英単語が覚えられない方必見!忘れない英単語の覚え方5選と定着のコツ

英単語は英語の基礎なので、多く知っているほど英語力が伸びやすいです。

ただ覚えたは良いけど、すぐに忘れてしまったり、実践で使いこなせなかったりと、あまり学習効果を感じられていない人も多いのではないでしょうか。

社会人の英単語学習は、学生時代の学習方法とは違って効率よく学習する必要があります。

自分に必要な英単語から優先して覚え、積極的にアウトプットすることで語彙力は伸ばせます。

本記事では、英単語の覚え方を具体的に5つ紹介。

また、覚えた単語を長く記憶に留めておく方法についても解説しています。

忙しい社会人でも真似できる方法ですのでぜひ参考にしてください。

★オンライン英会話継続のコツはこちら>>

オンライン英会話を毎日受けた成功事例と3つのコツとは? | 英語で暮らしと仕事が楽しくなるビズメイツブログ Bizmates Blog

magazine_bnr_short

英単語が覚えられず、イライラする理由

イラつく男性

英単語が覚えられず、イライラする理由は以下の通りです。

  • 英単語をどう覚えたらいいのかが分からない
  • 一度覚えても、時間が経つと忘れてしまう
  • 英単語の意味を覚えていても使い方が分からない

順番に見ていきましょう。

英単語をどう覚えたらいいのかが分からない

英単語は、アルファベットの羅列と捉えているとなかなか覚えられません。

たとえば、「orange」という単語を覚えるのに、「オランゲ」と読んでスペルをノートに書いても意味がありません。

学校の試験の場などでは点が取れても、実践では使えないからです。

単語は最小単位ではありますが、コミュニケーションのツールですから、アウトプットすること前提で、正しい音と一緒に覚えることが重要です。

ビジネスや旅行など、何のために英単語を覚えるのか目的を最初に意識すれば、おのずと優先的に覚えるべき英単語や、自分に合った学習法が見えてくるでしょう。

心構えを変えるだけも、ずいぶん効率良く覚えられるようになるはずです。

一度覚えても、時間が経つと忘れてしまう

どんなに時間をかけて覚えた英単語でも、普段使わないとどんどん忘れていってしまいます。

脳はあまり使わない知識は不必要と見なし、忘れていく仕組みですから仕方がないことです。決して記憶力が悪いわけではないので、「全然覚えられない!」と落ち込んでいる時間がもったいないです。

覚えた単語を長く記憶に定着させておくには、「定期的に思い出す、使う」ことが重要。

一人で考え事をしている時にふと英語に置き換えてフレーズを考えてみたり、オンライン英会話などでアウトプットしたりするような上手な学習ルーティンを組むことで、格段に記憶に残りやすくなります。

英単語の意味を覚えていても使い方が分からない

英単語単体で覚えても、実際にどんなときに使えば良いのか分かないという方も多いのではないでしょうか。

学校の単語テストで点を取りたいのであれば、単語1つ1つの意味だけ覚えておけば良いのですが、実践で使う場合は例文ごと覚えないとなかなか口から英語が出てきません。

語彙力はあるはずなのに、いつも同じ簡単な単語ばかり使いがちという方は、単語を覚えるときに例文ごと覚えることをオススメします。

単語帳を選ぶときは、例文がいくつか載っているものを選ぶようにしましょう。

また、実際に覚えた単語を使って自分の身近なことで例文を作ってみると、より記憶に定着し、会話でも英語が口から出てきやすくなりますよ。

アウトプットありきでインプットしていくことを心がけましょう。

忘れない英単語の勉強方法

女性と本

忘れない英単語の勉強方法は以下の通りです。

  • 発音とセットで覚える
  • 用法とセットで覚える
  • 複数の英単語を関連させて覚える
  • 何度も繰り返し暗記作業をする
  • 英語を日常的に使う環境を整える

順番に見ていきましょう。

英単語の覚え方について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

英単語の覚え方と考え方:5つのコツと6つのステップ 

発音とセットで覚える

単語をスペルだけで覚えようとするのはやめましょう。

「baseball」を「バセバ11」と覚える中学生もいるようですが、こういった覚え方をしてしまうとテストで点は取れても、実践的な英語力としては役にたちません。

正確な発音を知らないと聞き取れないし、話せないからです。

英単語は正しい発音とセットで覚えることで、実践に使えるボキャブラリーとなります。

英単語帳などを選ぶ際は、必ずCDなどの音源付きのものを選ぶようにしましょう。

用法とセットで覚える

英単語には複数の意味を持つものも多いです。

単語の意味だけを個々に覚えていても、どう使い分けるのか、文章中に出てきたときにどう解釈すれば良いのか分かりません。

実践で使いこなすためには、例文ごと覚えてしまうのが効果的です。

単語帳などを選ぶ際には、例文がいくつか載っているものを選ぶようにしましょう。

また、複数の意味があってもコアイメージは1つですから、核となる意味を覚えておくのは良い方法です。

英和辞書だと、1つの英単語に対し日本語訳が山ほどあって心が折れることも多いですよね。

そんな時は、英英辞書を使ってみてください。

分かりやすい英文でその単語の持つコアイメージを説明されているので、単語の持つイメージを掴みやすいです。

複数の英単語を関連させて覚える

何のつながりもない英単語を1つずつ覚えていては、時間も労力もかかって挫折の原因に。

短い時間で多くの英単語を暗記するなら、接頭語や接尾語などの語源も頭に入っているとインプットが早いです。

同じ語源を持つ単語を芋づる式に覚えられるので効率的なうえ、知らない単語に出会ったときに意味を予測しやすくなります。

また、名詞を覚えた時に動詞や形容詞もまとめて覚えるのもオススメです。

英語の語源学習法について詳しく知りたい方は以下ブログ記事もご確認ください。

英語の語源学習法とは?覚えれば語彙がどんどん増える語源も紹介

何度も繰り返し暗記作業をする

エビングハウスの忘却曲線によると、私たちは覚えたことの半分以上をたったの1日で忘れてしまいます。

「自分は何て記憶力がないんだ!」と思っている人もいるかもしれませんが、人間の脳の構造上、忘れるようにできているので、それが普通です。

ですが、せっかく記憶した単語は長く記憶に留めておきたいですよね。

そこで重要なのが復習するタイミングです。

エビングハウスの忘却曲線によれば、適切な復習のタイミングは1日以内、1週間以内、1ヶ月以内とあります。

長期記憶に残すためには、反復して復習することが重要です。

1つの単語にかける時間は30秒ほどにし、次々単語を覚えていきましょう。

定期的に復習することで忘却のスピードが緩やかになり、短期記憶から長期記憶に移行しやすくもなります。

参考:忘却曲線 – Wikipedia

英語を日常的に使う環境を整える 

社会人であれば、仕事で使う単語やフレーズなど自分に必要な英単語を優先して覚え、アウトプットしていくのが単語を覚える近道です。

英単語帳を使うよりも、英語を日常的に使う環境の中に身を置き、自然に語彙を増やすのがベストです。

周りに英語環境がないという人は、低価格で始められるオンライン英会話がオススメ。

覚えたての単語をアウトプットする機会を日常に組み込めるので、忘れる前に単語を記憶から引き出せます。

毎日のように使うことで単語が長期記憶に残りやすくなるので、自然に語彙を増やしていけますよ。

ビズメイツでは、1レッスン320円からの低価格で毎日レッスンが受けられますから、覚えた単語を積極的にアウトプットしていきましょう。

ビジネス英語に特化した教材やコースを幅広く取り揃えていますので、プレゼンや面接などビジネスシーンに必要な単語やフレーズを効率よく覚えたい人にはピッタリです。

単語を頻繁に使うことで単語にまつわる思い出が増え、長期記憶に移行できます。

せっかく覚えた英単語も頻繁に使う機会がなければ次第に忘れていってしまうので、毎日使う機会を設けることが重要です。

英単語を定着させるためのコツ

英語学習中の人

英単語を定着させるためのコツは以下の通りです。

  • 頻出の英単語から覚える
  • 覚えた英単語をライティングで使う
  • 覚えた英単語をオンライン英会話で使う

順番に見ていきましょう。

英単語を効率よく覚えたい方は以下の記事も参考にしてください。

英会話を上達させる英単語の覚え方とは?効率よく覚えるコツも解説!

頻出の英単語から覚える

自分が必要な単語を優先して覚えていくことが重要です。

ビジネスで英語を使う方はビジネス英語で使う英単語を、日常会話を学びたい人は日常英会話で使う英単語を覚えましょう。

よく使う単語であれば、毎日でもアウトプットするので記憶に定着するのも早いです。

アウトプットの機会は、オンライン英会話がオススメです。

好きな時間に好きな場所から気楽にアウトプットができますから活用してみてください。

覚えた英単語をライティングで使う

記憶に定着させるにはアウトプットが重要です。

アウトプットにはスピーキング以外にもライティングがあります。

例えば、覚えた単語を使って身近なことで例文を作ってみたり、英語日記を書いてみたりするのも良いでしょう。

ビジネスでメールで英語を使用する人は、覚えた単語をメールで使ってみてください。

文章は読み上げればスピーキングの練習にもなりますから、実践でも英語が出てきやすくなります。

話すことに苦手意識のある人でも、書くことは一人で落ち着いてできるアウトプット法なのでオススメです。

覚えた英単語をオンライン英会話で使う

英語の語彙力は、「input(知らない単語に出会う)→learn(単語の意味や使い方を知る)→use(実際に使ってみる)」の「learn→use」を繰り返すことで定着していきます。

「input」した後に、「learn→use」を繰り返し行うような学びの習慣をつけることが大切です。

覚えた単語を使ってみることがとにかく大事で、実際に使った際に誰かに修正されるとさらに記憶に残りやすくなります。

独学では気が付かないことを知れたり、プロから指摘してもらえたりするのがオンライン英会話です。

ビズメイツのトレーナーは全員が海外でのビジネス経験者。そのため、受講生の発音や文法の間違いの指摘だけでなく、よりベターな表現なども併せて教えてくれるので効率よく英語力を伸ばしていけますよ。

どんなトレーナーがいるか気になる人は、以下から確認してみてください。

一流のトレーナー陣の検索・一覧|ビズメイツ

英単語学習の時間を確保するための考え方

腕時計

英単語学習の時間を確保するための考え方は以下の通りです。

  • 学習スケジュールをあらかじめ決めておく
  • 隙間時間を活用して反復練習する
  • 英単語アプリを活用する

順番に見ていきましょう。

学習スケジュールをあらかじめ決めておく

学習するときに意思の力に頼ってはいけません。

三日坊主にならずに継続するためのコツは、学習を習慣化してしまうことです。

子供のころの習い事のように、何曜日の何時から英語学習といったように決めてしまうのが良いです。

オンライン英会話であれば、予約を入れてしまうことでやるしかない状況に自分を追い込めるのでオススメです。

特に忙しい社会人であれば、比較的用事の入りにくい早朝に予約を入れるのも良いかもしれません。

ビズメイツは朝の5時から夜の1時までオンラインで英会話レッスンを受けることができるので、仕事で忙しい人でも利用しやすいですよ。

★オンライン英会話継続のコツはこちら>>

オンライン英会話を毎日受けた成功事例と3つのコツとは? | 英語で暮らしと仕事が楽しくなるビズメイツブログ Bizmates Blog

隙間時間を活用して反復練習する

忙しい社会人は、なかなかまとまった学習時間をとるのは難しいですよね。

オンライン英会話を使うにしても、インプットがなければ効果も半減してしまいます。

インプットの時間としてオススメしているのが隙間時間の活用です。

例えば通勤中や、ちょっとした待ち時間、お昼休憩などです。

また、覚えた単語を隙間時間に反復しておくのもオススメ。

定期的な復習は、単語を長期記憶に移行しやすくなるので上手に隙間時間を活用してみてください。

英単語アプリを活用する

英単語アプリを利用すれば、場所や時間に縛られずに学習を進められます。

自分の覚えたい単語を登録すれば自分だけの単語帳を作れたり、忘れる前のタイミングで単語を出してくれたりするアプリもあるので上手に活用しましょう。

英単語を勉強する際によくある質問

英語の疑問

英単語を勉強する際によくある質問は以下の通りです。

  • 大人が英単語学習しても覚えられる?
  • 英単語学習におすすめのアプリや単語帳は?
  • どれくらいの学習期間が必要?

順番に見ていきましょう。

大人が英単語学習しても覚えられる? 

正しい学習方法で行えば問題ありません。

中学生や高校生のように、テストのためだけにスペルと意味を暗記する方法は社会人には向きません。

ビジネスや旅行など、何のために英単語を覚えたいのか目的がハッキリすれば、優先して覚えるべき単語も分かってくるので、まずは目的を明確にすることをおすすめします。

そのうえで、定期的な復習とアウトプットを積極的に行えば、短期間で効率よく多くの英単語を覚えられます。

英単語学習におすすめのアプリや単語帳は? 

英単語のアプリや単語帳は色々なものがありますが、資格などの学習目的や学習スタイルによってどれを選ぶべきかは異なります。

英単語学習で有名なアプリは以下のようなものがあります。

・英単語アプリ mikan
・トレーニング TOEIC ® test
・英検®英単語
・絵で見て覚える基礎英単語

重要なのは、目的をハッキリさせることです。

どんな目標であれ、自分に必要な単語を優先して覚えていくこと、音声とともに覚えることは共通して大事です。

どれくらいの学習期間が必要? 

単語帳1冊(1,000語)であれば、3ヶ月くらいを目安に学習しましょう。

色々な単語帳に手を出すのではなく1冊を3周、4周と反復して学習することで記憶に定着しやすくなります。

なお、長い期間勉強するのが苦手という場合には、プロによるコーチングサービスもオススメです。

Bizmatesには、オンライン英会話と合わせて英語コーチングも受けられます。詳細は以下からご確認ください。

Bizmates coaching(ビズメイツ コーチング)

英単語アウトプットを意識したは効率の良いインプットで記憶に定着させよう

社会人が英単語を覚えていくなら、ビジネスや旅行など自分に必要なものを優先させましょう。

また、単語単体で覚えるよりも例文ごと覚えたり、実際に文章を作ってみたりすることで実践でも口から出てきやすくなります。

また、覚えた英単語を長く記憶にとどめておくには、定期的な復習が重要。

実際に単語をアウトプットできるオンライン英会話は、単語を長期記憶に移行するのに役立ちます。

ビズメイツでは、1レッスン320円からの低価格で毎日レッスンが受けられます。

特にビジネス英会話に特化しているので、プレゼンや面接などビジネスシーンで英語を使う方にとってはピッタリの英会話スクールです。

トレーナー全員がビジネス経験者なので、ただ間違っている単語や発音の修正だけではなく、ビジネスの場で使う際によりベターな単語やフレーズをアドバイスしています。

初回無料で体験レッスンもできるので、ぜひお試しください。

無料体験レッスンはこちらから

magazine_bnr_short

  • 英語学習法

Share

オススメの英語学習法の記事