英語で「教えてください」と聞いてみよう!場面別7つのフレーズ

何かわからないことがあって、「教えてください」と相手にお願いする場合、どのような英語表現を思い浮かべますか?実際の英会話では場面に合わせた聞き方がいくつかあります。

今回は、英語で「教えてください」と聞きたい時に何と言えばよいのか7つのフレーズとを紹介し、それぞれの使いどころを解説します!


magazine_bnr_short

「教える」の英語表現

英語で「教える」を表現する単語はいくつかあります。何を教えてほしいのかによって使う単語も変わるので、その違いを確認してみましょう。

tell
(単純な情報)を教える道順や電話番号など、相手がすでに知っている単純な情報を教える時は、tellを使います。
teach
(専門的な知識)を教える学問に代表される専門知識を教える場合は、teachです。teacherという単語からもイメージしやすいですよね。
show
(実演でやり方)を教えるshowは相手の目の前でやって見せたり、地図などを描いたりして、やり方を教えるという意味です。
let me know
(わかったら)教えてlet me knowは「知らせて」のニュアンスを持つ表現です。「スケジュールが決まったら教えて」や「電話が来たら知らせて」といった場面でよく耳にすると思います。

「〜してください」と誰かに依頼する英語表現

次に、「~してください」と人に依頼する英語表現を紹介します。これらのフレーズを先ほど解説した「教える」と組み合わせることで、「教えてください」と伝えられるようになりますよ。

Please ~.
~してください。
「〜してください。」と改まった感じの表現なので、少し冷たい印象になることがあります。
Can you ~?
~してもらえますか?
相手に問いかけるニュアンスで使われます。
Could you ~?
~していただけますか?
ひとつ前に紹介したCan you ~? を丁寧にした表現がCould you ~? です。シーンを問わず頻繁に使われます。
Would you ~?
~していただけますか?
Could you ~? 同様、丁寧な依頼表現です。ただし、Could you ~? が「できるかどうか」を聞くのに対して、Would you ~? は、できるのは前提として「するつもりがあるかどうか」を問うというニュアンスの違いがあります。しかし実際は、この違いを意識して使う人は少ないです。
Would you mind ~ing?
(差し支えなければ)~していただけますか?
さらに丁寧にお願いしたい時に使います。相手の迷惑にならないかを気にしながら依頼するイメージです。

関連記事:「〜していただけますか」を英語で言うと?9つのフレーズと例文集

「教えてください」を英語で表現してみよう

それでは、これまでに解説したフレーズを使って「教えてください」を表現するとどうなるか、実際の例文を見ていきましょう。カジュアルな言い回しとフォーマルな言い回しを両方紹介しているので、それぞれ参考にしてみてください。

情報を知りたい時に使うTell

Tell
(単純な情報)を教える

Tellは、相手が持っている情報を教えてほしい時に使う表現です。職場などで、今知りたいと思っていることをサッと聞くのに便利です。

[例文1]
Please tell me the log in password for the new internal system.
新しいシステムのログインパスワードを教えてください。
[例文2]
Tell me about what you discussed in your meeting with Client C.
C社との打ち合わせで話し合ったことについて教えてくれますか?
[例文3]
Can you tell me which folder the old presentation materials are in?
過去のプレゼン資料がどのフォルダにあるのか教えていただけますか?
[例文4]
Could you tell me what time the meeting starts?
ミーティングの開始時刻を教えていただけますか?
[例文5]
Would you mind telling me Sato-san’s phone number?
佐藤さんの携帯番号を教えていただけますでしょうか?

知識などを知りたい時に使うTeach

Teach
(専門的な知識)を教える

漠然と「Teach=教える」と暗記している人も多いかもしれませんが、英語のTeachは専門的な知識や技術について教えを乞う時に使う表現です。例えば、先ほどの「パスワードを教えてください」と言いたい場面でTeachを用いると、違和感があるので使い方に注意しましょう。

[例文1]
Could you teach me how to deliver a good presentation?
プレゼンのうまいやり方を教えていただけませんか?
[例文2]
Could you please teach me how to use this software?
このソフトウェアの基本的な使い方を教えてください。
[例文3]
I teach kids programming on weekends.
週末は子供たちにプログラミングを教えています。

図表などで示して知りたい時に使うShow

Show
(実演でやり方)を教える

具体的な手順を教え見せてほしかったり、図などでわかりやすく示してほしかったりする時は、Showが適しています。頭で理解するために教えてもらうというよりは、具体的にレクチャーしてもらうシーンをイメージするとわかりやすいでしょう。

[例文1]
Can you show me how I can change the colors of this chart?
このグラフの色の変え方を教えてください。
[例文2]
I’d like to see the figures. Could you show me how to access the database?
数字を見たいのですが、データベースへのアクセス方法を教えていただけますか?
[例文3]
Can you show Mike around the office?
マイクさんに職場について色々教えてあげてもらえますか?
[例文4]
Would you mind showing me how to calculate the figures in this report?
報告書に記載する数値の計算方法を教えていただけますか?
[例文5]
I didn’t know you could do that! Could you show me how you did that again?
そんなことができるんですか?どうやったのかもう一度教えていただけませんか?

あとでわかったら知りたいLet me know

Let me know
(わかったら)教えてください

Let me knowは「決まっていないことが決まったら教えて」といったイメージです。また、「あるかどうかはわからないけれど、もしあったら教えて」という意味もあります。日本語でもよく交わされる「何かあればご連絡ください」のコミュニケーションに使用されます。

[例文1]
Please let me know if you need anay help.
何か困ったことがあれば、教えてください。
[例文2]
Can you let me know when the client responds?
クライアントから連絡があったら教えてもらえますか?
[例文3]
Can you let me know when you have fixed the schedule?
来週のスケジュールが決まりましたら、お知らせください。
[例文4]
When do you think I can have the material I requested earlier? Could you let you know when you find out?
先日ご依頼した資料はいつ頃いただけますでしょうか?目処がわかりましたら、教えてください。
[例文5]
Please let me know if there’s anything unclear.
資料についてご不明点がございましたら、ご連絡くださいませ。

そのほか「教えてください」を表現できる英語フレーズ

TellやLet me knowを使った表現に慣れてきたら、Howを使った「教えてください」にも挑戦してみましょう。これから紹介する言い回しをマスターすれば、表現の幅が広がりますよ!

How can I ~?(どうやって〜すればいいですか?)

How can I ~?
どうやって~すればいいですか?

自分にはできないことについて、やり方を教えてほしいと尋ねる時に使う表現です。

[例文1]
How can I explain this to my boss?
どうやって上司を説得したらいいか教えていただけませんか?
[例文2]
How can I reach this sales target in time?
どうやったらこれだけの売上を期限までに達成できるか教えていただけますか?
[例文3]
So how can I get in touch with Mr. Takahashi?
どうやったら高橋さんと連絡が取れますか?
[例文4]
How can I help improve my team’s performance?
どうやったらチームの効率を上げられるか教えていただけませんか?
[例文5]
How can I make it move like that? My code is not working.
どうやったらその動きができるのですが?このコードじゃダメみたいで。

How do you…?(どうやって〜するんですか?)

How do you…?
どうやって~するんですか?

How do you~? というフレーズにはyouが入っていますが、これは会話の相手を指しているのではなく、「一般的には」と聞きたい時に使われます。

[例文1]
How do you use this app?
このアプリ、どうやって使うんですか?
[例文2]
How do you keep your motivation at work?
仕事のモチベーションはどうやって維持すればいいのでしょう?
[例文3]
How do you improve and maintain your English proficiency?
英語力の上達と維持はどうやったらいいのでしょう?
[例文4]
How do you bring visitors to your website? We have tried many things but none of them have really worked.
どうやって集客したらいいのでしょう?弊社でもあらゆる対策をしてきたのですが、いまいち集客が伸びなくて…。
[例文5]
Excuse me. How do you get to this place?
すみません、この場所にはどうやって行けばいいですか?

How does it work? (これはどうなっているんですか?)

How does it work?
どんな仕組みなんですか?

workには、「働く」以外にも「機能する」という意味があるので、How does this work? を直訳すると「これはどうやって機能しているんですか?」となります。なじみのないシステムや制度がどんな仕組みになっているのか、全体像を聞きたい時に便利ですよ。

[例文1]
It’s my first time eating at the cafeteria. How does itt work?
社員食堂で食べるのは初めてなんです。どんな仕組みになっているんですか?
[例文2]
I haven’t seen this feature on our portal before. How does this work?
この機能はポータルで見たことありません。これはどういう仕組みなんですか?
[例文3]
How does this work? It doesn’t seem very user-friendly.
これはどういう仕組みなんですか?あまり使いやすい感じではなさそうですね。
[例文4]
How does this application process work?
申し込みをするにはどうすればいいんですか?

【英語学習のTIPS】成長している実感が薄れてきたら?

英語学習をスタートすると、最初のうちは「少し聞き取れるようになった!」「短いフレーズだけど、ちゃんと通じた!」といった具合に、自分の成長を実感する機会がたくさんあります。ですがある時、成長している実感が持てない伸び悩む時期が必ずやってきます。この現象は、”Hello”や”Can you…?”といったカンタンな英語を身につけると、基本的なことなので一気にできることが増えるものの、”correspond”や”interconnected”など高度な英語を学んでも、難しい単語やフレーズほど使いどころが限定的なので、できることが増えた感じがしないからです。

人によっては、このタイミングで挫折してしまったり、自信をなくしてしまったりすることもあるかもしれません。この時期を乗り越えるには、「英語を学ぶ」を卒業し、「英語で学ぶ」学習スタイルに切り替えることです。「カンタンな洋書をひとつ読み切る」「英語のプレゼン動画をひとつ見る」など、教材やレッスンの外で英語に触れ、活用する機会を作っていきましょう。

英語学習に行き詰っていてモチベーションが上がらない人や、英語学習を成功させる具体的なポイントが知りたい人は、ぜひ以下の動画をご覧ください。どうすれば日本にいながら英語を話せるようになれるのかを解説しています。

また、ビズメイツでは英語初心者から上級者まで、「シンプル・丁寧・効果的」な英語を使ってきちんと仕事ができるようになるカリキュラムを用意しています。ぜひ一度、ウェウサイトをのぞいてみてくださいね。

ビジネス特化型オンライン英会話 Bizmatesへ

ビズメイツで身につけられる「シンプル・丁寧・効果的」な英語がどのようなものか興味がある方は、ぜひこちらのブログからBizmates Magazineにご登録ください。15回にわたる連載を通して、英語初心者のビジネスパーソンが、いかに世界で活躍するための英語コミュニケーション能力とマインドセットを体得していくかを解説しています。

Bizmates Magazineの詳細を見てみる

まとめ

ビジネスでは、同僚にちょっとしたことを聞いたり、先輩にノウハウを尋ねたりする場面が多々あります。そんな時「教えてください」とスムーズに伝えられれば、職場で困ったことがあっても安心ですよね。

今回紹介したフレーズを使いこなせるようになるまで繰り返し会話で使ってみてください。

  • ビジネス英語
  • #職場の英語
  • #語彙を増やす

Share

オススメのビジネス英語の記事