英語を話せるようになるにはどうしたらいい?最短ルートを教えます!

英語を話せるようになるためには、適切なインプットと積極的なアウトプットが不可欠です。

しかし、忙しい社会人にとっては、どのようにしてそのバランスを取ればいいのか、そしてどうやって英語のコミュニケーションに対する恐れを乗り越え、実践的なスキルを身につけることができるのか、一人で考えるのは時間がかかるかもしれません。

本記事では英語が話せるようになるために伸ばすべきポイントや、忙しい社会人でもできる英語力アップの習慣を紹介します。

Bizmatesには、「ビジネスパーソンに最適なアウトプットとインプットが整った英語コーチングサービス」もご用意しています。

Bizmatesの「コーチング×毎日英会話」で最短ルートで英語を話せるようになるなりたい方は以下から内容を確認してみてください。

英語を話せるようになるにはどれくらいの期間が必要?

一般的に英語をペラペラ話せるようになるには、3,000時間が必要と言われています。

文部科学省の学習指導要領によると、中学校で約400時間、高校3年間で約600時間と、高校卒業までに約1,000時間の授業時間です。

英語を話せるまでに残り2,000時間の勉強が必要で、1日3時間毎日勉強したとして、22ヶ月、つまり約2年間かかります。

しかし、上記の数字はあくまでも目安です。外国人とカンタンなコミュニケーションだけで良いのであれば、500~1,000時間程度の英語学習でも話せるようになります。

なので、目指すレベル感によって英語を話せるようになる期間は異なるので一概には言えませんが、1,000時間を目安に英語学習を進めるとよいでしょう。

>>毎日のアウトプット×最適なインプットが英語ペラペラへの近道!詳細はこちらから

効率的に英語を上達するにはどうすればいい?

効率的に英語を上達させる方法

効率的に英語を話せるようにするためには、以下の3つのポイントを忘れないようにしましょう。

  • 完璧主義を捨て、失敗や恥を過度に恐れない
  • 英語を身につける目的意識をしっかり持つ
  • 単語や文法を楽しく覚える
  • アウトプットを大切にする

それぞれ解説します。

完璧主義を捨て、失敗や恥を過度に恐れない

日本人は「失敗=恥」と考える傾向にあります。

日本語であったとしても、複数人での会議や発表の場で話すときに、ミスしないようにひやひやしながら話した経験がある人もいるのではないでしょうか?

とくに英語になると、「完璧に話さなくては!」「間違っていたらどうしよう」と考えてしまいます。潜在的に恥を恐れてしまい、日本人は英語を話す機会を自ら作りに行かない傾向にあります。

また英語での会話を怖がるようになると、英単語や文法、フレーズを完璧に覚えようとします。完璧に覚えてから使おうとするため、英語を使った会話などアウトプットの機会を積極的に作ろうとしません。

英会話は知識のインプットだけではできるようになりません。

英語を話せるようになるには、完璧主義を捨てて失敗や恥をかくのを恐れずに英語を使っていく姿勢が必要です。

英語を身につける目的意識をしっかり持つ

英語学習を効率的に進めるために、英語を身につける目的を忘れないようにしましょう。

目的意識を持ちつづけることのメリットは以下のとおりです。

  • 学習の定着度が高まり、モチベーションを高く保てる。
  • 学習における無駄がなくなる

目的意識を持つことでもたらされるのが、日々の勉強への主体性です。

主体的に勉強に取り組むことで学習の定着度が高まり、英語学習におけるモチベーションを高く保てます。

また英語を身につける目的意識を持つと、学習の無駄をなくせます。

たとえば英語で商談をしたいという人の場合、会話を成立させるための基礎的なスピーキング力とリスニング力、そして業界ならではの専門用語や表現、こういった部分を重視して学習を進めれば、効率良く必要な英語力を高められます。

「何のために英語の勉強をしているのか?」という目的意識を見失わないようにしましょう。

単語や文法を楽しく覚える

学習を効率的に進めるために、単語や文法を楽しく覚える仕掛けを取り入れてみましょう。

とくに英語学習初期の頃は、単語や文法を覚えることがたくさんあります。単語や文法をただ暗記しようとしても、なかなか覚えられず英語の勉強が苦になるかもしれません。

そこで、単語や文法を覚える際にゲーム要素を取り入れましょう。

「単語を覚える際に語呂合わせにする」「クイズ形式でやる」、「単語を〇つ覚えたら自分へのご褒美をあげる」などのイメージです。

こうした学習方法は「ゲーミフィケーション」と呼ばれ、英語学習にゲーム的な要素を加えることで、勉強へのモチベーションも高まり学習効果が高まります。ぜひ、試してみてください。

アウトプットを大切にする

英語学習の際は、話す・書くなどのアウトプットを大切にしましょう。

英語に限らず、学習はインプットだけでは知識の定着が難しく、アウトプットすることによって効率的に知識が定着していきます。

一方、日本人はインプットを重要視する傾向にあります。

英語を話せるようになるには、アウトプットは欠かせません。最低限の英語やフレーズを覚えて会話するだけでも、少しずつ英語は話せるようになります。

アウトプットすることを前提に学習を進めて、効率的よく知識を定着させましょう。

どうアウトプットすれば良いかわからない方はBizmatesの英語コーチングがおすすめです。

Bizmatesの英語コーチングは「ビジネスパーソンに最適なアウトプットとインプット」ができる環境が整っています。

日本人コンサルタントがあなたの学習進捗を丁寧にフォローし、英語のコミュニケーションに対する不安を解消しながら自信を持って英語を話せるようになるためのサポートを行います。また、ビジネス経験豊富な外国人トレーナーとの英会話レッスンを通じて、即戦力となる英語力を習得することが目指せます。

英語を話せるようになるための「最短ルート」を探している方は、ぜひBizmatesの英語コーチングをご検討ください。

英語を話すために伸ばすべきポイント

英語を話すために伸ばすべきポイントは以下のとおりです。

  • 語彙力
  • 英語で外国人と関われるマインド
  • リスニング力

>>毎日のアウトプット×最適なインプットが英語ペラペラへの近道!詳細はこちらから

語彙力

英会話は以下の要素から成り立っています。

  1. 聞く
  2. 理解する
  3. 話す

それぞれの根幹をなすのが、ボキャブラリーの幅です。

語彙力が少なく理解できる英単語が少ないと、相手が何を話しているのか理解できず、会話が成立しません。

英語が話せるようになるのに、語彙力の強化は必須です。ただし、過剰に単語を覚えすぎる必要はありません。あくまで日常・ビジネス英会話で最小限レベルの語彙力まで伸ばすことが重要です。

一般的には、日常英会話では3,000~4,000語程度、ビジネス英語では1,500語程度を覚えればコミュニケーションを図れると言われています。

語彙力を高めるための勉強法は以下のとおりです。

  • 単語帳で勉強する
  • 自分で例文を作成して覚える
  • オンライン英会話のレッスンを通して覚える

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:日常英会話・ビジネス英語に必要な単語数とは|効率的な覚え方やおすすめ英単語帳・本も紹介

英語で外国人と関われるマインド

英語で外国人と積極的に関わろうとするマインドは、英会話の上達において大切な要素です。

単語や文法の知識があるのになかなか英語を話せるようにならない日本人は、外国人と関わっていく「積極性」が不足していることが原因にあります。

自信を持って話せるようになるには慣れが必要であり、英会話に慣れるためには英語を話せる外国人と積極的に関わるのが効率的です。

日本人は英語学習でよくあることが、以下のように考えてしまうことです。

  • 間違えたら恥ずかしい
  • 完璧な英語を話せないといけない

練習段階では、ミスなく完璧に話せることはありえません。

そのため、英語力に自信がなくても積極的に外国人と関わり会話量を増やすことが、英語を話せるようになるために大切です。

関連記事:大人のやり直し英語勉強法とは?具体的なステップを解説

リスニング力

リスニング力も、英語が話せるようになるのに必須です。

英会話が成立するためには、相手が伝えたいことを正しく理解する力が必要です。どれだけ英単語を覚えても、聞き取れなければ会話になりません。

正しく理解するために必要なのがリスニング力です。

リスニング力を伸ばすには、語彙力を身につけたうえで、できるだけ英語を英語のまま理解できるようにすることが大切です。

リスニング力は以下の方法で鍛えられます。

  • 英文の音読
  • ディクテーション
  • オーバーラッピング
  • シャドーイング
  • リピーティング

詳細を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事:英語のリスニング力が向上する6つのコツを解説!まずは聞き取れない理由を知ろう

忙しい社会人でも独学できる英語力アップの習慣

忙しい社会人でも独学できる英語力アップの習慣3つ

忙しい社会人が独学で英語力を伸ばしたいなら、以下の行動を習慣化しましょう。

  • 英語日記をつけて発信する
  • アプリを活用する
  • オンライン英会話を使う

>>毎日のアウトプット×最適なインプットが英語ペラペラへの近道!詳細はこちらから

英語日記をつけて発信する

英語を効率的に学習するには、単語や熟語、文法など、基礎知識の定着が欠かせません。

インプットした知識をアウトプットするのに有効な手法が、英語で日記をつけて発信することです。

実際にノートなどに日記を書くのでもいいですし、TwitterなどSNSに英語で投稿するのも有効です。

また、英語日記をつけることで月単位、年単位で過去の自分の英語力を振り返りやすくなり、自分の成長を実感しやすくなります。

成長を実感することで、英語学習へのモチベーションを保つことにもつながります。

アプリを活用する

英語学習のアプリは無料で使えるものが多く、ダウンロードさえしておけばいつでも気軽に学習できます。

また英語学習のアプリには、英単語暗記やリスニング練習など、さまざまな種類があります。「リスニング力を上げたい」「語彙力が少ない」など、自分の目的や課題に応じたアプリを選べば、効率的に英語学習を進められます。

英語学習におすすめのアプリは以下のとおりです。

  • YouTube
  • ポッドキャスト
  • TED
  • レシピー
  • ディクトレ
  • ざっくり英語ニュース!Study Now
  • NHK WORLD RADIO JAPAN

アプリを使った英語学習方法について詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になります。

関連記事:英会話の三日坊主を防ぐための学習法5選|習慣化に役立つ英語アプリも7個紹介

オンライン英会話を使う

英会話を上達させる最短の道は英語を話せる人と会話することです。

手軽に英語環境を手に入れるなら、オンライン英会話がおすすめ。

店舗型の英会話スクールよりも安く、自宅や職場から英会話レッスンを受けられますよ。

オンライン英会話を通して実際に英語を話すことで、これまでインプットした英単語や英語フレーズが定着しやすくなりますよ。

オンライン英会話が少しでも気になっているなら、まずはBizmatesの無料体験レッスンを受けてみませんか。

山崎様インタビュー

英語力アップのカギは効率的なインプットとアウトプット

英語を話せるようになるためには、実際に英語を使ってコミュニケーションを取ること、つまりアウトプットの機会を増やすことが非常に重要です。

しかし、ただ話す機会を増やすだけでなく、アウトプットをする中で得たフィードバックを活かして、さらにインプットを深めることも必要になります。このようなアウトプットとインプットのサイクルを作り出すことが、英語力向上のカギを握っています。

「そのサイクルを一人で作るのは難しい」「何から始めたらいいのか分からない」と感じられている方におすすめなのがBizmatesの英語コーチングです。

このプログラムでは、日本人コンサルタントがあなたの英語学習の課題や目標に合わせ、パーソナライズされた学習プランを提案し、目標達成まで伴走します。

さらに、ビジネス経験豊富な外国人講師と実践的な英語を練習することができます。このアプローチにより、「最高のアウトプットとインプット」が整った環境で英語学習を効率よく進めることができますよ。

英語を話せるようになりたいと思っている方は、ぜひBizmatesのオンライン英会話コーチングプログラムをご検討ください。

Bizmatesの英語コーチング

 

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事

Bizmates