パラフレーズの方法3選!オススメの勉強法や練習法も解説

「いつも同じ表現ばかり使ってしまう」「もっと英語が話せるようになりたい」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

パラフレーズを学べば、自分の知っている単語や表現を使ってコミュニケーションをとる力が身につきます。

とくにビジネス英語では、「シンプル・丁寧・効果的」に相手に伝える力が重要です。

パラフレーズを覚えられれば、ビジネス英語力を上げる手助けにもなるでしょう。

本記事では、パラフレーズのやり方を例文付きで5つ紹介します。

効果的な勉強法についてもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただき
サービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただきサービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

英語学習におけるパラフレーズとは?

英語学習におけるパラフレーズとは?

パラフレーズ(Paraphrase)とは「言い換え表現」のことで、英語以外の言語でも頻繁に使われています。

たとえば日本語でも、今日の晩御飯のリクエストを聞く時、以下のようにいろいろな表現ができますよね。

  • 「今日の晩ごはん何食べたい?」
  • 「今日の晩ごはんどうする?」
  • 「夕飯、何にする?」
  • 「夕飯に何か食べたいものある?」

「晩ごはん」を「夕飯」と言い換えることもできますし、相手の意見を聞く表現もさまざまです。

英語においても、流暢と言われるような人は表現方法が非常に豊かです。

パラフレーズを使いこなせれば、TPOに応じて表現を使い分けたり、シンプルでわかりやすい英語で自分の考えを伝えられます。

パラフレーズを学習するメリット

パラフレーズを学習するメリット

パラフレーズを学習するメリットは以下の通りです。

  • 効率的に単語や熟語を覚えられる
  • 自分の言いたいことをシンプルに伝えられる
  • 日本語を介さず英語のまま処理できるようになる
  • 的確な質問ができるようになる
  • 会話表現の幅が広がる

順番に見ていきましょう。

効率的に単語や熟語を覚えられる

パラフレーズは違う言い方で同じ意味を表すことなので、単語や類語をたくさん覚えられます。

たとえば、「彼は、タクシーを拾おうとしている」と言いたいとき、以下のような表現ができます。

  • He is trying to get a taxi.
  • He is trying to catch a cab.
  • He is trying to take a taxi.
  • He is trying to call a cab.

パラフレーズを学習することで、タクシーはcabと言い換えられることや、「タクシーを拾う」という動詞には、get以外にもcatch、take、callなどが使えることがわかります。

類語同士を関連させることで暗記効率が上がり、ボキャブラリーを増やすのに役立ちます。

なお、語彙力を強化する方法が知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

参考記事:英語の語彙力がアップする勉強法7選! レベル別目安やおすすめ本も紹介

自分の言いたいことをシンプルに伝えられる

パラフレーズを学ぶと、英語の思考回路で文章を作れるようになるので、自分の言いたいことをシンプルな英語で伝えられるようになります。

例文で学習することで、英語特有のシンプルな言い方が身につくからです。

パラフレーズを知らないと、日本語から英語に訳すことがクセになるので、主語が長くなりがちで、回りくどい言い方になる傾向があります。

英会話においては、難しい単語や構文を知っていることは重要ではありません。

相手に伝わるかどうかが最重要ですから、パラフレーズを学習して会話力を上げていきましょう。

日本語を介さず英語のまま処理できるようになる

パラフレーズを学習し、意識して使っていくことで、リスニング、スピーキング力が高まります。

徐々に、日本語を介さずに英語を英語のまま処理できるスピードが上がってきます。

頻繁にアウトプットしていけば、英語脳を作れるようになるので、コミュニケーションもスピーディーに行えるようになるでしょう。

的確な質問ができるようになる

パラフレーズを学ぶことで、質問や確認がしやすくなります。

たとえば、

  • 相手の英語はあまり聞き取れなかったが、ある程度推測できる
  • 相手の英語はほぼ聞き取れたが、大事なポイントなので念のため確認したい

などの場合に、パラフレーズがわかれば自分なりの言葉で言い換えたり要約したりして質問や確認ができます。

このように、質問や確認ができるようになれば、今まで質問すらできず理解できなかったレベルの会話にも参加できます。

また、自分の理解度が相手に伝わるので、相手も安心して会話ができるはずです。

会話表現の幅が広がる

パラフレーズとは言い換え表現なので、覚えれば覚えるほど表現の幅が広がります。

同じ事を言うのでも、表現方法をたくさん知っていれば、TPOに応じて使い分けられるので、相手にスマートな印象を持ってもらいやすいです。

また、英語が話せている実感を得やすいので、会話が楽しくなりますよ。

とはいえ、会話の中で瞬時に別の表現を考えるのは難しく、慣れるまでは苦労するはずです。

そこでオススメなのが、オンライン英会話などで言い換え表現を聞いてみることです。

ビジネス特化型オンライン英会話の「Bizmates」では、英語でのビジネス経験が豊富な講師だけを採用しているため、ビジネス現場で使える効果的な言い回しを学べます。

無料体験レッスンも行なっており、登録後すぐにレッスンできるので、ぜひ試してみてくださいね。

>>Bizmates無料体験レッスン

パラフレーズがもたらす効果

パラフレーズがもたらす効果

パラフレーズがもたらす効果は下記の通りです。

  • 流暢な印象を与える
  • 洗練されたライティングが可能になる

ひとつずつ解説していきます。

流暢な印象を与える

さまざまな言い換え表現を使って会話をすることで、英語が流暢に話せる人であると印象づけられます。

日本人は日本語から直訳したような遠回りな表現や学校で習うワンパターンな表現を使って話すことが多いです。

そのため、それら以外のパラフレーズを使いこなせれば相手に自分が英語上級者であるという印象を与えられます。

英語は最低限伝わればOKですが、基礎的な表現を覚えたあとはパラフレーズでワンランク上の英会話力を身につけましょう。

洗練されたライティングが可能になる

日本語の文章を書く際は単語や表現方法を統一するとよいとされています。

一方、英語の文章では同じ単語や表現を繰り返すことは好まれません。

同じ表現を多用することで稚拙な文章と捉えられてしまう原因にもなります。

たとえば、同じ「売り上げが上がる」という表現でも

  • increase
  • rise
  • improve
  • grow

など、違う動詞を使うことで洗練された印象を与えられます。

これはビジネスでも学術論文でも同じことです。

英語のライティングの詳しい学び方は下記記事にまとめていますので、参考にしてください。

参考記事:英語のライティングは独学できる! 5つの勉強法とオススメのアプリも紹介

パラフレーズのやり方や具体例一覧

パラフレーズのやり方や具体例一覧

英語では、何度も同じ表現を使うと相手に幼稚な印象を与えてしまいます。

パラフレーズが流暢だと、ビジネスシーンでもコミュニケーションがスムーズに行えるので、覚えていきましょう。

パラフレーズのやり方や具体例一覧は以下の通りです。

  • 代名詞への言い換え
  • 単語や言い回し自体の言い換え
  • 構文の言い換え

順番に見ていきましょう。

代名詞への言い換え

一番簡単なパラフレーズは、名詞を代名詞に言い換えるものです。

すぐに真似できるので、参考にしてください。

I wanted to buy a book, and then she bought “the book”.

→私は本を買いたかった、そしてそのあと彼女が「その本」を買った。

この場合、bookについている冠詞は「the」ですから、私が買いたかった本と、彼女が買った本は、世界に1つしかない同一の本を指しています。

この文章をパラフレーズすると、以下のようになります。

I wanted to buy a book, and then she bought “it”.

パラフレーズした文章は、bookを2回言わないことで、くどさがなくなりスマートな印象になりました。

可算名詞でまったく同じものを指すときは、「it」に置き換えられることを覚えておきましょう。

では、下の例文はどうでしょう。

I need a pen. Could you lend me a pen?

→ペンが必要です。貸してもらえますか?

この場合、ペンについている冠詞は「a」ですから、ペンであれば何でもOKという意味です。

パラフレーズすると以下のようになります。

I need a pen. Could you lend me one?

まったく同じ物ではなく、「同じ種類のものであればどれでも」と言いたい場合は、「one」を使いましょう。

「one」が使いこなせると、初心者から一歩前に進んだ感じがありますね。

単語や言い回し自体の言い換え

難しい単語や言い回しを知らなくても、知っている単語で言い換えられれば、コミュニケーションは成立します。

パラフレーズを使えば、難しい表現や硬い表現を知らなくても、自分の思いを相手に伝えられるので便利です。

たとえば、「レストランの予約をしたいのですが。」と言いたいとき、丁寧に言おうとすると、以下の表現を使います。

「I would like to make a reservation at a restaurant.」

以下のように、さらにシンプルに簡単な表現で伝えることもできます。

「I want to book a table at a restaurant.」

「I want to reserve seats at a restaurant.」

「would like to」を「want to」に言い換えるだけで、文が短くなるのでスッキリした印象になります。

「予約する」は、「make a reservation」でなくても、「book a table」や「reserve seats」など比較的簡単な言い方で表現できます。

英会話は相手に伝わるかどうかが重要です。

いろいろな言い方を知っていることで表現の選択肢が増えますから、コミュニケーションをとる際に役立ちますね。

構文の言い換え

日本語から英語に訳すと、どうしても主語が長くなってしまったり、まどろっこしい言い方になってしまいがち。

いろいろな構文を知っていれば、スマートに表現できます。

たとえば、「優勝は、これまで優勝したことのない日本人によって勝ち取られた」を英語にする時、初心者は以下のような文章をつくりがちです。

The championship was won by the Japanese athlete who has never won it before.

日本語から英語に直訳しようとすると「~された」という日本語につられて受動態にしがちですが、以下のように能動態にした方が主語が短くなるぶんラクに文章を作れます。

The Japanese athlete won the championship for the first time.

いかがでしょうか?

このように、できるだけシンプルでわかりやすく伝えるよう心がけてみましょう。

オススメのパラフレーズの勉強・練習方法

オススメのパラフレーズの勉強・練習方法

オススメのパラフレーズの勉強・練習方法は以下の通りです。

  • 単語帳の類語表現欄を活用する
  • 英英辞典を活用する
  • 類語辞典を活用する
  • ニュースなどの記事を要約する練習をする
  • オンライン英会話でいろいろな表現を使う

順番に見ていきましょう。

単語帳の類語表現欄を活用する

まず、単語帳は例文や類語表現がついているものを選んでください。

単語を覚えるときに、その単語のみ覚えるのではなく、複数の例文や類語表現を覚えるようにすれば、効率よくパラフレーズする力がつくからです。

また、覚えた表現を使って英語日記をつけたり、オンライン英会話で話したりと、積極的にアウトプットしていくことで、パラフレーズが定着します。

英英辞典を活用する

英英辞典とは英単語を英語で説明している辞書です。

英英辞典は例文の宝庫です。

reservationを調べてみると以下のように意味が出てきます。

意味:“an arrangement that you make to have a seat on a plane, a room in a hotel, etc.”

例文:I’d like to make a reservation for Friday evening.

(参考:Cambridge Dictionary | reservation)

ネイティブがどのように単語を使っているのか、意味や例文をみるとわかりやすく解説されています。

日本語の辞書で調べることはできますが、ネイティブ特有の感覚やニュアンスは英英辞典のほうがより正確です。

数多くの例文を覚えていけば、英語特有の言い回しが身につきやすいでしょう。

類語辞典を活用する

類語辞典は、類語はもちろん、堅い表現やくだけた表現、単語や句が実際にどう使われているか例文を通して学べます。

たとえば、類語辞書で「reservation(予約)」を引くと、以下の類語が例文付きで載っています。

  • appointment
  • booking 
  • commitment

また、それぞれの単語の使い分けも載っているので、理解を深めやすいです。

類語辞典は、パラフレーズの力をつけるのにもってこいの辞典です。

ニュースなどの記事を要約する練習をする

長い文章を短く要約することで、パラフレーズの力がつきます。

要約するときの注意点は、元の文章にある単語や言い回しをそのまま使わないことです。

当たり前ですが、意識的に違う表現に言い換えることで、パラフレーズの力がついていきます。

また、自分の興味のあるニュースを選ぶことで、楽しみながら学べますし、要約は構造的に文章を書くトレーニングにもなるのでライティング力もつけられます。

無料の英語ニュースサイトは下記のとおりです。

オンライン英会話でいろいろな表現を使う

覚えた表現は積極的にアウトプットすることで定着し、スムーズに使えるようになります。

周りに英語を話す環境がないという方は、オンライン英会話がオススメです。

オンライン英会話は、新しいパラフレーズを覚える場・覚えたパラフレーズをアウトプットする場として活用できます。

たとえば、レッスンである表現を学んだ際に別の言い換え表現がないか講師に聞くことで、効率的にパラフレーズを増やせます。

また、レッスン冒頭の挨拶で「今日はどうだった?」と聞かれて同じような表現ばかり使ってしまう場合は、レッスン前に時間を取ってパラフレーズを考えてみましょう。

それを講師に聞いてもらえば、使い方が合っているかすぐにフィードバックももらえて効率的です。

Bizmatesでは、間違った言い回しを指摘するだけでなく、より伝わりやすく実践的な言い回しをアドバイスしていますので、パラフレーズの力をつける手助けとなるはずです。

ぜひ無料体験でBizmatesのレッスンの質の高さを体感してみてください。

>>Bizmates無料体験レッスン

パラフレーズを習慣づけるコツ

パラフレーズを習慣づけるコツ

パラフレーズでの言い換えを習慣づけるコツは下記の通りです。

  • 言葉に詰まった時に別の表現を検討する
  • 新しい語彙とすでに知っている語彙を関連づける
  • オンライン英会話で言い換え表現を聞く

ひとつずつ見ていきます。

言葉に詰まった時に別の表現を検討する

日本人は特定の単語が思い出せなかったり自分の言いたいことが言えなかったりすると、すぐに辞書やネットで調べてしまう人が多いです。

ですが、そんな時はまず他の表現で代用できないか考える癖をつけましょう。

たとえば、「参加する(=attend)」という英単語が思い出せないとします。

日本人はまじめに単語帳を使って勉強する人も多いため、単語帳に書いてあった「attend」を必死に思い出そうとします。

結果として思い出せないため、会話を止め辞書や単語帳で「attend」を探すのです。

ですが、実際は

  • join
  • take part in
  • participate in

など、「attend」の代わりに使えるパラフレーズはたくさんあり、これらなら思い出せることもあるはずです。

ひとつの正解にこだわらず、まずは自分の考えを伝えることを優先して他の選択肢を探ってみましょう。

単語帳に掲載されている単語はテスト対策用の難しい単語も多いです。

それよりも簡単な表現方法はないか一度考えてみるようにしましょう。

新しい語彙とすでに知っている語彙を関連づける

新しい英語の語彙を学んだ際は、日本語で意味を確認する他、すでに知っている英語の語彙と関連づけて覚えるのもオススメです。

たとえば、「delighted(=とても嬉しい)」という表現を学んだとしましょう。

日本語で「とても嬉しい」と訳してしまえばそれまでですが、英英辞典を使ってすでに知っている語彙と結び付ければ、喜びの程度や言い換え表現も学習可能です。

英英辞典で「delighted」は「very pleased and happy」と解説されています。

つまり、「delighted」は「pleased」や「happy」よりも嬉しいときに使うことがわかります。

また、こうして覚えれば、次回「pleased」や「happy」の単語を見たときに「delighted」を思い出すきっかけにもなり、新しい語彙が定着しやすくなるはずです。

オンライン英会話で言い換え表現を聞く

レッスンですでに知っている表現に出会ったときには、それを言い換える表現があるか講師に聞くことで追加の表現を覚えられます。

パラフレーズを確認したい場合は「Do you have other expressions?」と聞いてみてください。

ひとりで言い換え表現を考え続けるのは大変なので、誰かに聞くことも効率的でオススメです。

講師によって違う表現を教えてくれる場合もあるので、いろいろな講師にパラフレーズを聞いてみると表現の幅が広がっておもしろいでしょう。

パラフレーズを取り入れる際の注意点

パラフレーズを取り入れる際の注意点は下記の通りです。

  • まずは基本単語・表現を身につけるべき
  • 類似表現でもニュアンスが異なる場合がある
  • 実践で使えなければ意味がない

順番に見ていきます。

まずは基本単語・表現を身につけるべき

英語初心者や英語学習をはじめたばかりの方であれば、まずは相手に言いたいことが伝わるレベルを目指して基本表現の習得を優先しましょう。

パラフレーズによる言い換えはそのあとでも十分です。

先ほどの例で言えば、「make a resaervation」や「book a table」「reserve seats」のどれかを知っていれば、ホテルやレストランを予約できます。

反対に、どの表現も知らなければ予約はできません。

まずは、自分の言いたいことが最低限伝わるように基本表現を覚えていきましょう。

英語初心者レベルから英語をしっかり学びたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

参考記事:英語の勉強は結局何をすればいいの? 具体的な勉強法を解説!

類似表現でもニュアンスが異なる場合がある

同じような表現でもニュアンスが異なる場合もあるので注意が必要です。

たとえば、

  • should(~すべき)
  • had better(~したほうがよい)

は、受験英語では言い換え表現のように覚えたかもしれません。

また、日本語訳からすると「should」のほうが「had better」より強い印象を受ける方も多いはずです。

ですが、実際はその逆です。

「had better」は「you」を主語にした場合「~したほうがよい(しないとひどい目に合う・まずいことになる)」のような忠告や脅しのニュアンスを含みます。

パラフレーズだからと言って、すべてがまったく同じ意味で使われるわけではありません。

より高度にパラフレーズを使いこなすためには、ニュアンスの違いまで頭に入れておく必要があります。

通常の日常会話では、多少ニュアンスの違う表現や違和感のある表現を使っていても注意をしてくれる人は少ないはずです。

そのため、ニュアンスまでしっかり確認するためには、オンライン英会話などを活用して講師に指摘してもらうことが有効です。

実践で使えなければ意味がない

パラフレーズはインプットばかりしていても、実際に使いたい場面で瞬間的に使えなければ意味がありません。

多くのパラフレーズをただ知っているのではなく、「使えるパラフレーズ」を増やすようにすべきです。

そのためには覚えたパラフレーズは、積極的に使ってアウトプットする必要があります。

自分が使うシチュエーションで必要な表現に絞って、多様な言い方を身につけると効率的に「使えるパラフレーズ」を増やせます。

ビジネスシーンで使えるパラフレーズや効率的なコミュニケーションを学びたい方は、ビジネス英語特化型オンライン英会話の「Bizmates」がオススメです。

「Bizmates」なら、ビジネス経験者のプロ講師からビジネスシーンに適切な言い回しや効果的な表現が学べます。

学習教材も英語初心者から上級者まで対応できる幅広いコンテンツを用意しており、誰でも自分に合ったレベルの英語学習が可能です。

「Bizmates」で実践で使える英会話力を一緒に身につけましょう。

>>1レッスン320円~で本格ビジネス英会話「Bizmates

英語学習におけるパラフレーズに関するよくある質問

英語学習におけるパラフレーズに関するよくある質問

英語学習におけるパラフレーズに関するよくある質問は以下の通りです。

  • パラフレーズはどのタイミングで取り掛かり始めるべき?
  • パラフレーズを学習できるサイトは?
  • どのくらい取り組めば学習効果が出てくる?

順番に見ていきましょう。

パラフレーズはどのタイミングで取り掛かり始めるべき? 

パラフレーズは言い換え表現なので、まずは基本の文章が作れる必要があります。

中学レベルの基礎的な単語や文法を押さえてからの方が効率よく学んでいけるでしょう。

パラフレーズを学習できるサイトは? 

Bizmates Blogの「ビジネス英語」カテゴリでは、さまざまな言い回しやフレーズを学べます。

>>ビジネス英語 (bizmates.jp)

また、「Bizmates Channel」では、場面ごとに使える実用的な英語表現を動画で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

数分の動画なので、スキマ時間を活用しながら、毎日見るのを習慣化してみましょう。

>>ビジネスを成功に導く英会話学習の旅を楽しくする、動画チャンネル。 Bizmates Channel

どのくらい取り組めば学習効果が出てくる? 

期間は人それぞれですが、アウトプット中心に取り組めば、効果が出るのも早いです。

いくらたくさん表現を覚えても、自分で使ってみないと忘れてしまうからです。

例文で学んだあとは、オンライン英会話などで積極的にアウトプットするようにしましょう。

Bizmatesのトレーナーは全員がビジネス経験者なので、間違いを指摘するだけでなく、ビジネスでも適切な言い回しをアドバイスできますよ。

パラフレーズを覚えて英会話レベルを上げよう

パラフレーズを覚えて英会話レベルを上げよう

パラフレーズを覚えられれば、表現の幅が広がり、スマートな受け答えが身につきます。

英語におけるパラフレーズの方法は3つあります。

すぐに使えるのが、代名詞の「it」や「one」への置き換え。

あと2つは、単語の置き換えと構文の置き換えです。

これらは、辞書や辞典を使ったり、ニュースの要約をすることで身につけていきましょう。

インプットした後は、オンライン英会話などで積極的にアウトプットしていけば記憶に定着しやすいです。

Bizmatesでは間違った使い方の指摘のみにとどまらず、よりナチュラルな言い方や適切な表現をアドバイスしています。

ビジネス英会話を学びたい方は、ぜひお試しください。

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただき
サービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

英語学習に迷っているなら、プロに相談しませんか?
累計10万人を超えるビジネスパーソンが利用するビジネス特化型オンライン英会話
Bizmatesが提供する英語コーチング「Bizmates Coaching」
あなたの英語力を最短ルートで着実にビジネスレベルに導きます

あなたの英語力を分析し、強み弱みに合わせた最適な学習プランを提供

第二言語として英語を習得した専属の日本人コンサルタントがマンツーマン指導

ビジネス特化のオンライン英会話も毎日利用可能

・月額は3万円代。他社英語コーチングと比較して約1/5の料金

英語初心者から上級者まで幅広くご利用いただきサービス満足度は90.6%
初月は50%0FFの17,325円(税込)でご利用いただけます。

※【サービス満足度】2024年3月21日~3月27日実施のBizmates受講生アンケート結果に基づく(n=53)
※【17,325円(税込)】無料会員登録から3日以内の申し込みいただいた方

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事

Bizmates