フリートークで英語力を伸ばすための準備とは?【オンライン英会話】

free-talk-1

オンライン英会話で、フリートーク(フリーカンバセーション)だけやっていると、楽しくて、気楽だけど、英語力が伸びない!という意見が多くあります。インターネット上で調べても、そういった意見が多いですが、しかし、フリートークでも英語力を伸ばせると考えます。

フリートークで英語力が伸びないのは、フリートークの3つのデメリットのためです。

デメリット①単語やフレーズを学ばない
デメリット②何を話せばいいのか、わからない
デメリット③お気に入り教師じゃないとフリートークが盛り上がらない

この3つのデメリットのために、フリートークだけでは、英語力が向上しないと考えられます。

しかし、このデメリットは、あるカンタンな準備があれば、フリートークは英語力を伸ばす最適なレッスンへと変えることができます。

本日はオンラインビジネス英会話のBizmates(ビズメイツ)で教材開発を担当しているHika Itoが、フリートークで効果的に英語を学ぶための方法を解説いたします。

この記事を読んでいただければ、必ずフリートーク前のある準備によって、英語力を向上させるレッスンとする習慣を身に付けることができるでしょう。

続きを読む

【保存版】悩まず書ける!英語メールの書き方の5つのポイント

e-mail

「英語のメールを書くのに1時間も使ってしまった!」
「同僚に、英語のメール内容をチェックして欲しいけど、毎回は頼みにくいな~」

など、英語のメールに苦戦しているビジネスパーソンは多いのではないでしょうか?

英語のメールに慣れていない方には、「変な英語になっていないか?」「意味が伝わっているか?」など不安が多いと思います。

でも、実は欧米のビジネスパーソンも使っている、英語メールの5つのポイントを使えば、だれでも今日から、英語のメールをわかりやすく短時間で書くことが可能です。

なぜなら、本日、紹介するのは欧米の多くのビジネスパーソンが、短い時間で、効率良くメールを書くために、使っている5センテンスルールといわれるテクニックだからです。

本日はオンラインビジネス英会話のBizmates(ビズメイツ)で英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、英語のメールの書き方について5つのポイントを解説いたします。

続きを読む

オンライン英会話の習慣化に成功した10人の話と3つのコツ

online_enjoy

英語をマスターするコツは、長く学習を続けることです。何か月間の話ではなく、何年、何十年の期間の話になります。英語というのはライフゴールなのです。ですから、英語を身につけるためには、英語学習を習慣化するのが一番です。

しかし、英語が必要ではあるけれど、英語嫌いなビジネスパーソンがどのように英語を習慣化すればよいのでしょうか?オンライン英会話を習慣化するには3つのコツがあります。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、英語を習慣化するコツを解説いたします。

続きを読む

オンライン英会話のネイティブ教師のメリットとデメリット

eigo_1

オンライン英会話には、ネイティブ教師が在籍していることを強みとしている企業があります。その背景には、日本人の受講生が強く“ネイティブ英語”を求めているからです。

ですから、フィリピン人などのノン・ネイティブが多い、スカイプ英会話には「安かろう、悪かろう」というイメージが日本で浸透しているのは否めません。

しかし、世界のイングリッシュ・スピーカーの6人に5人はノン・ネイティブであり、英語を学ぶ目的が「世界中の人とコミュニケーションをとる」であれば、費用が安く継続しやすいオンライン英会話はメリットが大きいと考えます。ですから今からオンライン英会話での学習を検討している方は、ネイティブ教師のメリットとデメリットを把握すべきです。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、オンライン英会話でのネイティブ教師のメリットとデメリットを解説いたします。

続きを読む

ネイティブのような英語の発音は大切か?4つ発音ルールを解説

hatu_main

英語の教師をやっていた時の話ですが、受講生からよく「ネイティブのような発音になれますか?」という質問をよく受けることがありました。しかし、ネイティブといっても、国や地域によって発音やアクセントが異なります。

例えば、アメリカ人でさえもオーストラリア人の英語を理解できないことは珍しくありません。こういった背景で「ネイティブのような発音」は重要なのでしょうか?筆者はネイティブスピーカーですが、英語を上達する上で、ネイティブのような発音は必ずしも重要ではないと考えます。

なぜなら世界のイングリッシュ・スピーカーのほとんどはノン・ネイティブであり、いろんな国の人とコミュニケーションをとるには、ネイティブのような発音よりも、グローバルな耳がなければコミュニケーションをとることが困難だからです。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが英語の発音について詳しく解説いたします。

続きを読む

英語文法は本で勉強しても上達しない理由と正しい学習法とは?

mail_grammar

英語をこれから勉強する方には、

「英会話スクールに通う前に文法を参考書で勉強してからにしよう。」
「英語の文法が昔から苦手だからな・・総復習しないと!」

と考える人は多いと思います。

その考えの根本には、「正しい英語を話さなければならない」という考えがあるからです。しかし、コミュニケーションにおいて大切なのは「意図や気持ちが的確に伝わるか?」ということで、文法を意識するあまり、一番大切なことが伝わらないと意味がありません。

ですから、文法を先に覚えようとするのではなく、外国人とコミュニケーションをとりながら反射的に文法を体で覚える学習法で覚えるべきであり、文法に特化した勉強法はおススメできません。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、英語の文法について解説いたします。

続きを読む

英単語の覚え方と考え方:2つのコツと4つのステップ

words

英語を話せるようになるためには、まず単語を覚えることから、とお考えではありませんか?どうやって?いくつ単語を覚えれば?どの単語から覚えれば?などと悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

単刀直入に言うと、英会話において多くの英単語を覚える必要はありません。

英語には170,000以上の単語があるとされていますが、実際の会話に使われるのは、その内の3,000〜4,000単語程度なのです。

 

では、その3000単語〜4000単語の内、どの単語から覚えていけば良いのでしょう?

答えは、自分が生活や仕事の中ですぐに使うものから、です。実はそういった単語以外を覚えようとしても、ほぼ、時間の無駄なのです。これには理由があります。

 

単語は会話などで実際に使わなければ、覚えたそばからどんどん忘れていってしまいます。

英単語は実際に使うという体験を経て、初めて定着します。それも、一度や二度だけではなく、仕事や生活の中で英単語を使い、相手の反応を見たり、使い方を工夫したりすることで自分の語彙の一部になります。

しかし日本人は英語を使える環境が周りにあることが稀なため、英語学習においては他国に住む人に比べハンデがあります。外資系企業に勤めるなどしていない限り英会話に触れる機会が日常的に無いため、せっかく学んだ単語を忘れていってしまいがちです。

しかし、現在はオンライン英会話という選択肢があり、少しの費用で、いつでも、その環境を作ることができます。その気になれば誰でも英語を日常的に使う環境に身を置くことができ、覚えた単語を忘れない英語学習ができるようになりました。

英単語が学べる本やアプリなどは巷に溢れていますが、「この単語帳を読破すれば大丈夫!」「この単語学習アプリであなたもネイティブに!」などという安直な学習法に惑わされることなく、覚えた英単語を会話できちんと使えるようになるように、実のある英語学習をしましょう。

本日はオンラインビジネス英会話のBizmatesで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、覚えるだけの英単語ではなく、実際の英会話で使えるようになる英単語の覚え方を解説いたします。

 

目次

  1. 単語力よりも、伝わる英語が重要
    1. アメリカ人はシンプルなボキャブラリーによって心を動かされた
    2. グローバルビジネスではシンプル・イズ・ベスト
  2. 英単語を使わないと1週間後にはほぼ忘れてしまう
  3. 英単語を身につける2つのコツ
    1. 英語を日常的に使う環境を作り、自然に語彙を増やす
    2. 単語に関連する思い出を増やす
  4. 学んだ単語を定着させる復習方法4つのステップ
    1. ステップ1: スムーズに言えるようになるまで音読する
    2. ステップ2: 例文を見て前後の単語との組み合わせを確認する
    3. ステップ3: 会話の中で単語を積極的に使うために準備する
    4. ステップ4: 会話の中で単語を使い、相手の反応を見て軌道修正する

続きを読む

オンライン英会話の効果と5つのメリットとは?

online_e

「オンライン英会話にはどのような効果があるのか?」

スカイプで英語のレッスンをはじめようかどうか迷ってはいませんか?そんな時、オンライン英会話の効果を知っておくと、検討の材料になります。

オンライン英会話レッスンの講師の多くはフィリピン人ですから「英語学習はネイティブ講師とじゃないとダメなんじゃないの・・・?」と不安を感じる人はいくら安くても英語学習をはじめるのに抵抗がありますよね?

でも世界で英語を使う人の内、ネイティブスピーカーはたったの25%です。英語を話す人の75%はノンネイティブですから、ネイティブだけにこだわる理由はありません。

では期待しているオンライン英会話の効果とは何でしょう?それは英語を話せるようになることですよね?

英語を話せるようになるために一番良い方法とは「英語を生活の一部」にすることです。実はオンライン英会話の最大の効果とは、英語を生活の一部にできることであり、英語上達に効果が高い学習方法なのです。

スマートフォンがあれば、いつでも、どこでも英語のレッスンを受けることができますし、レッスンは早朝から深夜まで行われています。オンライン英会話は現在ある英語学習方式の中で、最も生活に合わせることが可能な英語学習方式なのです。

本日はオンラインビジネス英会話のBizmatesで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoがオンライン英会話の効果について解説いたします。

続きを読む

英語面接 : 面接の準備と8つのテクニックを解説

interview

書類選考が通過し、いよいよ次は英語の面接になった時、どんな準備をすればいいのでしょうか?

まず、面接とは、そもそも合格するかしないかではなく、自分と企業がマッチングするかどうかが重要なのです。

もし、企業と相性が合わないのに、面接で受かったとしても「面接は合格したけど、私とは合わなそうだ・・」と思い、内定を辞退したり、入社しても長続きしない結果になるでしょう。そうなると面接に受かったとしても意味がありません。

そして、英語の面接では、英語で自分のマインドやスキルを伝えることができなければ、受かること(マッチングすること)はありません。

本日は面接の準備と、その準備した内容と自分のマインドやスキルを効果的に伝える英語の面接の8つのテクニックをオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムの開発をしている日系カナダ人、Hika Itoが解説いたします。

続きを読む

なぜ企業の英語研修は失敗するのか?

training

企業が社員の英語力を伸ばすために、英語研修を行う理由は「海外展開・海外赴任」「グローバル人材の登用」「海外企業とのM&A」と企業によって理由は様々ですが、いずれの企業も英語研修の目的は社員が”英語で仕事をできるようにする”ためのものです。

しかし、英語研修が成功している企業は少ないのが実情です。なぜ、英語研修が上手くいかないのでしょうか?

それは英語をマスターするには、3000時間は英語を使う必要があると言われていますが、研修で用意された時間は10時間~50時間程度で、時間が全く足りないのです。

ですから企業の英語研修の目的は「研修後も社員が自ら英語を使うようになること」を目標設定することが、社員に英語の業務を可能にする方法としては最適なのです。

本日はオンラインビジネス英会話のビズメイツで英語教材プログラムを開発している日系カナダ人のHika Itoが、英語の研修について解説いたします。

続きを読む