「課題」って英語で何と言う?異なるニュアンスを上手に使い分けよう

仕事はさまざまな課題をクリアしながら進めていくので、「課題」について議論することは多いのではないでしょうか。そこで今回は「課題」を意味する英語表現について解説します。

日本語では「課題」という単語を便利に使えても、英語ではニュアンスによって使い分けが必要です。この記事を参考にして、さまざまな表現を使いこなせるようになりましょう!

ビジネスで使える「課題」の英語表現

まずはビジネスで使える「課題」の英語表現について解説します。どのような課題かによって使い分けが必要なので、解説や例文をしっかりチェックしましょう。

Problem(課題、問題)

Problem
課題、問題

Problemは「解決すべき問題」という意味で表現したい時に使います。不利益や不都合を来たす物事を指します。

[例文1]
This is a problem our company needs to work to resolve in the long term.
これは我が社が長期的に取り組まなくてはならない課題です。
[例文2]
Does anyone have a good idea to resolve the problem?
この課題を解決するためのいいアイディアはありますか?
[例文3]
The biggest problem of this project is the lack of human resources.
このプロジェクトの一番大きな課題は、人材が不足していることです。

Task(課題)

Task
課題

Taskは「やらなければならない作業・仕事」というニュアンスです。日常的な業務レベルで与えられた軽めの仕事や宿題を指します。

[例文1]
The only task I have left for this week is making my presentation slides.
今週残る課題はプレゼンテーションの資料作りです。
[例文2]
Thanks for helping me out. I was able to complete my task by the due date.
手伝ってくさってありがとうございました。なんとか期日までに課題を終えられました。
[例文3]
The president gave me a task to come up with a better marketing message.
社長からより良いマーケティングメッセージを策定するように、という課題をいただきました。

Assignment(課題)

Assignment
課題

AssignmentはTaskに似た意味合いを持ちますが、「任務」や「任された仕事」と、大きめの課題といたニュアンスです。上司から割り当てられた課題は、このAssignmentで表現します。ビジネスシーンだけでなく、学校でも宿題の意味で使われる表現です。

[例文1]
Let’s complete this assignment with everyone in the department.
この課題は部署全員で協力して完了させましょう。
[例文2]
I got a new assignment from my boss. I need to get it done within this year.
上司から新しい課題を渡されました。今年中に完了しなければなりません。
[例文3]
I’d like to give this assignment to Gabriel. It’s not going to be easy, but I think it will help him gain experience.
この課題はガブリエルにアサインしようと思います。難しいでしょうが、彼にはいい経験になると思います。

Issue(課題)

Issue
課題

Issueは「議論すべき事象や問題」というニュアンスの表現です。Problemはそのもの自体がトラブルになりかねない問題を意味しますが、Issueはその事柄について賛成する人・反対する人に二分されている場合など、明らかに問題と言いきれない時や、角が立たないよう「問題」と呼ぶのを避けたい時に使います。

[例文1]
We should resolve this issue ASAP.
この課題は早急に解決したいですね。
[例文2]
The rising costs of our factories in Asia are a serious issue for our company.
アジア圏の工場でのコストの増加は弊社にとって大きな課題となっています。
[例文3]
At our company, we are taking social issues such as SDGs seriously.
弊社では、SDGsをはじめとした社会の課題に熱心に取り組んでいます。

Business(課題)

Business
課題

Businessは一般的に「仕事・事業・業務」という意味で使われますが、「片付けなければならない仕事」という意味でも使用されます。頻繁に使われる表現ではありませんが、これもissue のように婉曲な「問題」の言い方になります。

[例文1]
That is none of your business. I will take care of it.
それは私の課題なので責任を持って終わらせます。
[例文2]
I have some business I really need to take care of by the end of the day.
どうしても今日中に片付けなくてはならない課題があります。
[例文3]
It looks like we’ve got some business to do.
どうやら課題がでてきたようですね。

学校で使える「課題」の英語表現

学校や大学で使う「宿題」という意味の「課題」を英語で言うなら、これら3つの単語を使います。

Homework, schoolwork, assignment (課題、宿題)

Homework, schoolwork, assignment
課題、宿題
[例文1]
I’ve got tons of homework due next week.
来週までに提出しなければならない課題が山ほどあります。
[例文2]
Mr. Stevens is popular because he doesn’t assign a lot of schoolwork and his classes are fun.
スティーブンズ先生は課題が少なくて、授業が充実していると評判です。
[例文3]
I’m planning to go out to eat after I finish this assignment.
この課題を終わらせたら食事にするつもりです。

「課題」にまつわる英語表現

「〇〇の課題」や「課題の〇〇」など、セットで覚えておくと便利な表現を紹介します。一つずつ例文を紹介しますが、例文をアレンジして自分なりに文章を作ってみましょう!

課題を解決する = resolve an issue, resolve a problem

[例文]
We resolved the issue through months of discussion.
何ヶ月にも及ぶ議論を経て課題を解決しました。

課題に取り組む = tackle a problem

[例文]
The whole division is tackling the problem.
事業部として課題に取り組んでいます。

今後の課題 = future challenges

[例文]
Digital transformation and reskilling our staff are some of the future challenges we will face.
デジタルトランスフォメーションや従業員の再教育が今後の課題に含まれます。

現状の課題 = ongoing issue

[例文]
The lack of IT resources is still an ongoing issue.
IT人材の不足が現状の課題として残っています。

課題の認識 = awareness of an issue

[例文]
The awareness of the issue still seems low among our managers.
マネージャー陣ではまだ課題の認識ができていないようです。

【英語学習のTIPS】スランプは必ず訪れる

英語学習をしているのに成果がなかなか出ないと、「自分は英語の才能がないのかな?」などと悩んでしまう方がいます。こういったスランプは外国語を学習する人には等しく訪れます。

英語をはじめとする外国語は、使い続けなければ上達はしません。でも日本語と同じように、ある程度上手くなると上達実感というものは薄れていきます。最初の頃は日常的に使う基礎的な単語やフレーズを学んでいたのに対し、上達していくに連れよりニッチな単語やフレーズを身につけていくことになるのですから、大きく上達を感じなくなるのは当然です。

しかし上達実感が薄れるとモチベーションが下がってくるので、多くの人はこのタイミングでスランプが訪れたと感じ、そのまま挫折してしまいます。

英語学習を始める前には「必ずスランプは訪れるもの」と意識しておくと、スランプが来ても心の準備をしておけます。スランプはある程度英語を理解したからこそ訪れるものなので、自信を持ちましょう。そしてスランプが来たときは、何も考えずに英語を気軽に楽しむことが大切です。

「勉強しないと」とか「覚えないと」という気持ちが湧いてくるかもしれませんが、焦る必要も落ち込む必要もありません。スランプの時期に楽しむことを優先して英語に触れ続ければ、スランプから抜けた時に成長を感じたり、より英語が楽しめたりするようになります。

英語を気軽に楽しむコツは、机に向かって文法や単語を勉強するよりも、英会話が効果的です。自分が発した英語に対してどのような反応が返ってくるか目の当たりにする事で、覚えたての英語の使い方が感覚的にわかっていき、楽しいと感じます。

とは言っても、なかなか英語を話せる環境がない人もいるかもしれません。そんな人にはオンライン英会話がおすすめです。ビズメイツのオンライン英会話では、ビジネス経験のある講師がフィードバックしてくれるので、上達を感じやすく、楽しく知識を身につけられますよ。

こちらの動画では英語学習を成功させるコツについて紹介しているので、ぜひご覧ください。

また、ビズメイツでは英語初心者から上級者まで、「シンプル・丁寧・効果的」な英語を使ってきちんと仕事ができるようになるカリキュラムを用意しています。ぜひ一度、ウェウサイトをのぞいてみてくださいね。
ビジネス特化型オンライン英会話 Bizmatesへ

ビズメイツで身につけられる「シンプル・丁寧・効果的」な英語がどのようなものか興味がある方は、ぜひこちらのブログからBizmates Magazineにご登録ください。15回にわたる連載を通して、英語初心者のビジネスパーソンが、いかに世界で活躍するための英語コミュニケーション能力とマインドセットを体得していくかを解説しています。
Bizmates Magazineの詳細を見てみる

まとめ

「課題」という言葉は、日本語でだと異なるニュアンスでも一つの言葉で表せます。しかし英語になると、表現したいニュアンスに合わせて使い分ける必要があります。今回ビジネスで使える「課題」と学校で使える「課題」の英語表現を解説しましたが、それぞれのニュアンスが感覚的に理解できるようになるように、英会話で積極的に使ってみてください。

  • ビジネス英語
  • #職場の英語
  • #語彙を増やす

Share

オススメのビジネス英語の記事