「予定」を英語で伝えたい!スケジュール調整の会話例【動画付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
予定 英語

予定を立てることは、ビジネスパーソンがスムーズに仕事をする上で欠かせないことです。とはいえ、英語で「予定」を表現するとなると、言葉に詰まってしまったり、「どんな表現を使えばいいのだろう」と戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、予定を表す定番フレーズや、共有カレンダーにスケジュールを入力する時に便利に使える略語表現、スケジュール調整をしたい時に使える言い回しなどを紹介します。

「予定」の英語表現方法

予定にまつわる英語には、さまざまな表現方法があります。まずは、「予定があります・ありません」と先約の有無を伝えたり、「予定はありますか?」と相手の都合を尋ねたりする基本的な言い方から見ていきましょう。

「Plan」を使って表現する

「予定」を英語で表現

I have plans.

予定があります。
Aさん:We are going out for drinks after work today, do you join us, Tanaka-san?
今日仕事終わりに飲みにいくのですが、田中さんもいかがですか?
Bさん: I’m sorry, but I have plans tonight. But thanks for asking!
今夜は予定があって、ちょっと難しいです。でも誘ってくださってありがとうございます。

「予定」の英単語といえば、「plan」が馴染み深いのではないでしょうか。英語では、予定があることを伝える時、たとえ先約が一つであっても複数形の「plans」を使います。そして、「I have plans」で、以前から決まっていた個人的な予定があるというニュアンスになります。文頭に「I’m sorry, but」を入れることで、「ごめんね、残念だけど」とより丁寧に断ることができます。

気を付けたいのが、「I have a plan.」と「plan」を単数形で使ってしまうことです。これは、「(目的を達成するための)戦略や計画がある」という意味で、「予定がある」という意味とは異なります。

[例文1]
Do you have any plans for the long weekend?
来週の連休は何か予定があるんですか?
[例文2]
I’ve got no plans for Christmas.
クリスマスの予定は特に何もないです。
【覚えておきたい単語・イディオム】
long weekend(週末を含む3連休、4連休など)

「Plan」を使わずに予定を表現する方法

日本語では、「予定」という言葉を使わずにスケジュールを伝えたり、確認したりすることもありますよね。例えば、「来週はどう?」「今夜なら空いてるよ」といった表現です。英語にも、日本語と同じように「plan」を使わない多彩な表現が存在します。以下の例文では、「plan」以外の単語を使った予定の聞き方などを紹介しているので、参考にしてみてください。

How about tomorrow?

明日はどうですか? / 明日はだいじょうぶですか?
I have nothing going on tonight.

今夜は何も予定がありません。
What are you doing the day after tomorrow?

明後日は何していますか? / 明後日は何か予定ありますか?
I’m free Wednesday night.

水曜日の夜は空いています。
When is good for you?

いつだったら都合がいいですか?
When is convenient for you?

いつでしたらご都合いいですか?

「予定」にまつわる頻出英語表現

「予定」にまつわる英語表現

実際に予定を確認したり、伝えたりする会話の中では、単純に予定の有無を伝えるだけではありません。特にビジネスでは、より豊富な表現が必要になる場面も多くなります。そこでここでは、予定にまつわる、自然なコミュニケーションにつながる効果的なフレーズや、名詞を使った言い回しについて紹介します。

予定が未確定の時に使えるフレーズ

「予定は未定」と言われるように、スケジュールはいつも明確に決まっているとは限りません。下の例文は、暫定的な予定であることや、最終的にどうなるかはわからないことを伝えるときの表現です。予定が不確定な時に使うと、誤解を招かずに済むでしょう。

I plan to 〜 for the time being.

今のところ~する予定です。
Could you let me know when you find out?

予定がわかったら教えて頂けませんか?
My schedule has not been decided yet.

まだ予定がわかりません。
The schedule has not been fixed.

スケジュールはまだ未定です。

I’ll be at the welcome party.

歓迎会には参加する予定です。

「予定」を表現する名詞

予定にまつわる表現の中には、名詞の形で使われるものもあります。例えば、「予定日」や「予定表」といった言い方は日本語でもよく登場しますよね。そこでここでは、英語版の名詞表現を例文とともに紹介します。

timetable
予定表
 
Please input your schedule on the timetable. We’ll share it with everyone in Sales.

営業課のみんなの行動を把握したいので、予定表にそれぞれ記入しておいてください。
deposit date

入金予定日
 
The deposit date is Monday, August 31st.

入金予定日は8月31日(月)となっております。
tentative schedule

仮予定
 
I sent you the schedule of the project. It’s still a tentative schedule, though.
次回のお打合せですが、まだ仮予定ですが。
future plans

今後の予定
 
Let’s hear about your future plans.
今後の予定について聞かせてください。

to be implemented

実施予定
 
These new initiatives are to be implemented starting next year.


これらの施策は来年から順次実施予定です。

ビジネスで活用できるスケジュールの略語

最近では仕事の予定を社員の皆で共有できるクラウド上の共有カレンダーを活用する人が多いですね。予定を書き込む時に簡潔に時間や趣旨を伝えられるよう、ここでは一般的な略記方法を紹介します。

MTG/meeting
会議、ミーティング
 
MTG @11:00
11:00~ 社内ミーティング
app, appt/appointment
約束、予約
 
app w/ Mr. Johnson @10:00
10時からジョンソンさんとアポイント
※「w/~」は「with~」の略語。「/」後ろに人の名前を入れて使用します。
ASAP/as soon as possible
できるだけ早く
 
Could you please get back to me ASAP?
出来るだけ早く折り返し連絡ください。
WIP/work in progress
進行中
 
This is still a WIP.
まだ進行中です。
TBA/to be announced
追って通知します
 
Location of the event:TBA
イベントの実施場所: 追って通知
TBD/to be determined
未定
 
Date of the event:TBD
イベントの日程:未定
ETA/estimated time of arrival
到着予定日時
 
My delivery hasn’t arrived yet. Could you tell me the ETA?
先週注文した商品がまだ届かないのですが、到着予定日を教えて頂けますか?

ビジネスで予定を調整する方法

予定調整のビジネス英語

ビジネスシーンでは、スケジュール変更が頻繁に起こります。そこで、スケジュールを組み直したい時に使える英語表現について、例文を用いながら解説します。

予定を調整する会話例①

予定を調整する会話例①
Aさん: I’d like to discuss our proposal for the website renewal. Could we meet next Wednesday?
来週、ウェブサイトリニューアルの提案について話し合いたいのですが、水曜日はいかがでしょうか?
Bさん: I’m sorry but I’m not available on Wednesday. I’ll be out of office all day.
申し訳ございません。その日は1日外出しているので、時間が取れません。
Aさん: I see, then will next Friday work for you?
わかりました。それでは、代わりに来週の金曜日はいかがですか?
Bさん: I’ll be available anytime on Friday.
金曜日でしたら何時でも大丈夫です。

日程を調整する時に、最初に提案したスケジュールで、都合が合わないことは珍しくないですよね。上の例文でも「I’m not available on Wednesday.」と言われています。このような場合は「Then will 〇〇 work for you?」や「Then how about 〇〇」などを使うと「では、~はいかがですか?」と代替案を提示することが可能です。

予定を調整する会話例②

予定を調整する会話例②
Aさん: Could I give you an update about the project right now?
今プロジェクトの進捗を報告してもよろしいですか?
Bさん: I’m sorry but now’s not a good time. I need to call a client. Could you set up a meeting later?
すみません、今取引先に電話しなくてはならないので、また調整してもらえますか?
Aさん: Sure. I’ll see if you’re open later today or tomorrow.
承知しました。では今日か明日、空いているお時間がないか確認してみます。

「I’m sorry but now’s not a good time」は、仕事中都合の悪いタイミングで話しかけられた際に使う表現です。この場面では部下に後ほど会議を設定してもらうよう伝えて対処しています。

部下の方は、クラウドで共有されているスケジュールを確認した上で正式に会議を設定するので、「I’ll see if you’re open later today or tomorrow」と返しています。

予定を調整する会話例③

予定を調整する会話例③
Aさん:I’m terribly sorry, something came up and I’ll have to reschedule our meeting on Tuesday.
火曜日の打ち合わせですが、申し訳ありません。別件が入ってしまい、再度スケジュールを調整していただけませんか?
Bさん: No problem. Could you give me a few potential dates later? I’ll find a meeting room.
承知しました。空いている日時をいくつかいただけますか?会議室を見つけておきます。
Aさん: Thank you, I’ll check my schedule and send you a chat before lunch.
ありがとうございます。では予定を確認してお昼までチャットします。

「Something came up」は優先せざるを得ない用事が生じた際、詳しい説明を省きつつ都合が悪くなったことを伝える便利な表現です。この場面では、相手からの予定調整の要望に対し、候補日を聞く形で対応しています。

予定を調整する会話例④

予定を調整する会話例④
Aさん: I’m sorry but I need to do some fire fighting and I won’t be able to make it to the meeting today. Could we reschedule?
すみません、今日の会議ですが、トラブル対応で出られなくなってしまいました。別日に変更をお願いできますか?
Bさん:I’m sory to hear that. When would you like to meet instead?
それは大変ですね。いつにしましょう?
Aさん:I will let you know once I fix the schedule.
スケジュールが調整でき次第、ご連絡します。

直近で予定していた約束の都合がつかなくなった場合、当然すぐに連絡しなければなりません。しかし、次回のスケジュールがすぐに決められないこともあるでしょう。その際は「I will let you know once I fix the schedule.」と伝えましょう。

メールでの予定調整方法

メールでの予定調整方法
Subject:Meeting with ABC corporationDear Team C membersHello all,
 
One of our clients, Mr. Krashen of ABC corporation informed us that they would like to proceed with the project we proposed the other day. They would like to have a meeting to discuss details.As we’d like to set up the meeting as soon as possible, could everyone please let me know whether you are available on the following dates by the end of the day?
 
・5th Mon 10:00 am – 1:00 pm
・6th Tue 2:00 pm – 5:00 pm
・8th Thu 3:00 pm – 6:00 pm
 
Thank you in advance.
 
Best,
Takashi


件名:ABC社との打ち合わせについて
 
Cチーム各位
 
お疲れ様です。
ABC社のクラシェンさまから先日ご提案した件について具体的に進めていきたいとご連絡があり、さっそく会議をしたいとのことです。
 
早めに打合せを設定できればと思いますので、下記の日程から、皆さんのご都合本日中にお知らせいただけますか?
 
・5日(月)10時~13時
・6日(火)14時~17時
・8日(木)15時~18時
 
以上、よろしくお願いします。

メールで会議の予定を調整する時は、受け取った側が何についてのメールなのか一目でわかるように「Meeting with ABC corporation」などと表記するといいでしょう。また、何度もメールのやり取りをする手間を省くためにも、日程は選択式で提案するのが効果的です。その際には、いつまでに返信が欲しいのかも忘れずに伝えましょう。

なお、返信の期限を「tomorrow」「next week」などと伝えてしいまうと、時期が曖昧になりすぎてしまいます。以下のような表現を使って、多少柔軟さを保ちつつも期日をイメージしやすいものにしましょう。

【期日を伝える時に使う表現】
by the end of the day (本日の就業時間までに)
by noon tomorrow(明日の正午までに)
by lunch(お昼までに)
by the end of the week(週末までに)
by 4PM JP time(日本時間の16時までに)

「予定を調整する英文メールの書き方」を動画で学習

英文メール上達は、職場で同僚が実際に書いたメールを見て真似るのが一番の近道。でも日本で働いている方にとってそういった職場環境は残念ながら稀です。そこで、デスクがとなりの同僚が英文メールを書いている様子をのぞいている感覚で学べるこちらの動画で、予定を調整する英文メールの書き方を身につけましょう。

1. 英文メールの書き方:「仕事の完了予定日を尋ねる」

同僚に、依頼したタスクが完了する予定日を聞くために英文メールを書いている様子が見られます。

2. 英文メールの書き方:「おおよその作業完了予定日を教えてもらう」

同僚に、特定の作業の見込み完了日を聞くために英文メールを書いている様子がみられます。

3. 英文メールの書き方:「予定の変更を連絡する」

同僚に、会食の日程を1週間先延ばしにする旨の連絡をする英文メールを書いている様子が見られます。

【英語学習のTIPS】

英語力をアップさせるには、身近なところから英語を取り入れていくことがおすすめです。例えば、自分の手帳やスケジュール管理用のアプリに予定を入れる時に、英語を使うのも一つの方法でしょう。実際に始めてみると、「この場合どんな表現をするのだろう?」といった疑問が浮かんでくるはずです。

それらを調べながら取り組むうちに、少しずつ「英語は学ぶもの」から「英語は使うもの」という感覚が芽生えるはずです。また、慣れてきたら英語で、一言日記を手帳に書いてみてはいかがでしょうか。その内容を英会話レッスンで教師にチェックしてもらいつつ、その話題について話すと、定着が捗ります。まずは、簡単にできることから積極的にチャレンジしてみましょう!

まとめ

英語で予定を伝える表現はさまざまですが、よく見ると「schedule」「available」「convenient」など、比較的よく登場する単語が決まっています。大量の英単語を覚えなくても、学生時代に習った日付や曜日を組み合わせれば、すぐに会話に取り入れられますよ。ぜひ今回紹介したフレーズを使って、英語でガンガン予定を組んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*