ビジネスマナーは英語で何と言う?おさえておきたい海外のビジネスマナーも紹介

仕事で英語を使う機会があるのに英語圏のビジネスマナーがわからず、海外の文化にそぐわない行動をして恥をかいてしまわないか、不安に思う方もいるのではないでしょうか。

当記事では、「ビジネスマナー」を示す英語表現や英語を使う際に意識すべきビジネスマナーを解説します。自信をもってグローバルに働くために、ぜひ参考にしてください。

英語学習、迷っていませんか?

「何をしたら英語力が伸びるのか分からない」
「自分でも続けられそうな学習法が見つからない」
と感じているなら、ビジネス特化のオンライン英会話Bizmates(ビズメイツ)で学習しませんか?


  ▼Bizmatesの3つの特徴
⒈すぐに伸びを実感できる学習教材
会議・プレゼン・ビジネスメールなどの業務別の教材が豊富にあり、今必要な英語を学び、すぐに仕事で実践できるから、上達を実感しやすい。

2.学習を迷わせないカリキュラム設計
英語レベルが30段階に細かく分かれていて、初心者も上級者も自分にあった学習ができるから迷わない。
3.忙しくても続けられる仕組み
毎日、5時〜25時まで好きな時間にレッスンが受講でき、さらに教材完全連動の予習・復習動画(約10分)で自己学習も時短。

だから、ユーザーの90%が上達を実感しています。まずは無料体験レッスンからお試しください。

 

無料体験レッスンはこちら

※【上達実感】2024年3月14日~3月20日実施のBizmates受講生(Bizmates3か月以上継続利用ユーザーで抽出)アンケート結果に基づく(n=296)

英語学習、迷っていませんか?

「何をしたら英語力が伸びるのか分からない」
「自分でも続けられそうな学習法が見つからない」
と感じているなら、ビジネス特化のオンライン英会話Bizmates(ビズメイツ)で学習しませんか?


▼Bizmatesの3つの特徴
⒈すぐに伸びを実感できる学習教材
会議・プレゼン・ビジネスメールなどの業務別の教材が豊富にあり、今必要な英語を学び、すぐに仕事で実践できるから、上達を実感しやすい。

2.学習を迷わせないカリキュラム設計
英語レベルが30段階に細かく分かれていて、初心者も上級者も自分にあった学習ができるから迷わない。

3.忙しくても続けられる仕組み
毎日、5時〜25時まで好きな時間にレッスンが受講でき、さらに教材完全連動の予習・復習動画(約10分)で自己学習も時短。

 

だから、ユーザーの90%が上達を実感しています。まずは無料体験レッスンからお試しください。

 
 
※【上達実感】2024年3月14日~3月20日実施のBizmates受講生(Bizmates3か月以上継続利用ユーザーで抽出)アンケート結果に基づく(n=296)

「ビジネスマナー」の英語表現を解説

まずは「ビジネスマナー」を示す英語表現を、例文とともに解説します。

「ビジネスマナー」を英語で表すと?

「ビジネスマナー」は和製英語であり、英語では「business etiquette」や「business manners」と表します。

「etiquette」は日本語でも「エチケット」と言われ、「礼儀」や「作法」という意味をもつ表現です。

どちらもビジネスの場での慣習や礼儀作法を示す表現であり、似たような使い方をされますが、「business manners」のほうがより具体的な振る舞いを指すニュアンスがあるので覚えておきましょう。

ビジネスマナーに関する英語の例文

ビジネスマナーに関する英語の例文を紹介するので、参考にしてください。

[例文1]
First, let’s learn business etiquette.まずはビジネスマナーを身につけましょう。
[例文2]
It is not good business manners.その振る舞いはビジネスマナーとして良くない。
[例文3]
We need to learn foreign business etiquette.海外のビジネスマナーを学ぶ必要があります。
[例文4]
Business etiquette is essential for building strong relationships with clients.ビジネスマナーは顧客と強い関係を築くために不可欠です。

ビジネス英語コーチHikaのYouTubeチャンネルで、海外のビジネスマナーについて詳しく解説しているので、ぜひご活用ください。

関連動画:【要注意】日本人が知らない海外のビジネスマナー

日本人がおさえておくべき英語圏のビジネスマナー5選

日本人がおさえておくべき英語圏のビジネスマナーとして、下記の5つを紹介します。

  • 相手の名前を下の名前で呼ぶ
  • 会議では積極的に意見を発信する
  • 名刺交換の前に握手をする
  • むやみにお辞儀をするのは避ける
  • ボディランゲージが示す意味の違いを把握しておく

それぞれについて詳しく解説するので、基本的なマナーをおさえておきましょう。

相手の名前を下の名前で呼ぶ

英語圏では、ビジネスの場でも相手を下の名前(ファーストネーム)で呼ぶのが一般的です。相手が上司であってもクライアントであっても、下の名前を呼んでコミュニケーションをとります。

ただし、初対面の際にいきなり下の名前で呼ぶと馴れ馴れしいと思われるリスクがあるので、最初だけは名字で呼ぶようにしましょう。ほとんどの場合、相手が「Please call me 〇〇(名前).」と返してくれるので、そこから名前で呼ぶのが賢明です。

日本では相手を名字で呼ぶのが通常ですが、海外ではビジネスでも比較的フレンドリーな雰囲気が好まれており、お互いに名前で呼び合って関係性を深めていきます。

会議では積極的に意見を発信する

英語圏では、会議の場において積極的に意見を発信することが大切です。

日本では空気を読んで発言をしたり、あらかじめ根回しをして会議を円滑に進めたりすることが好まれます。一方、英語での会議は議論が中心であり、積極的にディスカッションに参加する必要があります。

しっかりと意見を主張することが求められるので、遠慮せずに自分の考えを発信することが重要です。アイデアを出したり質問をしたりして、参加者と活発にコミュニケーションをとりましょう。

名刺交換の前に握手をする

英語圏では、初対面の相手とは名刺交換の前にまず握手をします。

日本ほど名刺が重視されておらず、挨拶や握手を通して相手と気持ちのよいコミュニケーションをとることに重きが置かれているのです。

取引相手などと初めて会う際には、まずは相手の目をしっかりと見て、自己紹介とともに挨拶と握手をしましょう。視線を合わせて笑顔でコミュニケーションをとることで、相手と良い関係性をつくりやすくなります。

握手をした後、必要に応じて名刺を交換するのが一般的な流れです。

むやみにお辞儀をするのは避ける

英語圏のビジネスシーンでは、むやみにお辞儀をするのは避けましょう。

日本のビジネスシーンでは当たり前のようにお辞儀をしますが、海外では一般的でないため、お辞儀ばかりしていると落ち着きがない印象を与えてしまいます。

癖になっている場合もあるかもしれませんが、何度も頭を下げることはせず、堂々としているのが賢明です。相手に信頼してもらうためにも、落ち着いた振る舞いを意識しましょう。

ボディランゲージが示す意味の違いを把握しておく

英語圏で仕事をする際は、ボディランゲージが示す意味の違いを事前に把握しておきましょう。日本と海外ではボディランゲージの意味が異なるケースもあるため、悪気がなくても知らず知らずのうちに相手に悪い印象を与えかねません。

たとえば、日本人は何かを考える際に腕を組むことがありますが、海外において腕を組む姿勢は相手を敵対視していることを示します。

また、親指を立てる「グッド」のポーズや親指と人差し指で丸をつくる「OK」のポーズも、国によっては日本と違ってネガティブな意味を示してしまいます。

些細な仕草でも日本と海外で異なる解釈をされる可能性が高いため、むやみに行わないのが賢明です。

英語でメールを送る際のビジネスマナー3つ

英語でメールを送る際には、下記のビジネスマナーをおさえておきましょう。

  • 基本的な流れに沿って文章を書く
  • 簡潔・明確に内容を記載する
  • 相手を気遣う言葉を添える

それぞれについて解説します。

基本的な流れに沿って文章を書く

英語でメールを送る際は、基本的な流れに沿って文章を書きましょう。日本語の場合と同じように、下記のような構成でメールを送るのが一般的です。

  • 件名
  • 宛名
  • 導入
  • 目的・要件
  • 具体的な内容
  • 結び
  • 差出人の情報

相手がメールの意図をすぐに把握できるよう、目的や要件をはっきりと示すのがポイントです。概要を示してから具体的な内容を説明する形が好まれます。

上記の流れをフォーマットとして覚えておき、相手の視点に立ってわかりやすい文章を書くようにしましょう。

簡潔・明確に内容を記載する

英語圏では日本よりも合理性や効率が重視されるため、メールを送る際は端的に内容を書くことが求められます。

メールを送る目的や、報告なのか依頼事項があるのかなどを明確にし、相手にとってもらいたい行動が伝わるようにしましょう。下記に例を示します。

[例文1]
Just a brief update on the project.プロジェクトの進捗をお知らせします。
[例文2]
I want to get your input on something.あなたの意見を聞きたいです。

また、曖昧な表現はせず、情報や要求を正確に伝えることが大切です。何かを依頼する際は、下記のように期限を明確に記載しましょう。

[例文1]
Could you please send me the file by 3 PM on Monday, Oct. 10?10月10日月曜の午後3時までにファイルを送っていただけますか?
[例文2]
I’d appreciate it if you could reply by next Monday morning.次の月曜の朝までに返事をくれるとありがたいです。

相手を気遣う言葉を添える

日本語でメールを送る場合と同様に、英語のメールでも相手を気遣う言葉を添えると印象がよくなります。

挨拶の後や結び言葉の前に一言添えるなどの形で、感謝や相手を尊重する気持ちを示しましょう。下記の例文を参考にしてください。

[例文1]
Thank you again for your understanding.ご理解いただき、重ねて感謝いたします。
[例文2]
Keep yourself warm.寒くなってきたので風邪など引かぬようお気をつけください。
[例文3]
I hope you have a relaxing weekend.週末はよく休んでください。

英語でのメールの書き方について、下記の記事でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

関連記事:【保存版】悩まず書ける!英語メールの書き方の5つのポイント

関連記事:【保存版】ビジネスでつかう英語メールの結びと締めの言葉

関連記事:英語メールの署名の書き方で大切な10のルールとテンプレートを紹介

Bizmatesのオンライン英会話でマナーと英語力を学ぼう

仕事のために英語を学びたい方には、ビジネス特化型オンライン英会話のBizmatesがオススメです。

Bizmatesのトレーナー陣は、全員が海外での豊富ビジネス経験があり、英会話を教えるだけでなく、海外でのビジネスマナーについでもアドバイスができます。

一流のトレーナーとの会話を通してビジネス英語を身につけながら、ビジネスシーンで重視されるマナーにも触れられますよ。

まずは無料体験レッスンからお気軽にご検討ください。

>>Bizmatesのオンライン英会話無料体験レッスンはこちらから

コーチングサービスを利用すれば、あなたに合った学習プランで効率よく英語学習を進められます。仕事で英語を使う際に不安に思うマナーなどについても相談ができるので、専属の日本人コンサルタントによる手厚い学習サポートをぜひ受けてみてください。

>>Bizmatesのコーチングサービスお申し込みはこちらから

まとめ

「ビジネスマナー」は英語で「business etiquette」や「business manners」と表します。

英語圏では「相手を下の名前で呼ぶ」「名刺交換の前に握手をする」など、日本と違ったビジネスマナーがあるので、英語を使って仕事をする機会がある方は覚えておきましょう。

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただき
サービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただきサービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

  • ビジネス英語

Share

オススメのビジネス英語の記事

Bizmates