おすすめの英会話本 5選!レベル別の本の選び方も紹介

「英語を勉強しているけど、なかなか話せるようにならない」とお悩みの方は、自分の目標にあった英会話の本で勉強するのもいいですよ。

英会話に特化した本であれば、あなたが学びたいジャンルでよく使うフレーズや、ネイティブにも違和感をもたれない自然な言い回しがたくさん学べます。

学んだフレーズをアレンジしてアウトプットすれば、効率よく英会話力を高められますよ。

本記事では、レベル別、目的別に英会話の本の選び方を解説します。

役立つ本や教材も紹介しますのでぜひ参考にしてください。

英会話の本でフレーズを学んだら、次は実際に使ってみることが大切です。

手軽に毎日英語が話せるオンライン英会話を活用すれば、「知っているフレーズ」ではなく「使えるフレーズ」が増やせますよ。

★オンライン英会話継続のコツはこちら>>

オンライン英会話を毎日受けた成功事例と3つのコツとは?

「自分に合った最適な英語の学習方法が知りたい」「ひとりで継続できるか自信がない」という方は、英語のコーチングサービスを活用するのがオススメです。

英語学習の専門家が一人ひとりの英語レベルや目的に合わせて学習プランを計画し、継続的なサポートを行います。

ビジネス英語を最短ルートで習得したい方は、ぜひ「Bizmates Coaching」にご相談ください。

>>ビジネス英語特化コーチングサービス「Bizmates Coaching」

magazine_bnr_short

そもそも本で英会話は身につくのか

そもそも本で英会話は身につくのか

英会話の本・参考書を紹介する前に「そもそも本だけで英会話は身につくのか」「どうすれば効果的に活用できるのか」を以下のポイントで解説します。

  • フレーズ集「だけ」では身につかない
  • アウトプット前提でインプットすれば効果あり

ひとつずつ見ていきます。

フレーズ集「だけ」では身につかない

結論をいえば、フレーズ集を読んだだけでは英会話は身につきません。

英会話がうまくなりたいのであれば、基本となる単語・文法・発音を学んだ上で、総合的に英語力を鍛えていく必要があります。

英会話フレーズを覚えることは、その中のひとつでしかありません。

これから英語学習を始める方でどのように英語の勉強を進めるべきかわからない方は、下記の記事も参考にしてみてください。

参考記事:英語の勉強は結局何をすればいいの? 具体的な勉強法を解説!

アウトプット前提でインプットすれば効果あり

英会話の本を使って英語学習を進める場合、インプットに比重が傾き過ぎてしまう方が多くいます。

この方法では「英語の知識」は増えますが、効率的に「使える英語」を身につけることはできません。

英会話の本を使って英語を学ぶ場合、

  • 使う場面(ビジネス・日常生活など)を想定した教材を選ぶ
  • 覚えた知識を積極的に使う

ことを意識しましょう。

本を使って覚えた文法やフレーズは実際に使ってみることで「使えるレベル」にまで落とし込めます。

また、使う場面を想定しながらインプットすることで、記憶にも残りやすくなります。

日常生活で英語を試す機会がない方は、オンライン英会話を活用するのがオススメです。

「次のレッスンでこのフレーズを使ってみよう!」と考えながら本を読めば、定着率も大幅にアップしますよ!

>>1レッスン320円~で本格ビジネス英会話「Bizmates

体系的に学びたいなら英語コーチングサービスがオススメ

「基礎からしっかり英語を学びたい」「効率的に英語力を上げたい」という方は、英語コーチングサービスを活用するのがオススメです。

英語を学ぶ目的や現在の英語レベル・適した学習方法は人それぞれ異なります。

英語コーチングサービスを取り入れることで、自分に合った効率的な方法で英語が学べます。

また、

  • どんな教材を使うべきか
  • どのように使っていくべきか
  • 本当にこの教材は効果があるのか

など、悩む時間や試行錯誤する必要がなくなり、最短距離で学習を進められます。

「Bizmates Coaching」はビジネス英語に特化したコーチングサービスです。

第二言語として英語を身につけ、かつビジネスで英語活用経験のある日本人がコンサルタントとして在籍。

あなたに最適な学習方法を提案し、月4回の面談を通して継続的なサポートを行ないます。

独学で何度も挫折した経験がある…という方は、学習方法や継続のコツがわかっていなかったのかもしれません。

「今度こそは英語力を上げたい」と本気で考えているなら、ぜひ一度Bizmates Coachingにご相談ください。

>>あなたに最適・最短の英語学習をサポート「Bizmates Coaching」

英会話の勉強本を選ぶ際のポイント

英会話の勉強本を選ぶ際のポイント

英会話の勉強本を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 自分の英語レベルで選ぶ
  • 音源がついているものを選ぶ
  • 日常会話やビジネス英会話など目的で選ぶ

順番に見ていきましょう。

自分の英語レベルで選ぶ

英会話の本を選ぶときに1番大切なのが、自分のレベルに合ったものを選ぶことです。

簡単すぎてはつまらないですし、難しすぎては挫折の原因になるので注意してください。

ついつい口コミで人気の本や有名な本を選んでしまいがちですが、本当に自分のレベルに合ったものか確認してから購入するようにしましょう。

また、自分の目的に合ったものを選ぶことも重要です。

ビジネスで必要なのか、TOEICなどの資格試験に必要なのか、それによって選ぶ本も変わってきます。

次に、レベル別に学習しやすい本の選び方を紹介します。

初級者・初心者は継続しやすい本がオススメ

初心者の場合、内容が難しすぎると三日坊主になってしまいがちなので、やさしい本を選ぶことが重要です。

たとえば、図解つきで説明されているものや、中学レベルの簡単な例文が多めのものがオススメ。

英語学習は筋トレと同じで継続すれば必ず力がついてくるものです。

学習が負担になりすぎないよう、簡単な本を選ぶようにしてください。

中級者はより実践的な本がオススメ

初級者向けの本は簡単な例文が使われているので、なかなか実践で使う機会がない場合も。

中級者であれば、実践で使える表現がたくさん載っている本を選びましょう。

覚えたフレーズは実際の会話で使うことがゴールです。

自分がアウトプットするときに使えそうな表現が多いかどうかも本選びの基準になります。

上級者は例文やフレーズの多い本がオススメ

上級者は語彙力を増やし、より多くの言い回しを覚えたいという方が多いので、例文やフレーズが多く載っている本がよいでしょう。

自分の知らない表現が多く載っている本や、ネイティブの自然な言い回しが学べる本もオススメです。

音源がついているものを選ぶ

英会話の本は、CDやMP3データなど音源つきのものを選ぶようにしましょう。

英会話表現を学ぶ目的は、コミュニケーションで使えるようにするためです。

どれだけ表現を覚えても、相手に聞きとってもらえなければ意味がありません。

正しい発音、イントネーションとともに覚えるようにしましょう。

日常会話やビジネス英会話など目的で選ぶ

英会話を勉強する目的によって、選ぶ本は異なります。

ビジネスで使う人はビジネス英会話の本を、日常会話で必要な人は日常英会話の本を選ぶ必要があります。

自分が身につけたいジャンルの本で勉強することで、効率よくフレーズを覚えられるので、実践に活かしやすいです。

Bizmatesならビジネス英語に最適な教材をご用意

Bizmatesではビジネス英語に特化した教材を豊富にご用意しています。

ミーティングやプレゼン、英語面接など、あなたの課題や英語が必要なビジネスシーンに合ったシチュエーションで学べますよ。

弊社Bizmatesでは、初回の無料体験レッスンでレベル診断を行なっています。

レベル分けも細かく設定しているので、今の実力に最適な教材で英語力を伸ばすことが可能です。

今の自分の英語力を無料で診断したい方は、以下リンクからぜひ体験レッスンを申し込んでみてください。

>>レッスンタイプ・教材一覧|ビジネス特化型オンライン英会話 ビズメイツ (bizmates.jp)

また、弊社Bizmatesでは英語のコーチングサービスも提供しています。

Bizmates Coachingでは、受講生一人ひとりのレベルや課題を見極め、あなたにぴったりな学習教材を提案しています。

どの教材が自分に合っているのかわからないときは、一度、英語学習のプロからアドバイスを受けてみるのもよいでしょう。

Bizmates Coachingではその方に合わせたオリジナルの学習内容とプランを提案します。

>>Bizmates coaching(ビズメイツ コーチング)

英会話にオススメの本5選

英会話で参考になる本5選

英会話の参考になる役立つ本は、以下の通りです。

  • 英文法の基本的な知識を学べる本
  • 英会話に必要な動詞がわかる本
  • 簡単に読めるフレーズを音読して勉強する本
  • 会話フレーズ以外に英文法の詳細も載っている本
  • 可愛い絵に癒される初心者向けの面白い単語帳

順番に見ていきましょう。

英文法の基本的な知識を学べる本

英会話フレーズは闇雲に暗記するだけでは、なかなか覚えられず挫折しがちです。

そこで、よく使われるパターンだけを習得して会話の幅を広げるというコンセプトで作られたのが、『たったの72パターンでこんなに話せる英会話』です。

英会話でよく使われるパターンさえ覚えてしまえば、あとは単語を入れ替えたり、フレーズを入れ替えたりするだけで、一気に表現の幅を増やせます。

何の脈絡もない表現を暗記していくよりも、1つのパターンを覚えて単語を入れ替えていく方が記憶に残りやすく、実践でも使いやすいです。

「暗記が苦手」「いつも同じ表現ばかり使ってしまう」という方にオススメです。

英会話に必要な動詞がわかる本

日常生活からビジネス英語まで使える動詞101個を紹介している『英語が身につく101動詞』では、ネイティブがどのようなニュアンスでそれぞれの動詞を使っているのかが説明されています。

学校では教わらなかった動詞のもつニュアンスがイラスト付きで解説してあるので、初心者にもわかりやすいです。

「会話中、いつも中学レベルの簡単な動詞しか出てこない」「ネイティブに違和感を持たれない英語を話したい」とお悩みの方には非常に役立つ1冊です。

簡単な英単語や表現を使って中学英語が復習できる、初心者にやさしい1冊。

簡単なのに実用的な例文が多く、瞬間英作文やシャドーイング、リピーティングにも使えます。

アウトプットを最終目標とした構成になっているので、本書に書かれている通りに学習すれば、英会話力は確実にアップするでしょう。

「中学英語の文法を復習したい初心者の方」「簡単な英語がスラスラ話せるようになりたい方」にオススメです。

簡単に読めるフレーズを音読して勉強する本

TOEIC300点代の初心者でも読めるように、基本単語1,000語からなる例文を38本収録しているのが『究極の英語リーディングVol. 1』です。

難易度が低めなので、英語に自信がない人でも英文を読めたという実感が持てるでしょう。

何度も音読することで、簡単な単語を使ったバリエーション豊かな表現を習得できます。

また、スラッシュリーディングの練習もできるので、英語を早く読めるようになりたい人にもオススメです。

会話フレーズ以外に英文法の詳細も載っている本

ネイティブとの共著で、日本人が間違いやすい英語の文法や語彙に関する200項目をQ&A方式で簡潔に解説しているのが『会話する英文法Q&A わかる!使える!』です。

「英文法のやり直しをしたい」「ネイティブの感覚を身につけたい」という方にピッタリ。

第二言語話者の視点と母語話者の直観を融合させているユニークな1冊です。

可愛い絵に癒される初心者向けの面白い単語帳

可愛い犬とペンギンのイラストに癒されながら、しっかり単語を覚えていけるのが『わんわんの芋づる式図解英単語』です。

本書は、単語の持つイメージや語源をわかりやすく図解を用いて説明しており、初心者から上級者まで学習しやすい本です。

英単語の根本から理解できるので丸暗記に頼ることなく覚えられます。

可愛いイラストに癒されながら、お子さんと一緒に勉強するのもいいかもしれません。

英会話の本に取り組む際の注意点

英会話の本に取り組む際の注意点

英会話の本を使って英語を勉強する際の注意点を3つ紹介します。

  • まずは基礎を身につけるのが優先
  • おしゃれな表現は後回しでOK
  • インプットにばかり集中しがち

順番に見ていきましょう。

まずは基礎を身につけるのが優先

英会話の本を読んでたくさんの英会話フレーズを詰め込んだものの、実際に使おうと思ったらうまく出てこないといった経験はないでしょうか。

英語の基礎力が足りていないと、単語やシーンが少し違うだけでフレーズがうまく活用できなくなってしまいます。

大人になってから一度も英語を勉強していない方は、最初に中学レベルの基礎を復習するとよいでしょう。

「これから英語をやり直したい!」と考えている方には、下記の記事もオススメです。

参考記事:英語の勉強は結局何をすればいいの? 具体的な勉強法を解説!

おしゃれな表現は後回しでOK

英語のフレーズ集には、ネイティブが使うおしゃれな言い回しが多く紹介されています。

たとえば、

  • have a ball(舞踏会を持つ):楽しい時を過ごす
  • thumbs up(親指を上に):賛成・承認
  • keep one’s chin up(あごを上げておく):へこたれないでいる

などは、知っているとちょっとカッコいいフレーズかもしれません。

ですが非ネイティブの日本人は、まずは「どんな状況でも確実に言いたいことを伝えられる状態」を目指すべきです。

おしゃれな言い回しばかり覚えても会話は続きません。

また、このような遠まわしな表現はネイティブにしか伝わらないことも多いです。

英語話者の8割が非ネイティブであることを考えれば、優先的におしゃれな言い回しを覚える必要はありません。

まずは、どんな状況でも対応できる基礎力をつけましょう。

インプットにばかり集中しがち

英会話フレーズ集でインプットするだけでは、英語は話せるようになりません。

実際に英語で会話をするためには、

  • 覚えたフレーズを瞬時に使いこなす応用力
  • 外国人と積極的にコミュニケーションを取るマインド

が必要です。

これらは、ひとりで静かに本を読んでいるだけでは身につきません。

英語を本気で身につけたいのであれば、インプット以上にアウトプットを重視すべきです。

そのためには、覚えたフレーズを積極的に使っていく姿勢と、日常的に英語を使う環境が必要になります。

身近に英語を話せる環境がない方は、手軽なオンライン英会話を活用しましょう。

オンライン英会話なら、入会金や教材費がかからずどこからでも受講できるので、手軽に始められます。

また、毎日外国人と話すことで、物怖じしないマインドと自信をつけられます。

Bizmatesは、ビジネス英語特化のオンライン英会話です。

仕事で英語が必要な方、英語を学んでキャリアアップを目指している方は、ぜひBizmatesで一緒にビジネス英語を学びましょう。

>>1レッスン320円~で本格ビジネス英会話「Bizmates

本と合わせて取り入れたい英会話学習法

英会話の本と合わせて取り入れたい英語学習法を紹介します。

  • 音読
  • シャドーイング
  • オンライン英会話

ひとつずつ解説していきます。

音読

英会話の本で学んだフレーズは声に出して音読するのがオススメです。

黙読だけよりも記憶に残りやすく、実際に声に出してみることで発音やリズムなどが覚えられます。

また、基本的に自分で発音できる英語は聞き取れるようになるため、リスニング力アップにも効果的です。

音読には本以外の特別な教材も必要ないので、ひとりで手軽にできるのもメリットです。

ただし、音声がついていない本を使うと、間違った発音を覚えてしまう可能性もあるので注意しましょう。

音読前には音源を聞いて正しい発音やイントネーションで音読するように心がけます。

音読の効果ややり方についてさらに詳しく知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

参考記事:英語音読の4つの効果・3つのメリットを解説!やり方とおすすめ教材も合わせて紹介

シャドーイング

音読に慣れてきたら、シャドーイングに挑戦するのもオススメです。

シャドーイングとは、英語の音声を聞きながら自分も少し遅れてマネしていく練習方法です。

もともとは通訳者の訓練法として使われていましたが、その効果の高さから今では一般の英語学習者にも人気の学習方法となりました。

音声を聞きながらマネをしてシャドーイングするので、普通の音読よりも正確な発音やイントネーションが身につきます。

正確な発音を身につければ、リスニング力・スピーキング力アップに効果的です。

最初は難しく感じるかもしれませんが、その場合は

  • 簡単な教材を選ぶ
  • 短く区切って行なう
  • スピードを落として行なう

など、工夫するとよいでしょう。

さらに詳しいシャドーイングのやり方は下記記事で紹介しています。

参考記事:シャドーイングの効果とやり方を初心者向けに徹底解説!挫折しないためのコツも紹介

オンライン英会話

国内で使える英会話力を身につけたいのであれば、ぜひ活用したいのがオンライン英会話です。

自分の周りの「英語が上手い人」は、実際に英語で会話する機会がたくさんあり、トレーニングを重ねている人ではないでしょうか。

英会話を効率的に習得したいなら、アウトプットの機会を増やすことが重要なのです。

オンライン英会話を活用すれば、英語のトレーニングができる機会を簡単に作れますよ。

実際に講師と英語で会話をすることで、本でインプットしたフレーズを使いこなす応用力が磨かれ、自分で気付かなかった発音や文法の間違いも指摘してもらえます。

まだ外国人講師と会話をする自信がないという方なら、レッスンで音読を披露して間違いを指摘してもらうという使い方も可能です。

少しずつ英会話に慣れていくとよいでしょう。

ビジネス特化型オンライン英会話のBizmatesでは、初心者から英語上級者まで使える豊富な教材を用意しております。

≪Bizmates4つのレッスンタイプ≫

  • Bizmates Program(30段階レベル別レッスン)
  • Other Programs(業務・職位別レッスン)
  • Assist Lesson(資料・Eメール添削/プレゼン練習など)
  • Discovery(用意されたテーマに沿って講師と対話)

無料体験レッスンでは、英会話レベルチェックや学習アドバイスも行なっております。

ぜひご自身の英語学習にお役立てください。

>>Bizmates無料体験レッスン

英会話の勉強本に関するよくある質問

英会話の勉強本に関するよくある質問

英会話の勉強本に関するよくある質問は以下の通りです。

  • 本はたくさんあった方がいい?
  • 本を読んだ後のアウトプットはどう行う?
  • 大学生向けの英会話の本は?

順番に見ていきましょう。

本はたくさんあった方がいい? 

複数の本を読むより、1冊を徹底的に使い込んだ方がいいです。

いろいろ手をつけてしまってどれも中途半端になっては勿体ないので、自分の目標に合ったものを1冊選んで学習していきましょう。

自分に合っていると思う本を選んで、その本を何周も繰り返し勉強してみてください。

本を読んだ後のアウトプットはどう行う? 

本を読んでたくさんフレーズを暗記しても、実践する場所がないと徐々に忘れてしまいます。

記憶に定着させるためにもアウトプットは必須です。

普段の生活で英語を使うことがない方は、低価格で気軽にはじめられるオンライン英会話を活用してください。

オンライン英会話なら毎日英語で話す機会を作れるので、アウトプットに最適です。

Bizmatesでは毎日25分から、手軽に英会話レッスンが受けられますよ。

初回は無料で体験レッスンもできるので、ぜひ試してみてください。

>>1レッスン320円~で本格ビジネス英会話「Bizmates

大学生向けの英会話の本は?

大学生向けの英会話の本は、下記の2冊です。

  • 英語が身につく101動詞
  • 会話する英文法Q&A わかる!使える!

上記2冊は「ネイティブの感覚」が盛り込まれている本です。

今まで勉強してきた受験英語の知識にネイティブの感覚や視点を加えることで、スムーズに会話力を高められます。

大学生が英語を復習しながら使える英語を身につけるために効果的な2冊です。

英会話を本気で習得するなら自分に適した参考書を選ぼう! 

英会話を本気で習得するなら自分に適した参考書を選ぼう! 

自分の目標に合った英会話の本で学習すれば、英会話習得の近道になります。

ただし、インプットするばかりでなく、アウトプットもしないと英語力は伸びないので注意しましょう。

書店にはさまざまな教材があふれているので「どれが自分に合っているのか選ぶのが難しい」「自分に最適な教材を教えてほしい」という方も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを抱えているなら、一度プロから自分に最適な本や学習内容をアドバイスしてもらってはいかがでしょうか。

Bizmatesのコーチングサービス「Bizmates Coaching」では、専任コンサルタントがあなたのレベルや課題に合わせた学習プランをご提案し、学習状況を確認しながら英語力を伸ばしていきます。

教材を選ぶ手間が省けますし、レベルに合わない参考書を選んでしまう失敗もないので、最短で英語力が上げられます。

ビジネス英語に最適な教材を使って、段階的かつ体系的に英会話を習得したい方はぜひ「Bizmates Coaching」にご相談ください。

>>あなたに最適・最短の英語学習プランをご提案「Bizmates Coaching」

magazine_bnr_short

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事