英語で「効率化」って何と言う?業務改善を語る時に必須の12英語フレーズ

仕事をスムーズに進めるためには、作業の効率化が欠かせません。では、業務改善を提案したい時には、どのような英語表現が使えるのでしょうか。

また、仕事の場面によって、それぞれふさわしい「効率化」の表現方法があります。シーンに合わせて単語やフレーズを選択できるようになりましょう。

magazine_bnr_short

「効率化」を英語で言うと?

まずは、業務内容にかかわらず、広い意味で使える「効率化」の英語表現を紹介します。

Streamlining(効率化)

Streamlining
効率化

効率化する活動を指す名詞のStreamliningのほか、「業務フローを一本化する」や「効率化する」という動詞のStreamlineの使用例を見てみましょう。

[例文1]
We are in the middle of streamlining some time-consuming processes.
現在時間のかかる作業を効率化しているところです。
[例文2]
As a result of streamlining key parts of our workflow, we have succeeded in improving efficiency across the organization.
業務の根幹のワークフローの効率化により、会社全体の生産性を向上させました。
[例文3]
We plan to automate documentation of meeting minutes via using a voice recognition app in order to streamline reporting and internal communication.
音声認識アプリを使って議事録を自動で文書化し、報告作業と内部コミュニケーションを効率化する予定です。
[例文4]
You should try streamlining your search by narrowing down your results by geography.
地域を限定して検索を効率化してみては?
[例文5]
This new system will let us streamline day-to-day managerial tasks.
この新システムの導入により、日常的な管理オペレーションを効率化できます。

Make 〜 more efficient / Do 〜 more efficiently(〜を効率化する)

Make 〜 more efficient / Do 〜 more efficiently
〜を効率化する

「効率的」を意味する efficient を使ったフレーズです。

[例文1]
I think there is still room to make our store operations more efficient.
店舗業務にはまだ効率化の余地があると思います。
[例文2]
We need to rethink the whole system if we want to make it any more efficient.
これ以上効率化しようとしたら、システムを根底から考え直す必要があります。
[例文3]
I wonder if we can do things more efficiently.
もっといろいろ効率化できないものでしょうか。
[例文4]
The new app will allow us to communicate more efficiently.
新しいアプリがあればコミュニケーションを効率化できますよ。

Optimization(最適化、適正化、効率化)

optimization
最適化、適正化、効率化

Optimizationは、すでにできあがった仕組みの中で効率の悪い部分を取り除き、最善の結果を得ようとする時に使える英語表現です。optimize(動)で「できるだけ能率的に利用する」と言う意味になります。

[例文1]
We got some feedback regarding our website optimization.
ウェブサイトの最適化についていくつか意見をもらいました。
[例文2]
You can optimize your target audience by specifying demographics, like age range and place of residence.
年齢層や居住地などを指定することで広告のターゲットを最適化することができますよ。
[例文3]
It’s important to understand that you should optimize not per personnel but per team or department.
個人単位で業務を効率化させるのではなく、チームや部単位で効率化させるべきだということを理解しなくてはなりません。
[例文4]
Some people are starting to worry about the rapid optimization of telecommunication.
一部の人は通信の急激な効率化に対して不安を感じています。

Raise productivity(生産性を上げる)

Raise productivity
生産性を上げる

効率化と生産性向上は、深く関わりのある言葉です。効率が上げれば生産性は上がり、生産性を上げるには効率化が欠かせません。このことから、同じシーンで使われることが多くなります。

[例文1]
I always work hard to raise productivity.
私はいつも生産性向上に努めています。
[例文2]
Raising productivity is a primary concern for us right now.
生産性の向上は現在、我々の最重要課題です。
[例文3]
We are going to discuss how to raise productivity.
どのように生産性を向上させるかを議論できればと思います。

ビジネスで使える「効率化」にまつわる英語表現

作業を効率化するには、具体的な施策が必要です。続いて、ビジネスで使える「効率化」にまつわる英語表現を紹介します。

Work efficiency(業務効率)

Work efficiency
業務効率
[例文1]
We have split the task several ways for the sake of raising work efficiency.
業務効率の向上のため、手分けして作業に当たっています。
[例文2]
Our work efficiency has improved significantly since the new manger came.
新しいマネージャーが来てから業務効率が目に見えて上がっています。

Tweak(微調整する)

Tweak
微調整する

Tweakは細かい変更を加えることでよりよい結果を導き出すという意味なので、効率化に似たニュアンスで使うこともあります。

[例文1]
We’ll try tweaking the copy a bit more before finalizing it for the ad.
広告のキャッチコピーをあと少し微調整します。
[例文2]
My manager said I needed to be more specific about my goal, so I’m going to tweak it a little bit.
上司に目標の詳細を詰めるように言われたので、微調整するつもりです。

Better [動詞](良くする)

Better [動詞]
良くする

Betterは、動詞として使うと「さらに改良する.」という意味になります。また、類似の意味があるBettermentという名詞の使われ方も見てみましょう。

[例文1]
I really hope Peter will better our finances.
ピーターさんが財政状況を良くしてくれると期待しています。
[例文2]
Our company has decided not to use plastics anymore for the betterment of the environment.
我が社は環境保全のためにプラスチックの使用を取りやめることにしました。
[例文3]
Railway companies are thinking of ways to better the commutation experience.
鉄道各社は通勤電車の快適性を向上する方法を考えています。

Cut corners(節約する)

Cut corners
節約する

cut cornersは、馬車が曲がり角でインコースを通ってショートカットする様子が語源となった言葉です。そのため無駄を省くといった意味で、「節約する」「近道する」「手抜きする」などのニュアンスで使われます。

[例文1]
We might want to think of ways to cut corners before discussing layoffs.
リストラを議論する前に、まず節約できるところがないか考えるべきだと思います。
[例文2]
Everyone seems to be trying to cut corners lately.
最近はみんな節約をしようとしているように思えます。
[例文3]
This type of parents rarely cut corners when it comes to their children’s health.
このタイプの親は子供の健康のことになるとお金に糸目をつけません。

Revise(改訂する、直す)

Revise
改訂する、直す

「訂正する」「改訂する」と翻訳されることが多く、ただ変更するというよりも、より良い方向へ直すといったニュアンスになります。印刷物に使われることが多いでしょう。

[例文1]
I’ll revise the draft and get it back to you within today.
今日中に原稿を直してお返します。
[例文2]
The price has been revised in response to the tax hike.
増税に伴って価格が改定された。
[例文3]
Please revise the invoice by lunch time tomorrow.
明日のお昼までに請求書を改訂してください。

Prioritize(優先する)

Prioritize
優先する

優先順位を決めることで効率化を図る場合は、prioritizeを使います。

[例文1]
You can start by prioritizing the items in your to-do list.
To-doリストの項目に優先順位をつけるところから始めましょう。
[例文2]
We should prioritize sanitation above all else.
衛生環境の整備を何よりも優先すべきです。
[例文3]
We should give priority to increasing our staff in marketing next year.
来年はマーケティングの人員増強を優先させましょう。

Simplify(簡略化する)

Simplify
簡略化する

Simplifyは、複雑な作業を簡素化する場合に使われる単語です。

[例文1]
This manual really needs to be simplified. No one will want to read this.
このマニュアルは簡略化しないと誰も読みたがりませんよ。
[例文2]
This plug-in will help you to simplify things when you need to upload files.
このプラグインを使えば、ファイルをアップロードする際にいろいろ簡略化できますよ。

Inefficiency(非効率、無駄)

Inefficiency
非効率、無駄

効率化を説くには、まず無駄を指摘しなくてはなりません。Efficiency の反対のinefficiencyを使います。

[例文1]
Our one-size-fits-all approach to management has been causing inefficiency in some teams.
マネジメントに対する画一的なアプローチが一部のチームにおいて非効率の原因になっています。
[例文2]
There are some inefficiencies that need to be addressed.
無駄の削減に取り組まなければなりません。

【英語学習のTIPS】

英語のリスニングやシャドーイングをたくさん勉強しているのに、一向に聞き取れるようにならない…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。英語を聞き取る能力は、音を正確に聞き取るよりも、寛容的なフレーズに慣れ親しんでいたり、話の文脈を理解したり、相手の発音や訛りに慣れていたりと、多くの要素が関係します。

独学でリスニングやスピーキングの勉強することはとてもよいことで、継続していくべきです。しかし、やはり実際の英語に触れた経験を積んでいかないことには、リスニング力と、その先の英会話への対応力は伸びていきません。「周りに英語を話す環境がない」という方は、毎日25分間の英会話レッスンが受講できるオンライン英会話をぜひ検討してください。

私が勤めるBizmatesは、特に社会人の英語学習者に特化したカリキュラムと講師陣をご用意しているので、ぜひホームページをのぞいてみてください。

ビジネス特化型オンライン英会話 Bizmates へ

また、忙しい社会人が日本にいながら確実に「英語をつかって普通に仕事ができるようになる」方法についてこちらの動画で詳しく解説しているので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

まとめ

「この作業はもっと簡単にできるのでは…?」と思うことはないでしょうか。どの部分を省略できるか一番知っているのは、実際にその業務に当たっている人である場合もあれば、外部の専門家である場合もありますよね。効率アップを達成するためには多方面から意見を聞く必要があることも。

今回ご紹介したフレーズを会話の中で実際に使うことで、効率化について自分の意見を主張したり他者の意見を理解できるように訓練してくださいね。

magazine_bnr_short

  • ビジネス英語
  • #職場の英語
  • #語彙を増やす

Share

オススメのビジネス英語の記事

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録