ネイティブのような英語の発音は大切か?4つ発音ルールを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
hatu_main

英語の教師をやっていた時の話ですが、受講生からよく「ネイティブのような発音になれますか?」という質問をよく受けることがありました。しかし、ネイティブといっても、国や地域によって発音やアクセントが異なります。

例えば、アメリカ人でさえもオーストラリア人の英語を理解できないことは珍しくありません。こういった背景で「ネイティブのような発音」は重要なのでしょうか?筆者はネイティブスピーカーですが、英語を上達する上で、ネイティブのような発音は必ずしも重要ではないと考えます。

なぜなら世界のイングリッシュ・スピーカーのほとんどはノン・ネイティブであり、いろんな国の人とコミュニケーションをとるには、ネイティブのような発音よりも、グローバルな耳がなければコミュニケーションをとることが困難だからです。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが英語の発音について詳しく解説いたします。

ネイティブのような発音とはどこの国の発音?

「ネイティブのような発音になりたい!」と思っている人は、実は「アメリカ人のような発音になりたい!」となんとなく思ってはいませんか?

なぜならアメリカ文化が日本に深く浸透しており、映画などの影響により、「グローバル=アメリカ文化」と思いこんでいる人は多いからです。

ネイティブ英語といっても67ヵ国もあり、国が違えば、ネイティブ同士でも発音やアクセントが違うため言葉が通じないことがよくあります。

そして「アメリカ人のような発音ができれば世界中で英語が通じる」と思っている人もいると思いますが、東南アジアに行くと、「どこの国の英語がわかりにくいですか?」という質問をすると「アメリカ人」と回答するアジア人が多いのです。

ですから、アメリカ人の発音であっても、英語が通じにくいケースは珍しくありません。

つまり、グローバルでビジネスを行うと、英語を話す人の中で、ネイティブスピーカーは6人に1人しかいません。ほとんどがノンネイティブです。

確かにアメリカ人のような発音で、英語を話すことができればカッコいいかもしれませんが、世界中の人と話せるようになるには必ずしもネイティブのような発音は必要ではありません。

ネイティブのような発音よりも、いろんな国の英語を聞くこと

英語を学ぶ理由が「いろんな国の人とコミュニケーションができるようになること」であれば、ネイティブのような発音を身につける必要はありません。それよりも、グローバルな耳を身につけることが重要です。

グローバルな耳とは、ネイティブを含め、シンガポール英語、アラブ英語、インド英語、中国英語などいろんな英語を聞き取れるようになることです。

カナダ人なのに英語が聞き取れなかった体験

私の体験ですが、数十年前にカナダから日本に英会話スクールの教師としてやってきた時に、同僚にオーストラリア人とニュージーランド人がいました。

レッスンの合間に彼らと談笑をしましたが、カナダ人のネイティブスピーカーの私が、彼らの英語をほとんど理解できないことに強いショックを受けた経験があります。私はネイティブスピーカーですが、当時は経験不足で、グローバルな耳をもっておらず彼らの言葉が理解できなかったのです。

この体験からも、ネイティブであるということよりも、いろんな国の英語が理解できるグローバルな耳を持つことの方が大切であることがわかると思います。

英語学習でグローバルな耳を育てる

hatu_world

日本の英会話スクールの生徒には「この教師は聞き取りづらいから、レッスンを受けたくない」という教師を選り好みする傾向がありますが、これはもったいないことです。

なぜなら、英会話スクールでも、気に入った教師とだけレッスンを重ねて、英語のレベルを上げた人が海外に行って、他の外国人の英語をほとんど聞き取ることができなかったというケースは実際によくあるからです。

こうならないためにも、英会話スクールでは下記のようにレッスンを受けると良いでしょう。

・男性教師でも女性教師でもレッスンを受ける
・若い教師でも若くない教師でもレッスンを受ける
・ネイティブもノンネイティブもレッスンを受ける
・いろんな国の教師のレッスンを受ける

このように、女性や男性、年齢や国など様々な人と話すことで、グローバルな耳を育てることができるのです。

ここまでは、発音やアクセントがネイティブであることは重要ではないことを解説しましたが、とはいえ発音やアクセントを良くしたいと考えている方のために、意識するだけで変わる、発音を良くする4つのルールを解説いたします。

意識するだけで変わる!英語の発音の4つのルールとは?

発音やアクセントを勉強する場合は、それだけを集中して学ぶ必要はありません。そして発音やアクセントを勉強する人は、単語単位で学習しがちですが、実は単語単位ではなく、文章やフレーズの単位で発音やアクセント勉強した方が効果的です。

なぜなら発音にはいくつかのルールがあり、それらは単語単位ではなく、文章単位のルールだからです。本日はその中でも、最もよく使われる4つの英語の発音のルールを解説いたします。

ルール① 単語と単語をくっつけて発音する。

英語では“Linking sounds“とも言われて、単語と単語をくっつけて発音することがよくあります。例えば以下のような英語です。

実際の英語:I have an appointment at 3pm.
発音では:I havanappointment at 3pm.

実際の英語:What time did you make a reservation?
発音では:Whatime did you makea reservation?

英語にはこのようなものがあります。一語一語をはっきり発音するのではなく、くっつけて発音することがあることを意識すれば、発音は良くなります。

ルール② 発音しない

英語では“Dropped sounds”といい、 英語の文章の中には、あまり発音しない音が存在します。例えば “I will see you at the shop.”という文章では、sho・・までいくと、”shop”なのはわかりきっているので、“p”を強く言う必要はないので、この場青“p”はあまり発音しますせん。

例文(黄色は発音をあまりしない部分を指します)

実際の英語:I bought this bag on the Internet.
発音では:I bought this bag on the Internet.

実際の英語:Over twenty people came to the party.
発音では:Over twenty people came to the party.

ルール③ 発音を変える

英語では“Changed sounds”といい文章の中では、単語の発音を変えるケースがあります。その理由は変えた方が言いやすいからです。具体的例を下記にあげます。

例文(下の黄色い部分が発音が変わった部分を指します)

実際の英語:What are you talking about?
発音では:Whacha talking about?

実際の英語:What did you do on the weekend?
発音では:Whajya do on the weekend?

ルール④ 大事な単語を強く発音する

英語の発音のコツは、文章の中で重要な意味を持つ単語を強く発音することです。例えば以下の例文をみてください。

例文

Why are you always late for our meetings?

でもこの文章、実は下記の赤字だけをでも、意味が相手に通じます。

Why are you always late for our meetings?

ですから、文章の中で、重要な意味をもつ単語を強く発音することは、正しい発音なのです。

本日紹介したこの4つのルールを普段から意識して、英語を聞けば、あなたの発音は改善することができます。このように発音を良くするためには、単語の単位ではなく、文章やフレーズの単位で意識することが大切なのです。

発音を良くするための無料のサイトを紹介!

では、本日学習したことを継続的に学ぶ教材はどうすればよいのでしょうか?私たちはビズメイツチャンネルというサイトで動画教材を無料で提供しています。

毎回、発音をテーマにしているわけではありませんが、フレーズのテーマがあるときは、必ず、発音の仕方を丁寧にとりあげています。

ビズメイツチャンネルは週3回更新しているので、発音を良くするための教材をわざわざ買わなくても、スマートフォンで通勤時間に学習することができます。お金もかかりません。

オンライン英会話は発音を学ぶのに向いている

オンライン英会話の強みは、多くの教師がいて、いろんな文化を持っている人から英語を学べる点です。そして多くのオンライン英会話は、フィリピン人を多く採用しています。

フィリピンは、アメリカの文化やスペインの文化、そして中華圏の文化まで多様な文化を持つ国家なので、グローバルな耳を育てるには有効な学習方法だと筆者は思います。

グローバルな耳を育てるには、いろんな国の人と話す

「語学学校の教師はネイティブじゃないとダメだ!」

という考えを持っている人が多いですが、それは「ネイティブのようなカッコいい発音を身につける」ということがゴールの人には必要なことですが、「世界中の人とコミュニケーションをとりたい」と考えている人には、必ずしも必要ではありません。

世界中の人とコミュニケーションをとるには、グローバルな耳を養うこと。そのためにいろんなバックグラウンドを持った人と男女・年齢を問わず話す習慣を持つことが重要なのですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビジネス特化型のオンライン英会話のBizmates

Bizmatesのブログを読んでいたたきありがとうございます。

Bizmatesは単なるオンライン英会話プログラムではなく、日本人がグローバルで成功するための、ビジネスコミュニケーションを教えるオンライン英会話プログラムであり、当ブログでの内容は、すべてBizmatesのレッスンで提供しているものです。

興味がある方は、無料体験レッスンでBizmatesを試してみてください。

bnr_800_20

Bizmatesで無料体験を試してみる

SNSでもご購読できます。