?) Excuse me?(すみません、何ですか?)
I guess.(たぶんね) I believe so.(そう思います)
Thanks.(ありがとうね) Thank you.(ありがとうございます)
Can I~?(~していい?) May I~?(~してもいいですか?)
I wanna〜.(~したい) I would like to~.(~したいと考えています)

普段ネイティブの友人と話すことが多い人でも、ビジネスにふさわしい言葉遣いは苦手な人が多いでしょう。

単に英会話を学ぶだけでは不十分です。

ビジネスでの使用を意識した英語学習を継続していきましょう。

オンライン英会話で繰り返し練習する

面接の練習をするなら、本番を想定して誰かと英語で行うのがもっとも効果的です。

しかし「英語を話す環境がない」という人も多いのではないでしょうか。

そんな方には、いつでも好きなときに自宅でレッスンが受けられるオンライン英会話がオススメです。

Bizamatesのオンライン英会話なら、英語でのビジネスを経験したトレーナーと自分が応募する業種やポジションを想定した実践的な練習ができます。

英語初心者から上級者までレベルにあわせて面接対策ができるので、面接で役立つ英語力を着実に身につけることができますよ。

1プログラムが20レッスンで構成されているので、毎日1レッスン受ければ、1ヶ月以内に面接での基本的な対応力が身につきます。

教材が気になる方は以下教材の詳細もご確認ください。

>>Other Programsの詳細はこちら

Bizmatesには、英語での様々なビジネス経験を持ったトレーナーが在籍しています。

面接を受ける予定の企業の業界経験者や人事経験者などのトレーナーを選べば、英語フレーズはもちろん、より実践的な話し方や面接でのマナーを学ぶことができます。

また、レッスンの中でトレーナーと本番を想定した面接を行えば、非常に良い練習の機会になります。

ぜひ一度、無料体験レッスンで雰囲気を確かめてみてください。

\ かんたん1分で登録完了 /

詳しくはこちら

英語面接の自己紹介で使えるフレーズまとめ

英語面接の自己紹介で使えるフレーズまとめ

本記事では英語面接でのポイントと自己紹介で使えるフレーズを紹介しました。

英語で面接を行うのは業務に英語が必要であることを意味していますが、英語のレベルに関して、多くの場合は英語で意思疎通ができ、業務をこなせるレベルであれば問題ありません。

ただ、自己紹介で役立つフレーズや、面接ならではの単語や英語表現を学んでおく必要はあります。また、英語面接で聞かれやすい質問をさらって、英語で返答できるように準備しておくとよいでしょう。

そして、英語以外の部分、棒読みを避けゆっくり堂々と話すことやアイコンタクトを取ることなど、本記事で紹介した印象アップのポイントも意識して面接に挑みましょう。

magazine_bnr_short

 

  • 英語面接
  • #ビジネススキルを学ぶ
  • #職場の英語

Share

オススメの英語面接の記事