英語のディクテーションの正しいやり方とは?学習効果についても解説

ディクテーションとは聞いた英文を書きとる学習法です。

正しいやり方で勉強すれば、リスニング力だけでなく英語の4技能すべての底上げも可能。

本記事では、ディクテーションの正しいやり方を具体的に解説します。

この記事を読めばディクテーションで得られる学習効果や、教材選びのポイントがわかりますよ。

★オンライン英会話継続のコツはこちら>>
オンライン英会話を毎日受けた成功事例と3つのコツとは? | 英語で暮らしと仕事が楽しくなるビズメイツブログ Bizmates Blog

magazine_bnr_short

英語学習におけるディクテーションとは?

ノートを書く男性

英語のディクテーションは、「英文を聞いて書きとる勉強法」です。

ディクテーションによって確認、強化できる英語力は以下の通りです。

  • リスニング力
  • 発音
  • スペル
  • 単語や文法の知識

英語が聞き取れない原因は、上記のどれかが原因です。

そのためディクテーションをすれば、自分の弱点が簡単にわかり、対策ができます。

ディクテーションは総合的な英語力を上げられる意味のあるトレーニングです。

具体的な学習効果について見ていきましょう。

ディクテーションによる学習効果

OKの女性

ディクテーションによる学習効果は以下の通りです。

  • リスニング力が上がる
  • スピーキングやライティングでのアウトプットに慣れる
  • 文法力が伸びる

順番に見ていきましょう。

リスニング力が上がる

ディクテーションを継続すれば、リスニング力が向上します。

スクリプトを見て、聞き取れなかった部分を確認することで、英語特有の音声変化(リエゾン)を理解できるからです。

リエゾンの例は、以下の通りです。

What are you doing?

 

文章中では、「What」と「are」がつながって発音されるので、「what」や「are」単体の音とはかけ離れていますよね。

このように音がつながって発音される現象は、リンキングというリエゾンの一種です。

リエゾンのルールはリンキング以外にも2種類あります。

リエゾンは文章中で多用されるので、ディクテーションをしていく中で学んでいけば効率が良いです。

スピーキングやライティングでのアウトプットに慣れる

ディクテーションはリスニング力の向上だけでなく、スピーキングやライティング力の向上にも効果があります。

ディクテーションを通して英文を作ることに慣れたり、文脈から相手の言っていることを推測したりする能力が磨かれるためです。

日本語でも、私たちは相手の話を推測しながら聞いています。

一字一句、言葉を聞き取っているわけではなく、「この人は、こういうことが言いたいんだな」と推測することで内容を把握していますよね。

ディクテーションを続けていくと、英文をたくさん聞くことになりますから、「推測する力」も徐々についていきます。

この「推測する力」は、リスニング力の向上に欠かせない重要な要素の1つです。

文法力が伸びる

ディクテーションをしてみると、「こんなところにtheがつくのか!」あるいは「toが入るのか!」という発見があるはずです。

今までなんとなく聞き流していた部分がはっきりするので、文法における自分の弱点が具体的にわかるようになります。

参考書で一から復習するよりも、自分の苦手な部分をピンポイントで学習できるので、効率が良いです。

参考記事:社会人のための英文法の勉強法!教材の選び方や独学で身につける方法も解説 | 英語で暮らしと仕事が楽しくなるビズメイツブログ Bizmates Blog

ディクテーションのやり方

洋楽を聴く女性

ディクテーションのやり方は以下の通りです。

  • 文章全体を聞いて、おおまかな内容を把握する
  • 一文ずつ音声を止めて、聞き取れた箇所を書きとる
  • 聞き取れなかった箇所を復習する

順番に見ていきましょう。

文章全体を聞いて、おおまかな内容を把握する

いきなりディクテーションを始めるのではなく、まずは文章全体を集中して聴いてみましょう。

ここで重要なのは、「どういった話なのかな? 」と、全体の内容を大まかにでも良いので、把握することです。

内容を掴もうと意識して聴くことで、リスニング力の向上に繋がり、ディクテーションが格段にやりやすくなります。

一文ずつ音声を止めて、聞き取れた箇所を書きとる

本文全体を聞き終えたら、ディクテーションを始めます。

ディクテーションは基本的には一文ずつ音声を止めて書きとるようにしましょう。

一回では聞き取れないことも多いでしょうから、その時は少し戻ってもう一度聞き、書きとっていきます。

一文が長すぎて覚えられない場合は、意味のまとまり(音声でポーズが入るところ)で区切って書きとってもOKです。

何回聞いても、聞き取れない部分があると思いますが、聞き直すのは最大でも10回程度にし、次に進むようにしてください。

何度聞いても、聞き取れないものは聞き取れないからです。

それよりも、なぜ聞き取れなかったのか原因を探して対策していくことに時間を使った方が有益です。

聞き取れなかった箇所を復習する

最後に、自分の書きとった英文とスクリプトを照らし合わせて答え合わせをしてください。

聞き取れなかった、もしくは間違っていた部分をチェックし、原因を探ります。

英語が聞き取れなかった理由は、以下のどれかに当てはまるはずです。

  • 単語や熟語の知識が不足していた
  • 単語を間違った発音で覚えていた
  • リエゾン(英語特有の音声変化)を知らなかった
  • スピードが速すぎた

弱点がわかれば、そこに集中して学習していくことで、効率よく英語力を伸ばしていけます。

ディクテーションの教材を選ぶ時のコツ

コーヒーとスマホ

ディクテーションの教材を選ぶ時のコツは以下の通りです。

  • 趣味や仕事に関係する教材を選ぶ
  • 難易度が低めの教材を選ぶ
  • 速度変化機能のある教材を選ぶ
  • 文字起こし機能のある教材を選ぶ

とは言っても、自分のレベルに合った教材を選ぶのはけっこう手間ですよね。

ビズメイツでは、受講生の目的に応じた豊富な教材をそろえています。

あなたのレベルに合った教材や、特定のスキルにフォーカスした教材を豊富にご用意しておりますので、効率よく必要なスキルが身につきます。

レッスンタイプ・教材一覧|ビジネス特化型オンライン英会話 ビズメイツ (bizmates.jp)

趣味や仕事に関係する教材を選ぶ

学習を継続させるためには、自分の興味のある題材を選んで、楽しみながらディクテーションをすることが重要です。

ディクテーションの教材を探すときは、趣味や仕事に関係のあるものにしましょう。

最近はYouTubeやニュースアプリなどでも、様々な動画が字幕付きで出ていますから、あなたが興味のある教材が見つかるはずです。

難易度が低めの教材を選ぶ

ディクテーションに使う教材は、自分の知らない単語や文法がほぼ無いものを選びましょう。

わからない部分も推測しながら聞き取れるレベルが理想です。

全体の半分以上が聞き取れない教材だと、なかなか学習が進まず、学習効率が落ちてしまいます。

学習効率が落ちると、モチベーションが下がって挫折してしまいがち。

英語学習は継続することが一番重要ですから、難しすぎて挫折ということだけは避けたいですね。

「最初から文章を書きとるのはハードルが高い」という方は、短文の穴埋めから始めるのも良いでしょう。

速度変化機能のある教材を選ぶ

英語が聞き取れない理由に、スピードが速すぎることが挙げられます。

ですから、ディクテーションに使う教材は速度調整ができるものを選びましょう。

0.8倍速などに速度調整できれば、通常スピードでは聞き取れない箇所も、聞き取れる可能性が高くなります。

少しずつスピードに慣れていくことで、徐々に英語を処理するスピードも上がっていくでしょう。

また市販の教材を使う場合は、英文のレベルに合った速度設定がされています。

そのため、それほどスピードを気にする必要はありません。

文字起こし機能のある教材を選ぶ

ディクテーションの教材は、必ずスクリプトつきのものを選びましょう。

スクリプトがないと、聞き取った英語が合っているか確認できません。

リスニング力の向上の観点から言えば、書きとった後、スクリプトと照らし合わせて弱点を発見するところからが学習と言っても過言ではありません。

スクリプトなしでは、ディクテーションはできないので教材選びには注意しましょう。

ディクテーション後の弱点を振り返るコツ

本と温かい日

ディクテーション後の弱点を振り返るコツは以下の通りです。

  • 単語や文法などの必要な知識を覚えていたか
  • 発音方法やアクセントを知っていたか
  • リエゾンの知識があったか
  • 音声のスピードが遅ければ、聞き取れていたか

順番に見ていきましょう。

単語や文法などの必要な知識を覚えていたか

そもそも知らない単語は聞きとれません。

また、文法知識があれば、次にくる単語をある程度予想できるので有利です。

たとえば、「be able to~」や「be going to~」など、かたまりで覚えていれば、「be動詞」と「to」だけ聞こえたとしても、その間にくる単語を無意識レベルで脳が推測してくれます。

さらにディクテーションの中で、知らない単語や熟語が半分以上あった場合は、教材が合っていない可能性が高いです。

ディクテーションで使うべき教材は、知っている単語や熟語が8割程度のものを選ぶようにしましょう。

そもそもの単語力や文法力が足りていない場合は、中学レベルの単語や文法を復習することをオススメします。

発音方法やアクセントを知っていたか

聞き取れなかったけど、スクリプトを見ると知っている単語だったという場合は、発音方法を間違えて覚えていた場合があります。

音源をしっかり聴かずに、スペルから想像した発音やアクセントを、思い込みで覚えてしまっていることが原因です。

こういったミスを防ぐためにも、単語を覚えるときは、しっかり音と一緒に覚えること重要です。

また、発音記号を覚えるのも正しい発音を身につけるのに役立ちます。

リエゾンの知識があったか

そこそこ英語力はあるのに、英語が聞き取れないのは、リエゾン(英語特有の音声変化)の知識がない場合が多いです。

リエゾンとは、英語を話しやすくするためのルールで、単語と単語がつながって文になった時に起きる以下のような音声変化のことを指します。

  • 連結
  • 脱落
  • 同化

例えば、

I’ll get back to you.

 

getのtを発音していないのが分かりますね。文章になると、単語と単語がつながったり、脱落したりして発音されるため、単語単体での発音とは異なるのがわかるでしょう。

リエゾンを勉強すれば格段にリスニング力がアップするので、ディクテーションしながら効率よく学んでいきましょう。

音声のスピードが遅ければ、聞き取れていたか

英語が聞き取れない原因を、単にスピードが速すぎるからだと考えてしまうのは要注意です。

原因をしっかり探さないと、せっかく時間をかけてディクテーションした時間が無駄になってしまうこともあります。

まずは、以下の項目を1つずつチェックしてください。

  • 単語や文法は理解できていたか
  • 発音方法やアクセントの理解は合っているか
  • リエゾンの知識はあったか

これらすべてをクリアしてもなお、聞き取れなかった場合はスピードが速すぎるという結論になります。

その場合は、スピードを標準より遅くした状態でディクテーションし直してみてください。

それでも聞き取れなかった場合は、やはり上記のチェック項目を見落としている可能性があるので、もう一度チェックし直しましょう。

ディクテーションに関するよくある質問

はてな

ディクテーションに関するよくある質問は以下の通りです。

  • 無料で利用できるアプリやサイトはある?
  • 映画や洋楽はディクテーションの題材になる?
  • ディクテーションはどんな人にオススメ?

順番に見ていきましょう。

無料で利用できるアプリやサイトはある? 

ディクテーションが無料でできるアプリやサイトは以下の通りです。

無料でも、海外ニュースや、TOEICなどの資格試験に特化したものなど、色々なジャンルの教材があります。

ビズメイツでは、ビジネスでも役立つ文法やフレーズなど英語学習に役立つ「Bizmates Channel」を配信しているので、ぜひ参考にしてみてください。

映画や洋楽はディクテーションの題材になる? 

映画や洋画はディクテーションの題材になりますが、聞き取りにくいため、上級者向けです。

スラングなども多いので、あまり実践向きではないですね。

ただ、お気に入りの映画や洋楽であれば楽しみながら学習できるので、継続という観点から見るといいのかもしれませんね。

ディクテーションはどんな人にオススメ? 

英語を聞いたときに、大まかな内容はわかるけど、細かい部分までは理解しきれていないと感じている方にオススメです。

書きとりをすることで、自分の理解できていない部分がハッキリ目に見え、わかったつもりにはできないからです。

ディクテーションは負荷も高い学習方法なので、そのぶんリスニング力もアップしますよ。

ディクテーションで英語力を底上げしよう

ディクテーションは、リスニング力だけでなく、スピーキングやライティング向上にも役立つ学習法です。

特に、リエゾンの知識が身につくことで、大幅にリスニング力をアップさせられるでしょう。

ディクテーションの効果を感じるためには、実際に英語で会話をしてみることです。

周りに英語環境がないという方は、オンライン英会話がオススメです。

ビズメイツでは、1レッスン320円から毎日ビジネス英語を学べます。

Eメールライティングやプレゼン、会議など、特定の英語スキルを短期間で伸ばせるプログラムもあるので、自分の目的に合ったものが見つかるはずです。

magazine_bnr_short

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事

同僚から“好かれる英語”とは?
毎週、新たな表現を学ぶ。
無料
登録