英語リスニングの勉強法と5つのコツ:初心者でもマスターできる方法を徹底解説!


英語リスニングの勉強法と5つのコツ

英語のリスニングが苦手な理由は、単語や文法知識が足りていないこと以外にも、発音ルールや文化的背景の知識不足があります。

また、リスニングのスピードについていけない原因として、学生時代に習った「英語を後ろから訳す癖」の影響が考えられます。

今回は、オンラインビジネス英会話「Bizmates」で英語教材プログラムを開発の責任者をしているHika Itoが、効果的にリスニング力を向上させる勉強法をお伝えします。

また、こちらの動画ではリスニング力を上げるコツについて詳しく解説しています。リスニングを伸ばしたい方はぜひ参考にしてください。

  • 学習方法がわからない
  • リスニングで苦戦している
  • 効率的に英語学習をすすめたい

という方は英語学習のプロに相談してみませんか?

>>あなたの弱点を分析しあなたのニーズやレベルに合わせた学習プランニング|Bizmatesの英語コーチング

英語のリスニングが聞き取れない理由とは?

英語のリスニングが聞き取れない理由

英語のリスニングが聞き取れない理由は以下の3つです。

  • 理由 1. 最低限の単語や文法を知らない
  • 理由 2. スピードについていけていない
  • 理由 3. 発音ルールがわかっていない

順番に見ていきましょう。

>>リスニング力を上げたいなら、プロに頼ろう!

理由1.最低限の単語や文法を知らない

全くわからない英単語やフレーズの羅列を何度聞いても、英語を聞き取れるようにはなりません。

発音された英語のスクリプト(英文)を見ても何が書いてあるのか分からない場合、まずは最低限の単語や文法の知識を身につける必要があります。

基本となる中学レベルの単語と文法をザっと学習しなおすことから始めましょう。

そのうえで、ビジネス用語などの、自分に必要なボキャブラリーを足していくことをおすすめします。

理由2.スピードについていけていない

ゆっくり話してもらえば理解できるのに速くなると聞き取れない場合、英語脳ができていないことが原因です。

リスニングでは英単語や文の意味をいちいち日本語に訳していては、早い段階でスピードが追いつかなくなります。

英語を英語のまま理解する英語脳を育てなければ、ネイティブのスピードにはついていけません。

聞き取れない単語や言い回しを実際に何度も使うことで、日本語に訳さずとも英語のまま理解できるようになります。

また、日本の学校教育で行われる英語を後ろから巻き戻して訳す癖が、リスニングでは弊害となります。

リスニングでは、リーディングと違って巻き戻して訳す時間はありません。

英語の語順のまま、前から意味をとっていく癖をつけたいですね。

理由3.発音ルールがわかっていない

英語には日本語にない音がたくさんある上に、以下のようなルールがあります。

  • 単語1つずつにアクセントがある
  • 音声変化(リエゾン)がある
  • 強弱がある
  • イントネーションがある

これらを意識して単語を覚えたり、文を聞いたりする必要があります。

特にリエゾンは学校英語では習わないことが多いので、実際の会話の中で慣れていく必要があるでしょう。

リエゾンの音の連結・脱落・同化のルールを知っているだけで、リスニングがかなり聞き取れるようになるはずです。

Bizmates の英語コーチングならあなたのリスニングの弱点を分析した上で最適な学習法をご提案

オンライン英会話のBizmatesには、効率よく英語力を伸ばすために、オンライン英会話とセットで英語学習をサポートするコーチングサービスがあります。

「リスニング」と言っても、人によって「音声処理」ができていないのか、「意味処理」ができていないのか、といった弱点が異なります。
あなたのリスニングの問題を英語のプロが診断し、最適な学習プランを立てます!

  • 効率的にリスニング力を向上させたい
  • 仕事で急遽英語を使うことになった
  • 自分の英語学習方法が正しいのか不安

こんな方は、ぜひBizmates 英語コーチングをご検討ください。

Bizmates 英語コーチング受講生の声

英語のリスニングの具体的な練習方法

英語のリスニングの具体的な練習方法

ここからは、英語のリスニングの具体的な練習方法を紹介します。

おすすめの練習方法は以下の5点です。

  • ディクテーション
  • 英文の音読
  • オーバーラッピング
  • シャドーイング
  • リピーティング

順番に見ていきましょう。

>あなたのリスニングの課題を見つけて、弱点を最短ルートで克服しましょう!

ディクテーション

1人でもできるリスニング力向上の方法はと聞かれたら、ディクテーションが効果的だと考えます。

ディクテーションとは、音声の英語を聞き取り一語一句全てを書き取る学習法です。

実際の音声を聞いて英語を書きとってみると、聞き取れない場所が出てくると思います。

次に、聞き取れなかった箇所のスクリプト(英文)を確認しましょう。

すると、リエゾン(音を繋げて発音したり音が脱落したりする法則)や、イントネーションを理解できるようになります。

こうして英語特有の法則を知っていくことで、徐々に聞き取れるようになります。

1人で勉強した後は、普段の会話の中でどの程度効果があるのか試してみることで、モチベーション高いままに英語学習の継続が可能です。

英文の音読

人は自分が発音できる音しか聞き取れません。

聞き取るためには、その音を正確に発音できる必要があります。

そこで、ネイティブのお手本そっくりに音読する練習が効果的です。

また、音読することで単語と文法の知識が英語のままインプットされるので、英語を前から理解していけるようになります。

すると、リスニングでも巻き戻さずに、聞こえてきた順番で理解できるようになるはずです。

このように音読はリスニング力アップに大きな効果があります。

オーバーラッピング

オーバーラッピングとは、英語のスクリプトを確認しながら、流れる英語音声と同時に発音していく学習方法です。

オーバーラッピングには、下記のような効果があります。

  • 正しい発音が身につく
  • 英語独特の抑揚やリズムに慣れる
  • ネイティブの発音スピードに慣れる

オーバーラッピングを行うことで、自分の発音と実際のネイティブ発音の「ズレ」を認識でき、英語の正しい発音やリズムを身につけられます。

単語の正しい音や使われ方が理解できれば、聞き取れる単語が増え、リスニング力向上につながります。

最初に英語の正しい発音を確認したい場合は、まずは口パクでオーバーラッピングを行うと良いでしょう。

正しい英語の発音を聞くのと同時に、自分の口を慣れさせることが可能です。

また、選ぶ教材は、難し過ぎず簡単過ぎない自分の英語レベルに合ったものを選ぶようにしましょう。

シャドーイング

次は、シャドーイングです。

英文は見ずに、音源の後0.5秒ほど遅れて音声を追いかけて発音します。

シャドーイングは日本人が苦手な、音声と意味を結びつける効果があると同時に、発音がうまくなることで、リスニング力もアップします。

なかなか最後まで言えない場合は、また音読に戻ってから再度挑戦してみましょう。

シャドーイングの詳しいやり方や初心者向けの練習方法を知りたい方は、下記の記事でご確認ください。

関連記事:シャドーイングのやり方まとめ! 英語初心者も実力アップする勉強法

リピーティング

リピーティングとは、英語音声の後に続いて発音をする学習方法です。

中学校の授業で、英語の先生に続いて生徒が英文をリピートする形をイメージしてください。

ただし、当時は教科書を読みながら英文をリピートしたかもしれませんが、リピーティングはスクリプトを見ないで行うほうが効果的です。

最初はフレーズごとに細かく音声を止めながら発音。

慣れてきたら、1文、2文ごとに発音するなど、英文を止める回数を減らしていきましょう。

リピーティングでは、実際に聞き取った音声を自分で再現できるかを確認できます。

発音するときは、

  • 単語ごとの正しい発音
  • アクセント
  • リエゾン(文中での単語の音声変化)
  • 強弱
  • 抑揚

を意識して取り組みましょう。

教材を一通りリピーティングしたら、聞き取れなかった単語や意味が理解できなかった文などをスクリプトで確認し、再度リピーティングを行います。

すると、文の意味・文法・音がリンクするので効果的です。

リスニングを効果的に勉強しよう

リスニング教材を使って学習するときは、必ず音をそっくり真似て、繰り返し発音を練習するようにしてください。

そして、オンライン英会話などを使い、実際の会話の中で英語特有の発音に多く触れながら、自分でも発話する中で発音を真似て身につけましょう。

「リスニングの練習方法は理解したけれど、自分に本当に合っているのか?」「学習を続けられるかどうか不安…」そんな方には、英語学習のプロに任せてみるのが一番です。Bizmatesの英語コーチングでは、コンサルタント全員が英語でのビジネス経験者なので、より社会人の実践に寄り添った指導ができます。

経験豊富なプロフェッショナルたちが、あなたの英語学習を細かく分析・サポートし、リスニングスキルを確実に向上させるお手伝いをします。

ぜひ、Bizmatesの英語コーチングをご検討ください。

英語のリスニング力の鍛え方のコツ

リスニング力の鍛え方

リスニング力を上達させるための具体的な5つのコツは以下の通りです。

  • まずはゴールを定める
  • 英単語・英文のボキャブラリーを増やす
  • 発音を理解する
  • 英語のまま理解するようにする
  • リアルな英語に毎日触れる

順番に見ていきましょう。

コツ1.まずはゴールを定める

まずは、どの程度まで聞き取れるようになりたいかゴールを決めましょう。

日常会話レベルなのか、ビジネス英語レベルなのか、TOEICや英検などの資格試験に必要な程度なのか。

ゴールによって、学ぶ単語も英文のレベルも変わるので、選ぶべき教材も変わってきます。

コツ2.英単語・英文のボキャブラリーを増やす

ゴールを決めたら、英単語と英文のボキャブラリーを増やしていきましょう。

その際、ただ単語や英文の意味を理解するのではなく、「リスニングで聞き取れるかどうか」をゴールにしてください。

自分が聞き取れる音は、自分が発音できる音です。

単語や英文を覚えるときは、必ず音も一緒に覚えます。

CDなどで音声が確認できるテキストを選んで学習しましょう。

また、自分のボキャブラリーにするというのは、会話中ですぐに出てくるレベルを指します。

それには、毎日会話の中で英単語を使ってみることが一番の近道です。

コツ3.発音を理解する

英語には、日本語にない音がたくさんあります。

英語の音を理解して発音できるようになることで、やっと聞き取れるようになります。

単語単位で覚えるときは、必ずアクセントと発音記号を意識しましょう。

一方、文単位で覚えるときは、リエゾンやイントネーションが重要。

リエゾンやイントネーションは、実際に使っているところを聞くのが最も効果的です。

なお、英語の発音ルールや学習方法について詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

関連記事:英語の発音がよくなる4つのルールと具体的な勉強法

コツ4.英語のまま理解するようにする

日本の学校教育で染みついた英語を日本語に訳す癖は、リスニングでは弊害になります。

なぜなら日本語と英語は語順が違う言語なので、日本語に訳すとなると英語を最後まで聞く必要があるからです。

それでは通常のスピードの会話は、訳す前に流れていってしまいます。

そのため、英語は英語の語順のまま前から理解していく必要があるのです。

リスニングでは、聞こえてきた順番に英語のまま聞き取る訓練をしてみましょう。

コツ5.リアルな英語に毎日触れる

英語リスニング力の向上において、リアルな英語に触れることがとても重要です。

英語を日常生活に取り入れることで、まるで留学しているかのような環境を自身の中で築くことができます。

しかしながら、日本に住んでいると英語を日常で使用する機会は限られていることが多いでしょう。

英語環境が身の回りにない方にとっては、オンライン英会話が非常に有効的です。

英語のリスニングに早く慣れたい方には、積極的に日常生活に英語を取り入れることをおすすめします。

>>あなたのリスニングの課題を見つけて、弱点を最短ルートで克服しましょう!

リスニング力向上に大切なこと

リスニング力を上げるためには、語彙や発音ルールを正しく理解することに加えて、ネイティブ英語独特のリズムやスピードに慣れる必要があります。

また、「自分で発音できる音は聞き取れる」という法則から、

  • 音読
  • オーバーラッピング
  • シャドーイング
  • リピーティング

などの学習方法を使って、自分で発音しながらリスニング力を上げるのが効果的です。

学習した英語を実際の会話で使ってみることは、リスニング力を上達させる上で欠かせないステップです。

しかし、英語環境が近くにないと会話することは難しいですし、英語学習を自分一人で行うには限界がありますよね。

そんな方はリスニング力を上げるための学習に取り組みつつ、低価格で様々な英語に触れられるオンライン英会話でアウトプットしながら学んでいくのがおすすめです。

Bizmatesの英語コーチングなら、毎日英会話で日々のアウトプットができる環境と、あなたのニーズに合わせた学習プランを提案します。専属の日本人コンサルタントがあなたの弱点や苦手を分析し、具体的な目標と到達のためのプランを立ててくれます。

「あなたがなぜリスニングが苦手なのか」の根本的な原因から最適な学習プランを提示するので、遠回りすることなく、確実に英語力を上げていくことができますよ。

最適・最短なルートで英語力を上げたい方は、ぜひBizmatesの英語コーチングをご活用ください。

Bizmatesの英語コーチング

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事

Bizmates