英会話を上達させる英単語の覚え方とは?効率よく覚えるコツも解説!

「なかなか口から英語が出てこない」、「相手の言っていることが聞き取れない」という方は、語彙力が足りていないのかもしれません。

英会話をはやく上達させるには、自分に必要な英単語を優先して覚え、反復学習をすることが重要です。

この記事では、英単語を定着させるための学習方法と早く定着させるコツを解説。

効率よく単語を覚えて英語を話せている感覚をつかみたい方、必見です。

magazine_bnr_short

英会話で必要な英単語を学ぶ際のポイント

英会話講師

英会話で必要な英単語を学ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 必要な単語を優先的に覚える
  • 簡単な英単語から覚える
  • 実際の用法とセットで覚える

順番に見ていきましょう。

必要な単語を優先的に覚える

英語には約170,000語の単語がありますが、実際の会話で使われている単語というのは、それほど多くありません。

たとえば、日常会話では3,000~4,000語、ビジネス英語では1,500語程度です。

これらの単語を、英単語帳を使って片っ端から覚えるのは効率が悪いです。

自分に必要な英単語を優先的に覚えていくほうが、英会話で困ることも少なく、効率的でしょう。

自分に必要な英単語とは、英会話の中で使いたい単語や、会話の中で出てきたわからない単語のことです。

また、「この単語を実践で使ってみよう!」と、アウトプット前提でインプットしたほうが、より記憶に定着しやすいのでオススメです。

参考記事:英単語の覚え方と考え方:5つのコツと6つのステップ | 英語で暮らしと仕事が楽しくなるビズメイツブログ Bizmates Blog

簡単な英単語から覚える

日常会話は、中学レベルの簡単な英語で成り立っています。

教科書やニュースに出てくるようなアカデミックな単語は、日常会話ではほとんど出てくることはありません。

さらにビジネスにおいては、よく使う単語やフレーズは日常会話よりさらに絞られます。

ビジネス英語と聞くと、難しい印象を持ちがちですが、実は最低限覚えないといけない単語数は日常会話よりも少ないのです。

基本的な業務であれば、900単語と150フレーズを習得することで、英語で対応することができてしまうのです。

詳細はこちら:【初心者向け教材「Level0」】本当に900単語と150フレーズで仕事はできる?

仕事中によく使う単語から覚えていけるので習得しやすく、使う場面もイメージしやすい簡単な英単語と言えるでしょう。

つまり、人によって簡単と感じる単語は異なりますが、英会話では自分がよく使う単語=比較的簡単に習得できる単語というわけです。

なので、覚えるのにそれほど苦労はしないはずです。

実際の用法とセットで覚える

英会話で使う目的で英単語を覚えるのなら、文章中での使われ方をセットで覚えるのが効果的です。

1つの英単語でも、さまざまな意味を持つものがあるので、単語単位で覚えるより文章で覚えた方が用法がつかみやすいからです。

たとえば、「fire」には「火」と「クビにする」という意味があります。

「There’s a fire.」で「火事だ!」、「You’re fired.」で「お前はクビだ!」という意味になります。

文章ごと覚えることで、単語の使い方を覚えられます。

英会話における英単語学習のメリット

外国人グループ

英会話における英単語学習のメリットは以下の通りです。

  • 英語での表現の幅が広がる
  • 英会話の学習効率が上がる
  • 相手の発言の意味を推測できる

順番に見ていきましょう。

英語での表現の幅が広がる

ボキャブラリーが少ないと、会話中なかなか単語が出てこなかったり、いつも同じような単語やフレーズを使ってしまいがちです。

色々な英単語やフレーズを覚えることで、表現の幅が広がり、英語力がアップしているのを実感できるでしょう。

たとえば、「最近どう?」と相手にたずねたい場合、英語では以下のような表現ができます。

  • How are you (doing)?
  • How’s it going?
  • How’s everything (going)?
  • How have you been?

色々な表現を知っていることで、リスニングもスピーキングも向上しますね。

英会話の学習効率が上がる

ボキャブラリーが少ないと、相手の話していることがわからないので、なかなか会話が進みません。

自分が話せずにいると、相手から教えてもらうことや説明されることが多くなり、自分が話す機会が減ってしまいます。

つまり、ボキャブラリーが少なすぎると、アウトプットが停滞して学習効率が上がらないのです。

英会話レッスンを無駄にしないためにも、自分に必要な単語は、知っているだけでなく使える程度にまで身につけておく必要があります。

相手の発言の意味を推測できる

単語力があれば、文章全体を聞き取れなくても、単語から意味を推測できることもあります。

ただ、単語の意味を知っていることと、聞き取れることは別物です。

なので、英単語学習の際は必ず、音と一緒に覚えましょう。

自分が発音できる音は聞き取れるので、必ず音源を聞いて発音しながら、単語を覚えるのがオススメです。

オンライン英会話を活用して、先生に発音をなおしてもらうのも効果的ですよ。

英会話における英単語の勉強法

PC作業する女性

英会話における英単語の勉強法は以下の通りです。

  • 単語帳で勉強する
  • 自分で例文を作成して覚える
  • オンライン英会話のレッスンを通じて身につける

順番に見ていきましょう。

単語帳で勉強する

単語帳は英単語を幅広く覚えていくのに適しています。

学生時代は、何度も同じ単語を書いて覚えたという人も多いのではないでしょうか?

スペルが書けて初めてマルをもらえる学校のテストでは、書いて覚えた方が良いでしょう。

しかし、英会話においては、「聞き取れる・話せる」ことの方が重要ですから、実際に声に出しながら意味を思い浮かべて記憶していく方が効果的と言えます。

また、記憶の定着の観点から見れば、1つの単語を覚えるのに時間をかけるよりも、タイミングよく復習するほうが記憶に定着しやすいです。

1つの単語に何回も出会えるよう、単語帳は何周かするのもよいでしょう。

自分で例文を作成して覚える

単語は英語の最小単位であり、単語だけではコミュニケーションがとれません。

単語を並べただけのカタコトの英語でも、伝わることはあるでしょうが、微妙なニュアンスや深い意図までは、伝わらないでしょう。

覚えた単語を文法のルールに沿って文章にすることで、初めて英語でコミュニケーションがとれると言えるのではないでしょうか。

ぜひ、身近なことで英語の文章を作る練習をしてみてください。

さらに、作った文章を自分で使ってみる経験をすることで、さらに記憶に定着しやすくなります。

オンライン英会話のレッスンを通じて身につける

英単語を覚える一番のオススメ方法は、オンライン英会話です。

英単語は、自分が普段使うものから覚えていくのが効率的だからです。

英会話であれば、日常会話やビジネス会話など、シチュエーション別に学習ができるので、自分に必要な英単語から覚えられます。

さらに、オンラインであれば、通学型より格安で自宅にいながらレッスンが受けられますから、英語を話す機会が少ない人でも、手軽に英語環境が作れます。

また、オンライン英会話でボキャブラリーを増やすなら、オリジナルの単語帳を作るのがオススメです。

英会話の中で先生から指摘を受けた単語や、教えてもらった単語をまとめていけば、効率的にスピーキング力をつけられます。

ビズメイツでは、語彙の修正だけでなく、シチュエーションに応じた最適な単語を教えているので、より実践的な語彙力が身につきますよ。

参考記事:オンライン英会話を毎日受けた成功事例と3つのコツとは? | 英語で暮らしと仕事が楽しくなるビズメイツブログ Bizmates Blog

英会話における英単語の覚え方

メガネと本

英会話における英単語の覚え方は以下の通りです。

  • 同じ単語・例文を繰り返し勉強する
  • 一つ一つの単語に時間をかけすぎない
  • 細かい隙間時間に学習する
  • 少し簡単なレベルの英単語から学習を始める

順番に見ていきましょう。

同じ単語・例文を繰り返し勉強する

どれだけ時間をかけて単語を覚えても、使わなければ数日後には忘れてしまいますから、単語やフレーズは、適切なタイミングで繰り返し復習する必要があります。

エビングハウスの忘却曲線によれば、適切な復習のタイミングは1日以内、1週間以内、1ヶ月以内とあります。

参考記事:忘れの曲線キャンパス ウェルネス |ウォータールー大学 (uwaterloo.ca)

復習する際に役立つのがオリジナル単語帳です。

英会話で指摘された語彙や、新しく教えてもらった単語をまとめておきましょう。

英会話の中で出てきた単語は、普段から自分がよく使う単語ですから、復習することで定着し、会話の際にスムーズに口から出てきやすくなります。

一つ一つの単語に時間をかけすぎない

単語を覚えるときは、1つの単語に時間をかけるよりも、何度もその単語と出会うことのほうが重要です。

じっくり時間をかけて覚えた単語でも1ヶ月使わないと、ほぼ忘れてしまうからです。

重要なのは、適切なタイミングで復習することなので、1つの単語にかける時間は30秒ほどにし、次々単語を覚えていきましょう。

1周で完璧に覚えられる人はいませんから、記憶が定着される原理(エビングハウスの忘却曲線)を利用した学習方法を取り入れるのが効果的です。

細かい隙間時間に学習する

忙しい社会人にとって、机に座って学習する時間を確保するのは難しいでしょう。

単語の学習であれば、単語帳やアプリを使ってスキマ時間に学習ができます。

たとえば、通勤時やお昼休憩、ちょっとした待ち時間などです。

普段であれば寝ていたり、SNSをチェックしたりしているスキマ時間を、単語学習の時間に変えてみてはどうでしょう。

スキマ時間を使った学習を習慣化できれば、記憶の定着に重要な復習のタイミングを逃す心配もありません。

少し簡単なレベルの英単語から学習を始める

日常会話の8割は中学レベルの単語でまかなえます。

つまり、話し言葉は、書き言葉よりも簡単な単語が使われるといえます。

特にビジネス英語では、何よりシンプルで分かりやすい英語で話すことが重要です。

ですから、単語を覚えるときは、少し簡単なレベルから始めると会話にも活かしやすいです。

また、反復学習をする際にも、難しすぎる単語ばかり学習していると「全然覚えられていない」とモチベーションが下がる原因にもなりますから、挫折する原因になりやすいです。

最初は、英単語のレベルが高すぎない方が学習を継続させやすいでしょう。

英会話での英単語学習に関するよくある質問

4wの標識

英会話での英単語学習に関するよくある質問は以下の通りです。

  • 単語だけ勉強すれば英会話力を向上できる?
  • 英単語学習にオススメの本やアプリは?
  • 必要な単語を覚えるにはどれくらいの期間が必要?

順番に見ていきましょう。

単語だけ勉強すれば英会話が上達する?

単語は英語の基礎ですが、単語を暗記するだけでは英会話は上達しません。

会話はサッカーや水泳といったスポーツと同じようなもので、技術をいくら学んでも、練習しないとうまくなりません。

つまり、英会話を上達させるには、会話自体も練習する必要があるのです。

単語を並べるだけで意味が通じる状況もあるかもしれませんが、これは会話とは言いませんよね。

会話とは、単語を知っている上で、文法のルールに沿った文章を話してコミュニケーションをとることです。

インプットも重要ですが、アウトプットの場を積極的に作っていくことで上達していきます。

英単語学習にオススメの本やアプリは?

英単語学習で有名な本は以下のようなものがあります。

  • でる順パス単
  • ビジネスパーソンの英単語帳 エッセンシャル版
  • 「データベース」シリーズ
  • 「キクタン」シリーズ

英単語学習で有名なアプリは以下のようなものがあります。

  • 英単語アプリ mikan
  • トレーニング TOEIC ® test
  • 英検®英単語
  • 絵で見て覚える基礎英単語

大事なのは、自分の目的に合ったものを選ぶことです。

必要な単語を覚えるにはどれくらいの期間が必要?

人によって、必要な単語のジャンルや数は違うので、一概にどのくらいとは言えません。

重要なのは、自分に必要な英単語のジャンルがわかっていて、反復学習を継続できるかどうかです。

効率よく単語力をつけていきたいなら、日常英会話やビジネス英会話など自分に必要なシチュエーションで学べるオンライン英会話がオススメです。

反復学習は、通勤時間や待ち時間などのスキマ時間を有効に使っていきましょう。

自分に必要な単語から優先的に習得することが英会話上達のカギ!

英単語は、英語の基礎力です。

あまりにも少ないと会話になりませんが、実は英会話に必要な単語数は、それほど多くありません。

効率よく覚えていけば、それほど時間をかけなくても、英会話の上達が感じられるでしょう。

効率よく英単語を覚えていくには、自分に必要なジャンルの単語を見極めることと、反復学習が欠かせません。

オンライン英会話であれば、日常英会話やビジネス英会話などシチュエーションごとにコースが用意されているのでオススメです。

ビズメイツでは、1レッスン320円からの低価格で毎日ビジネス英会話が学べます。

トレーナーから指摘された単語や、聞き取れなかった単語をオリジナルの単語帳にまとめていけば、移動時間などのスキマ時間を使って、簡単に反復学習ができます。

ビズメイツのオンライン英会話で、自分に必要な英単語を効率よく学習していきましょう。

>>無料体験レッスンはこちらから

magazine_bnr_short

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事