洋楽を使った英語学習法を解説!おすすめの曲も紹介します

音楽が好きな人は英語学習のひとつの方法として、洋楽を聴くこともおすすめです。

なぜなら、音楽を楽しみつつ自分の好きな時間で学習できるので継続しやすく、

リスニング力、スピーキング力の向上にもつながるからです。

ただし、聞き流すだけでは残念ながら英語力アップにはつながりません。

この記事では、洋楽を使った具体的な学習法を5つのステップで解説します。

記事中におすすめの洋楽も紹介しているので参考にしてください。

magazine_bnr_short

洋楽で英語を学習するメリット

外国人とPC

洋楽で英語を学習するメリットは以下の通りです。

  • リスニング力を強化できる
  • スピーキング力を向上することもできる
  • フレーズを覚えることで、語彙を増やせる
  • メロディとセットでフレーズが記憶に残りやすい
  • 時間・場所に関係なく学習を進められる
  • 洋楽自体への興味があれば、ストレスなく学習を継続できる
  • 自分の英語力に応じて、曲を自由に選択できる

順番に見ていきましょう。

メリット1:リスニング力を強化できる

洋楽は、聞き流すだけでは学習効果を得られませんが、聞いて真似して歌うことでリスニング力を強化できます。

なぜなら、自分が発音できる音は聞き取れるからです。

洋楽を聴いていると、「ここは何て歌っているのだろう? 」と気になる箇所が出てくると思います。

その時は、聞き流さずに歌詞を確認してから何度も聴いてみましょう。

聴きとれるようになったら、実際に真似て歌うことで、リスニング力が向上します。

関連記事:英語が聞き取れない5つの原因とリスニング力を向上させる方法とは?

メリット2:スピーキング力を向上させることもできる

洋楽は、聴いて歌うの繰り返しですから、自然と発音もよくなります。

例えば、アナ雪で大ヒットした「Let It Go」は、日本中の子ども達が「レリゴー」と歌っていましたよね。

意味が分かっているかはさておき、そのまま歌詞を真似ることで勝手に発音はよくなります。

ただ、簡単なフレーズはすぐに真似できても、フレーズが長くなると聞き取れないことも多いですよね。

そこでおすすめなのが、後述のシャドウイングです。

効率的にスピーキング力を伸ばしたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

メリット3:フレーズを覚えることで、語彙を増やせる

音楽を楽しみながら語彙を増やせるのが、洋楽で英語を勉強する最大のメリットではないでしょうか。

スラングや、ネイティブ独特の言い回しなど、学校では習わない英語表現を知れるのも楽しいです。

また、歌のサビのフレーズは何度も繰り返されることが多く、頭に残りやすいのも語彙を増やすのに向いています。

例えば、Justin Bieberの「What do you mean?」や、The Beatlesの「Let It Be」 などは、リピートが多い曲の代表です。

メリット4:メロディとセットでフレーズが記憶に残りやすい

洋楽のいいところは、勉強と違って音楽にのせてフレーズを覚えられるところにあります。

音とセットでフレーズが頭に入るので、格段に頭に残りやすいです。

テストのために暗記した英語は、テストが終われば忘れてしまいますが、歌で覚えた英語はなかなか忘れないものです。

洋楽は、語彙を増やすだけでなく、長く記憶に定着させるのにも向いていると言えます。

メリット5:時間・場所に関係なく学習を進められる

洋楽での英語学習は、移動中のスキマ時間、通勤時、家事をしながらなど、場所や時間に縛られないのもメリットです。

忙しい人でも、わざわざ時間をとらずともスキマ時間を有効に使って学習できます。

机に座っての学習は3日坊主になってしまいがちな人でも、スキマ時間に洋楽を聞くことなら、ルーティン化しやすいですよね。

メリット6:洋楽自体への興味があれば、ストレスなく学習を継続できる

洋楽で英語を学習する最大のメリットが、好きだから継続できるという点です。

洋楽を聴くのが好きなら、おのずと歌詞の意味を知りたくなって調べますし、上手に歌えるようになりたいと思って練習します。

好きこそものの上手なれで、好きでやっている人にはかないませんから、まずは色んな洋楽を聴いて好きなアーティスト、曲を見つけるのが1番の近道かもしれません。

メリット7:自分の英語力に応じて、曲を自由に選択できる

自分のレベルに合った曲を選べるのも、洋楽で英語を勉強するメリットです。

洋楽と一言で言っても、難易度はそれぞれですから、特段好きなアーティストがいないなら簡単な曲から聴いてみるのがおすすめです。

英語が聴き取りやすい発音の歌手や、後述していますので、ぜひ参考にしてみてください。

洋楽を活用した英語の学習方法

洋楽を聴く女性

洋楽を活用した英語の学習方法は以下の通りです。

  • 歌詞を英語のまま理解できるようにする
  • 流し聞きせず、意味を理解できるよう集中して聞く
  • シャドウイングする
  • 完璧に歌えるまで繰り返し曲を聴く

順番に見ていきましょう。

ポイント1:歌詞を英語のまま理解できるようにする

最初は、わからない歌詞を調べて日本語訳にしてみることから始めてみましょう。

繰り返し聴いて歌ううちに、英語のまま理解できるようになってきます。

会話で例えると、多くの人は、「How are you? 」と聞かれたら、反射的に「I’m fine.」などと答えられますよね。

これは「How are you? 」が、今まで何度も出会ってきたフレーズなので、日本語を介さずとも自動的に英語を理解できているからです。

歌でも同じことが言えますから、定着するまで何度も聴いて歌いましょう。

ポイント2:流し聞きせず、意味を理解できるよう集中して聴く

英語力の向上を狙うなら、単なる流し聞きはNGです。

意味を理解しようと集中して何度も聴き、聴きとれなかったところは歌詞を見て確認します。

そこで単語や文法を確認します。

それでも意味が理解できない場合は、歌詞の日本語和訳を調べて確認してみましょう。

意味が理解できたら、また繰り返し聴いて歌いましょう。

なんとなく曲調や雰囲気で、恋人に向けたラブソングだと思っていたら、全く逆で、別れた恋人に対しての嫌味や怒りだったなんてことはよくあります。

例えば、Justin Bieberの「Love Yourself」や、Taylor Swiftの「We Are Never Ever Getting Back Together」などです。

歌詞を理解すると、また違った気持ちで曲を楽しめますよ。

ポイント3:シャドウイングする

聞こえてきた歌詞をシャドウイングすることは、リスニング力とスピーキング力の向上に繋がります。

シャドウイングで得られる効果は以下の通りです。

  • 発音の改善
  • リエゾン(音の連結)の知識
  • イントネーションの知識
  • 英語のリズムの知識
  • 音の強弱の知識

英語力向上にとても効果が高いことがわかります。

ポイント4:完璧に歌えるまで繰り返し曲を聴く

歌詞の意味を確認し、シャドウイングで音のルールを確認したら、後はひたすら歌を練習するのみです。

自分が発音できる音は聞き取れることから、完璧に歌えるまで練習してください。

カラオケアプリなどを活用すれば、家にいながら練習できます。

ご紹介した5つのポイントを繰り返せば、リスニング力、スピーキング力が伸びていきます。

どのくらい伸びたのか確認するには、実際に英語で会話してみる必要があります。

オンライン英会話を活用して、実感してみましょう。

英語学習に活用する洋楽の選び方

スマホアプリ

英語学習に活用する洋楽の選び方は以下の通りです。

  • 好きなアーティスト・曲を聴く
  • 有名なアーティスト・曲を聴く
  • 聞き取りやすいスローテンポの曲を聴く
  • 聞き取りやすい発音をする歌手の曲を聴く

順番に見ていきましょう。

コツ1:好きなアーティスト・曲を聴く

好きなアーティストの曲、興味のある曲のほうが継続しやすいです。

特に好きなアーティストがいないという方は、Youtubeで「洋楽ヒットチャート」などで検索すれば一気にたくさんの洋楽が聴けます。

その中から気に入った曲をチョイスするのがおすすめです。

コツ2:有名なアーティスト・曲を聴く

誰でも一度は聞いたことのある有名な曲なら、普段洋楽をあまり聴かない人でも取り掛かりやすいでしょう。

おすすめの曲は以下の通りです。

アーティスト名 曲名
USA for Africa We are the world
Josh Groban You Raise Me Up 
Mena Massoud, Naomi Scott A Whole New World (アラジンのテーマ)
Jiminy Cricket (Cliff Edwards) When You Wish Upon a Star (ピノキオのテーマ)
Backstreet Boys I Want It That Way
Taylor Swift We Are Never Ever Getting Back Together 

 

コツ3:聞き取りやすいスローテンポの曲を聴く

初心者の場合は、聞き取りやすいスローテンポの曲がおすすめです。

以下におすすめの曲を挙げましたので参考にしてください。

アーティスト名 曲名
Josh Groban You Raise Me Up 
Justin Bieber Love Yourself
The Beatles Yesterday
Idina Menzel Let It Go(アナと雪の女王テーマ)
Charlie Puth One Call Away 

 

コツ4:聞き取りやすい発音をする歌手の曲を聴く

試験で流れてくるはっきりとした英語とは違い、歌の中の英語は韻を踏んでいたり、リズムを大切にしているので、聞き取りにくいです。

最初は、なまりが少なく聞き取りやすい発音の歌手を選びましょう。

以下におすすめのアーティストをまとめました。

  • The BEATLES
  •  CARPENTERS
  •  Taylor Swift
  • Avril Lavigne
  • P!nk
  • One Direction
  • Justin Timberlake
  • Daniel Powter

洋楽で英語を勉強する際によくある質問

挙手する英会話教室

洋楽で英語を勉強する際によくある質問は以下の通りです。

  • アプリや本など、勉強する手段は?
  • どれくらいの学習量で効果が出始める?
  • 洋楽を聴くこと以外に並行すべき英語学習はある?

順番に見ていきましょう。

質問1:アプリや本など、勉強する手段は?

洋楽は、スマホアプリやYouTubeで探せます。

字幕つきで歌詞が見れるものを選べば、聞き取れないところも確認できるのでおすすめです。

紙媒体でじっくりと勉強したい方には、洋楽の歌詞が載った本がおすすめです。

質問2:どれくらいの学習量で効果が出始める?

学習の効果を体感するには、最低でも3か月は毎日続けましょう。

地味にコツコツ続けた結果、少しずつ力がついていくものですから、まずは学習量を考えるよりも毎日継続することが先決です。

また、どれくらい力が付いたかは、アウトプットしないと分かりません。

アウトプットの環境が周りにない人は、オンライン英会話を使って機会を作るのがおすすめです。

リスニング力やスピーキング力が、どのくらい向上したか自分で確認しやすいです。

質問3:洋楽を聴くこと以外に並行すべき英語学習はある? 

英語は、語彙力と文法力をつけるのが大切です。

単語の学習なら、自分のペースで進められるので忙しい人にもおすすめです。

その際は、必ず音も一緒に覚えるようにしてください。

音が分かって発音できる状態にしておけば、洋楽で出会った時にも聞き取れて意味が分かるので楽しいです。

関連記事:英単語の覚え方と考え方:2つのコツと4つのステップ

英語を楽しく勉強したいなら洋楽がおすすめ

洋楽で英語を勉強する1番のメリットは、興味のある音楽を楽しみながら英語も勉強できる点です。

ただ、聴き流すだけでは学習効果は期待できませんから、歌詞の意味を調べ、シャドウイングし、完璧に歌えるようになるまで練習する必要があります。

初心者や、特に好きなアーティストがいない場合は、有名曲でスローテンポの洋楽から始めるのがおすすめです。

学習の効果を確かめるためには、実際に会話してみることが大事です。

オンライン英会話なら、自宅からお手軽価格で始められるのでアウトプットの場におすすめです。

Bizmatesでは、レッスンプログラムの中の「Assist Lesson」で興味を持った洋楽についてトレーナーと共に語り合い、語彙やフレーズなどの理解を深めることもできますよ。



magazine_bnr_short

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録