「打ち合わせ」は英語で何と言う?例文から使い方がわかる英語表現

ビジネスパーソンにとって、打ち合わせをするシーンは多いですが、英語で何と言うかご存じですか。頻繁に使う言葉なので、ぜひ覚えておきたいものです。

今回の記事では「打ち合わせ」を意味する英語表現を紹介し、さらに表現が使われる文脈がわかるよう例文をお見せしていきます。

「打ち合わせ」を意味する3つの単語

まずは、打ち合わせを意味する3つの単語を見ていきましょう。同じ意味でも、打ち合わせの内容がどのくらい込み入ったものであるかによって適切な表現が変わってくるるので、そういった微妙な違いにも着目してみてください。

Meeting(打ち合わせ、会議)

Meeting
打ち合わせ、会議

Meetingとは、何かを話し合うために人が集まる機会、もしくはそういった場を指し、「打ち合わせ」や「会議」などの意味で使われます。規模の小さい会議から、大規模なものまで、ビジネスシーンではよく使われる単語です。

[例文1]
I want to have a meeting this afternoon. Is there an open meeting room?
午後から打ち合わせをしたいのですが、どこか空いている会議室はありますか?
[例文2]
Would it be possible to reschedule the meeting with Company A?
A社との打ち合わせですが、時間の変更は可能でしょうか?
[例文3]
The slides for the meeting are ready.
打ち合わせ用の資料が用意できました。
[例文4]
Please let us know how many participants there will be when you find out.
わかり次第、会議の参加人数をお知らせください。
[例文5]
The agenda for today’s meeting is written in the slides.
本日の打ち合わせのアジェンダは資料に掲載してあります。

Talk(打ち合わせ)

Talk
打ち合わせ

Talkは「話す」「話し合う」などの意味があり、名詞だと「打ち合わせ」「話し合い」「講演」といった意味になります。Talkを使うことで、Meetingよりも「気楽な打ち合わせ」といったニュアンスになります。以下の例文のように、Talkを使って「打ち合わせをしましょう」ということが可能です。

[例文1]
Let’s have a talk. / Let’s talk about it.
打ち合わせをしましょう。
[例文2]
There’s something I need to tell you urgently. Can we have a talk online?
急ぎでお伝えしたいことがあるのですが、オンラインで打ち合わせはできますか?
[例文3]
Let’s talk from 3 PM tomorrow.
明日は午後3時から打ち合わせをしましょう。
[例文4]
Why don’t we have a little talk to set the details of the reception party?
懇親会について詳細をつめたいので、打ち合わせをしませんか?
[例文5]
We’re still waiting for them to reply. It’s not time to talk about it yet.
まだ先方の返事を待っているところなので、打ち合わせをするタイミングではありませんよ。

Appointment(会合、約束)

Appointment
会合、約束

Appointmentは「会合」「約束」と言う意味で、日時や場所を決めた上で人と会うことを表現できます。そこから派生して、「打ち合わせ」のニュアンスも持ちます。ただし、Appointmentは主にクライアントや目上の人との打ち合わせなどによく使われる単語で、同僚との気軽な打ち合わせにはMeetingを使うことをおすすめします。

[例文1]
Our appointment with Company C is on Friday. Is that right?
C社との約束は金曜日で間違いありませんか?
[例文2]
I’m so sorry. I don’t think I will make it to the appointment. The train’s delayed.
大変申し訳ございませんが、電車の遅延により、お約束の時間に間に合いそうにありません。
[例文3]
Would it be possible to change the time of our appointment?
お約束の時間を変更してもらうことは可能でしょうか?
[例文4]
Our appointment will be had online, just to be safe.
安全のため、打ち合わせはオンラインに変更になりました。
[例文5]
Our appointment will be on Wednesday as planned. Please join us.
来週の水曜日の打ち合わせは予定通り行われますので、ぜひご参加くださいませ。

ビジネスで使える「打ち合わせ」にまつわる5つの表現

ここまで「打ち合わせ」を意味する単語を紹介しましたが、使い方はそれだけではありません。次からはビジネスで使える「打ち合わせ」にまつわる表現を紹介します。

in a meeting / in the middle of a meeting / during the meeting
打ち合わせ中
[例文1]
Aaron of HR is in the middle of a meeting at the moment.
人事部のアーロンは、ただいま打ち合わせ中でございます。
[例文2]
Can you take minutes during the meeting?
打ち合わせ中は議事録をしっかりとっておいてください。
make an appointment
打ち合わせを設定する
[例文1]
Let’s make an appointment with the president to talk about the budget for next year.
来期の予算について話し合うために社長と打ち合わせしましょう。
[例文2]
Please make an appointment with the whole team at 1 PM next Tuesday.
来週の火曜日の13時からチーム全体と打ち合わせを設定してください。
preparatory meeting
事前打ち合わせ
[例文1]
We should have a preparatory meeting to brush up our presentation to the client.
しっかりと事前打ち合わせをして、クライアントへのプレゼン対策を練りましょう。

[例文2]
We’ll have a preparatory meeting, so it would be great if you could think of an idea each.
事前打ち合わせをするので、それまでに各自アイディアを持ち寄ってください。

a quick meeting
簡単な打ち合わせ

短時間でサクッと済ませる打ち合わせに用いられる表現です。

[例文1]
This will be a quick meeting, and I think it will only take about 15 minutes.
本日は簡単な打ち合わせなので、15分程度で終了予定です。
[例文2]
Let’s have a quick meeting before we take it to the client.
クライアントへのプレゼン前に、簡単な打ち合わせをしておきしましょう。
meeting room
会議室

打ち合わせを行う部屋を、meeting room、もしくは大きな部屋の場合、conference roomとも言います。

[例文1]
You’re not allowed to eat in the meeting room.
会議室での食事は禁止されています。
[例文2]
The meeting’s over. Can I ask you to clean up the conference room?
会議が終わったので、会議室の片付けをお願いできますか。

「打ち合わせ」の省略表現

打ち合わせは頻繁にあるので、カレンダーに記入したり、チャットで打ち合わせについて話したりするでしょう。毎回のように“Meeting”や“Project”と書き込むのは手間がかかりますよね。そこで次は、「打ち合わせ」に関する省略表現を紹介していきます。

MTG:Meeting

MGTはMeetingの略で、ビジネスシーンではとてもよく使われる単語です。小文字でmtgと表記することもあります。

[例文]
Brainstorm MTG
会議: アイディア出し
Appt:Appointment
[例文]
Appt w/ Dentatsu Corp
デンタツ社と打ち合わせ

会話例から「打ち合わせ」の英語表現の使い方を覚えよう

ここまでは打ち合わせを意味する単語や省略形などを紹介してきました。ここからは、より会話の文脈がわかりやすい会話例を見て「打ち合わせ」を意味する英語表現を使う際の感覚をつかみましょう。

「打ち合わせ中です」

Aさん:What’s up?
どうかしましたか?
Bさん: I’m looking for Hirose-san, the engineer, have you seen him?
エンジニアの広瀬さん探しているのですが、見ませんでしたか?
Aさん:He might be in a meeting right now. Do you want to leave a message for him?
打ち合わせ中かもしれません。何かお伝えすることはありますか?
Bさん: I see. Then, could you tell him to call me when the meeting is over?
そうなんですね。じゃあ打ち合わせが終わったら私に連絡するように伝えていただけますか?

「打ち合わせ、うまくいきましたね」

Aさん:The meeting went well, didn’t it?
今日の打ち合わせうまくいきましたね。
Bさん: Yes. It looked like they were willing to accept our proposal.
そうですね。先方はうちの提案を採用してくれそうでしたね。
Aさん:We might need to have meet up again to talk about some details, but I have a good feeling about it.
詳細を詰めるためにもう一度くらい打ち合わせが必要かもしれませんが、いい感じでしたね。

「来週のアポ」

Aさん: So we’re hoping we can get approval from the president at our appointment with her next Monday. Can set up a preparatory meeting with the developers and designers beforehand?
来週月曜日の社長とのアポで決裁を取りたいと思っているのですが、エンジニアとデザイナーと事前打ち合わせをしてもよろしいですか?
Bさん: That’ll be a good idea. Let me participate too.
それはいい案ですね。私も参加させてください。
Aさん:OK, I’ll send you everyone an invitation.
わかりました。ではみなさんを招待しておきます。

「こういう打ち合わせって…」

Aさん: Steve, could you arrange a meeting with Company A? I think we should start talking about plans for next year.
スティーブさん、A社との打ち合わせを手配してくれますか?そろそろ来期の計画のお話ができればと思います。
Bさん: Sure. How long do these meetings take, usually? I wasn’t here last year to see it.
わかりました。こういう打ち合わせって普段どのくらい時間がかかるんですか?去年はまだいなかったのでわからなくて。
Aさん: We should be fine as long as we have 2 hours.
2時間もあれば大丈夫なはずです。
Bさん: OK, I’ll try to set up a meeting with them.
承知しました。では打ち合わせを打診してみます。

「次の打ち合わせですが…」

Aさん: About the next meeting – Do you want to do it face-to-face or do you want to do it online?
次回の打ち合わせですが、対面にしますか?それともオンラインにしますか?
Bさん: Can we do it online? Either Zoom or Google Meets will be great.
オンラインでお願いできますか?ZoomかGoogle meetsのいずれかだと嬉しいです。
Aさん: OK, then let’s do it on Zoom. I’ll send you an invitation later.
わかりました。ではZoomにしましょう。あとで招待しますね。

多くの会社では、オンラインでの打ち合わせが増えているのではないでしょうか。「オンラインで打ち合わせをしましょうか?」と言いたい時は Do you want to do it online? と伝えるなど、慣用的な表現は覚えておきたいですね。

「打ち合わせは何時頃終わりますか?」

Aさん: We’re meeting from 6:00, right? What time is it going to end?
今日の打ち合わせは18時からですよね?何時頃終わりそうですか?
Bさん: I’m not sure but it shouldn’t take more than an hour. Wait, but this client likes to chat. It might take a bit longer.
わからないですけど、一時間も行かないんじゃないでしょうか。あ、でも今日はよくしゃべるお客さんなので、時間がかかるかもしれませんね。
【覚えておきたい表現・イディオム】
It shouldn’t take more than… (〜以上はかからないと思います)

「10時からの打ち合わせの件ですが…」

Aさん: Grace, it says you have a meeting from 10:00 tomorrow on your calendar. Do you think we could switch meeting rooms? I need a bigger room to meet with some guests.
グレイスさん、カレンダーに明日10時から打ち合わせになっていますが、会議室を交換していただけませんか?来客対応で大きめの部屋が必要でして。
Bさん: Sure, no problem. Can you go ahead and change the room on my calendar?
いいですよ。カレンダーから会議室を変更していただけますか?

「打ち合わせの前日に…」

Aさん: By the way, how are the slides for the general meeting coming?
ところで、全体会議の資料の進捗はどんな感じですか?
Bさん: Sorry, I haven’t yet. I’ll get it done by the day before the meeting.
すみません、まだできていません。打ち合わせの前日には間に合わせるので、もう少々お待ちください。
【覚えておきたい表現・イディオム】
How is… coming along?(〜の進捗はどんな感じですか?)

会議と打ち合わせの違いとは?

一般的に会議とは、経営に直接影響を及ぼすような重要な内容を話し合ったり、報告したりする場とされています。話し合う内容について結論を出すことが重要視され、議事録も作成される公式な場です。

一方打ち合わせは、経営に直接影響を及ぼさない話し合いの場とされ、必要な情報を共有したり、意見交換を行ったりする場となります。会議が公式な場であるのに対して、打ち合わせは議事録が作成されない場合もあるなど、非公式の場でも使うことが可能です。
このように会議と打ち合わせは似ていますが、それぞれの意図には微妙な違いがあるのです。

打ち合わせや会議の進め方も併せて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事:英語での会議と電話会議をスムーズに進めるための必須フレーズ36+

【英語学習のTIPS】

今回のように英語は様々な表現が多く、学習していて疲れる時もありますよね。ですが、英語学習の教材は参考書だけではありません。

昨今では多くの人がSNSを利用していて、そこでも英語を学べます。SNSで、英語を母国語としているお気に入りの有名人をフォローするのもひとつの方法です。興味のある内容であれば、より楽しく英語学習を続けられます。

また、英語の学習方法やフレーズ集などもSNS上にたくさんアップされています。英語学習は継続することが大切なので、ぜひ自分にあったものを探してみましょう。ビズメイツでも役立つフレーズをInstagramにて紹介しているので、ぜひのぞいてみてください!

まとめ

「打ち合わせ」を意味する英語のフレーズはいくつかあるので、伝えたいニュアンスによって使い分けてみましょう。毎日のように使われる言い回しも多いので、この記事の例文を何度も声に出して練習して、打ち合わせに関する話題への対応力を高めましょう。

  • ビジネス英語
  • #職場の英語
  • #語彙を増やす

Share

オススメのビジネス英語の記事

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録